<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


【 おやじバンドフェスティバル 2009 関東大会参加ドキュメント Part1 】


2009年 5月 17日(日)

主催:日刊スポーツ新聞社、おやじバンドフェスティバル実行委員会
特別協賛:GMA
特別協力:ウイダーinゼリー
後援:TOKYOFM、株式会社山野楽器
制作:エス・オー・プロモーション、ブライト、ユーケイブレーン

によります。
「おやじバンドフェスティバル 2009 関東大会」

が、渋谷の duo MusicExchangeにて開催されました。
ありがたい事に、このイベントに参加させてもらえましたので、
その「参加ドキュメント」を何回かに分けて書いてみたいと思います。


まずは、いきなり当日の様子から行きましょうね。

説明の開始が10:30と言う事で、それに合わせて現地着。
えっと、到着俺が一番最後だったかも…すんません…

ステージ前には、各バンド毎にテーブルが用意されてまして、
その後方&サイドがお客さん用の席になってました。

テーブルには、バンド名のプレートが…
ようやく「aChar」と書かれたプレートのある
テーブルを見つけますと、すでに、ドラムの山さんと、
今回お手伝いいただいたベースのジュテーム氏が…

当日の進行、注意事項等の説明等のあと、すぐにリハーサル開始…
持ち時間は各バンド15分… それが10バンド
約2時間半の予定となっております。

で、言い忘れましたが(^^;
テーブルにあった資料により、この時初めて出演順が明らかになりまして…

「aChar」はですねぇ… 10番目…
第一回の「おやじバンドフェスティバル 東日本大会」に続きまして
最後の出順でした。

なので、じっくり、ゆっくり、たっぷりと
リハーサルを堪能させていただきましたので、
もう、一気に、リハ、本番含めて各バンドを見た感想&ご紹介を…

------------------------
No1:『Zoo-LA-Zoo』
前回も書きましたが、「動物園の様な賑やかさ」をイメージしたバンド名かと
思いきや、これ「ズラーズ」と読むんですね。
そのパフォーマンスは、バンドのWebサイトで確認できますので、
ぜひ、ご覧ください…
http://zoo-la-zoo.com/

総勢11名(あれ12名だったかな?)による、
超豪華エンタテイメントショー!!

もう、普通に「ショー」を見に来てる感じだもの…
リハの時からそんな感じだったのですが、
「ずらーず」ってだけあって、フルコスチューム(ズラ)&メイクの
加わった本番は、まさに圧巻!!
誰が見ても、単純に楽しめるパフォーマンスでしたた。

中でも、チョッパーベースのうなりに卒倒…(苦笑)
しかも、見たことないベース…
「きっと、めちゃめちゃ高いのかもよ?」
なんて、メンバーと話していたんですが、
山さんが直接聞いてきてくれました。(苦笑)
Jiraud(http://www.jiraud.com/index2.html)という工房の
ベースだそうです。


------------------------
No2:『Jobijo Band』
第二回、第三回の連続出場は「深川ロッカールーム」だけかと
思っていたのですが、MCにて、実はバンド名は変わっているが、
第二回、第三回の連続出場バンドである事が判明!

第二回大会の資料を、丹念に調べた結果(笑)
どうやら、「ブルークローバー賞」を受賞した「I AM」という
バンドの様ですねぇ~

今回は、アコースティックギター*5 パーカッション*2 ベース
という編成で、ラテンミュージックにてチャレンジしてきました。

これがまた、いい!
俺は、リハの時からノックアウトされました。

ラテン系とかスパニッシュ系の音楽って、
個人的に凄く好きなんですよね。

一発目!
GIPSY KINGS/「VOLARE」
(ジプシー・キングス/ボラーレ)

そう!
お馴染みの、キリン淡麗のTVCMでおなじみのあの曲です!
演奏最高、ノリもいい、そして耳慣れた曲でしょ?

複数アコースティックギターの迫力ある、
弦の響きがまぁ、心地よい事…

「うわ、ライブ見にいきてぇ~~!!」

と、思ったんですが、栃木からの参加なんですよねぇ
都内でライブやってくれたら、絶対に見に行くのに…

って事で、このバンド…
3位入賞… すげぇ~~!

って事で、 なんと、2年連続の入賞って事になるんですね。
更に、すげぇ~~!!


