<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


【 G コードの苦悩 】
ギターを始めた、ほんとに最初の頃…

「コード」と言うのはギター特有の概念だと思っていました(笑)

ギターで、歌の演奏をする時