------------------------
No3:『 R134 』
ちょっと、ルビーモレノさんに似た感じの女性ボーカルのバンド…
「そのまま、高級クラブのシンガーさんになれるんじゃねぇの?」
って位に、雰囲気のあるボーカルさんでした。
なんか例えはイマイチ良くないかもしれないけど、
雰囲気わかってぇ(苦笑)

当然、バックを支える演奏あってこそ、
そのボーカルが生きるわけでして、
だからこそ、そのボーカルを安心して聞けるわけでして…

なんだけど、なんだけど…
やっぱり、ボーカルだけ聞いちゃうって感じになっちゃうんですよね。
でも、決してそれは悪い事って事じゃなく、
それを楽しみながら演奏してるってのがわかる様な気がしますからね。

とても、仲がよさそうなバンドに見えました。


------------------------
No4:『 龍ちゃんズ 』

今回出演バンドの最少編成のバンドです。
キーボード、メインボーカル&ギター、コーラス
という、二人の編成…

「Zoo-La-Zoo」に比べたら1/6ですからね。
そういう意味でのプレッシャーはあったかもしれません。

が!
まぁ、それを感じさせない、
(最初から、そんなプレッシャーはなかったのかも?)
自分たちの世界を披露してくれてました。

「いかにもオヤジ」って感じの内容の歌詞を
ブルースに乗せて演奏します。

第一回出演の、
「クッキーサトナカ&ヘンデルとグレーテル」
を、ちょっと彷彿とさせる感じがしたものの…

『 龍ちゃんズ 』の方が、ずっと枯れた感じ…
いかにも、「おやじのブルース」って雰囲気がありました。



------------------------
No5:『 The Fighting Cocks 』

事前の調べでは(笑)、
男女ツインボーカルのバンドかと思っていたのですが…

「そういう時もある」という感じなんでしょうかね。
女性ボーカルの方は、キーボード&コーラスに徹していました。

このバンドですが、リハが始まった時から、
俺は、ベースのTetsuya さんに釘付け…

ま、個人的な好みもあるかもしれませんが、
とにかく、カッチョイイんだ、ベースが…
割と細かいフレーズ部分もなんだか唸るような、
うねる様な感じのベースなんだよね。

メッチャ好みの感じ…

「やっべ! ちょっと惚れそうかも!」
って位でして… (苦笑)

そして、もう一点クリビツ(夙川アトム風(笑))なのが、
女性ドラマーのeme さん…

始まった瞬間は、ん?大丈夫かな?と、思わせておいて…
凄いドラムをたたくんですわ!

で、そのドラムがまるで、ベースのTetsuyaさんの
うねりと勝負してるような感じ…
ドラムvsベースでなんとも言えないグルーヴがっっっ!

「すげぇなすげぇな…」と思っていましたら、
それもそのはず、このバンド…

準優勝でした。

Webサイトも充実しております。
http://www.thefightingcocks.jp/index.html
次のライブも決まっているようですので、
ぜひ準優勝の実力を体験してみてください。





------------------------
No6:『 1960(イチキュウロクマル) 』

これ…前回の「直前情報」を書いた時には、
あえて言わなかったんですが…(笑)

関東大会の出場バンドが発表になった時、
気になって気になって、仕方がない事がありました。
それは、この写真 ↓

c0032353_11581138.jpg


一番手前に写ってる方…

もうねぇ、「絶対なんかやらかしそうな感じプンプン」でしてね。
一番気なるバンド、引っかかるバンド、不気味なバンド…
だったんです。(笑)

しかも、「1960」なんてバンド名じゃ、
いっくら検索したって、それらしい情報は
見つけられるわけないんですよ(苦笑)

で、昨日になって「イチキュウロクマル」って読むって事が
わかったので、再度検索したのです
まったく情報はひっかからず…

そんな、ある意味謎なバンドのリハ…

俺って、やっぱり結構見る目あるのかな?とか思っちゃたよ!(爆笑)

案の定、やっぱり、やらかしてくれました。

コーラスの「Hey Hey Hey」って部分が、
いつのまにか
「ヘイ、ヘイ、ホ~」
に…

だって、ほんとに口に出して言っちゃったもの
「やっぱり、やらかしたよ!」って…(笑)

とまぁ、そんなネタも仕込むバンドだったわけですが、
そのネタがなかったとしても、
このバンドのリハが終わった時点で、
もう俺の中では、優勝バンドはわかってました。

「おやじバンドフェスティバル」という、
趣旨やら、イベントが求めているモノ、
そういう事を総合的に考えれば、
ほぼ間違いないだろうってね。


で、その通りになりました。
「1960 イチキュウロクマル」が
「第三回 おやじバンドフェスティバル 2009 関東大会」優勝バンドです。

今朝の、日刊スポーツにも掲載されてますので、
ご覧くださいね。

審査員からの批評も、口をそろえたように、
「アマチュアの域を超えている」と…

バンドって、ほんと不思議よね。
同じ構成、同じような楽器編成なのに、
「一体感」ってものの、違いの顕著な事…

とにかく、このバンドの一体感はすごいです。
個々が別々の楽器を演奏してるんですが、
完全にひとつに聞こえますね。

だれもが納得の、優勝バンドだったんじゃないでしょうかねぇ~



------------------------
No7:『 The e-ROX 』

山梨から参加のバンドです。
朝早く、山梨から来たんだそうな…

えっと、俺も山梨出身なんです。(笑)
なので、妙に親近感を感じていたのですが、
まさかの、サイドギター欠席…

本来のパフォーマンスを発揮できなくて、
さぞや残念だったことでしょう…

そのせいか、やはりちょっと精彩を欠いていたような気も…

公式Webサイトはこちら。
http://sound.jp/erox/pc/index.html

完全なストーンズのカヴァーバンドなのかな?
そのあたりは、ちょっと不明なのですが、
ミックとしての、ヴォーカルは審査員の方々からも絶賛されていました。



------------------------
No8:『 深川ロッカー・ルーム 』

「1960」は、「なんかやらかすかも?」って感じだったのですが、
この「深川ロッカー・ルーム」は「やらかすこと確定」のバンド…(笑)

しかも、今回は、寸劇と言いますか、
大衆演芸風といいますか…
ナレーション入りのSEまで用意しての、
音楽演芸ライブ!!


こういうのやられて、「うわ! やられちゃったよ!」って
ついつい思ってしまう、俺もどうかと思うのですが…(笑)

審査員の、どなただったかなぁ~ うまいこと言ってました。
「[男はつらいよ]の冒頭の夢の部分みたいだ」って…

後方の席にて、どのバンドの応援の方なのかわかりませんが、
女性の方おひとり… 完全につぼにはまってしまったみたいで…
もう、ひっくりかえるほど爆笑していました。(笑)

下手したら、「おやじバンドフェスティバル 関東大会」の
名物バンドになるのかもしれませんね。

そんな「深川ロッカー・ルーム」のパフォーマンスの一部は
Youtubeにて、見る事が出来ますのでどうぞ
http://www.youtube.com/watch?v=ZnKYaZZGPwo


------------------------
No9:『 Punky Junky 』

通常のライブの時も、タイバンさんのメンバーの第一印象と、
その人がステージに上がった時の印象との違いに
驚く事は多々あるわけですが…

このバンドもそんな感じの筆頭…

やはり、事前にYoutubeにて、動画を発見…
鑑賞していたわけです。
そして、「ワイルドな骨太ロック」というイメージを持っていたのですが…

当日見たメンバーは、まったくもって普通の感じ…
どう見ても、あのYoutubeの映像を想像できるものはなし…

う~~ん… みんな楽器持って、ステージに上がると変わるんだね。

って事で、ほんとうに変わるんだよ!

ステージでは、まさに最初に感じた、「ワイルドな骨太ロック」を
披露してくれました。




------------------------
No10:『 aChar(アチャー) 』

また後日詳しく、報告します(笑)
今回は、セットリストのみ…

・闘牛士
・渋谷の夜( [Tokyo Night] 日本語渋谷バージョン)



と言うことで、出演バンドの皆さんお疲れ様でした。
審査員の皆様、ありがとうございました。
進行等にかかわって頂いた、スタッフ関係者の方々
お世話になりました&ありがとうございました。
aChar応援団として、参加された方には、
言葉もないほどの感謝です。

楽しませて頂きました!
あぁ~~~~~~~~~、もう、ほんとラッキーでした。

渋谷のDuoで演奏できるなんて…
だって、前回渋谷のDuoに行ったのは、Charを見に行ったんだよ?

ありがたい事です。


さて、出演バンドの皆さん!
HPや、Blog、日記、さらにイベント告知等ありましたら、
ジャンジャン、このBlogのコメントや、メールにてお知らせください。

全くと言っていいほど、力にはなれないと思いますが(苦笑)
随時、このBlogでご紹介させて頂きたいと思いますので…

よろしくおねがいします。


そして、最後になりましたが、
ドラムの山さん、ベースの大野君、ほんとうにありがとう…
リハから、ほんとに楽しかった!


って事で、Part2へ続く…
[PR]
by smoky_achar | 2009-05-18 11:59 | LIVE レビュー
<< 【 おやじバンドフェスティバル... 【 おやじバンドフェスティバル... >>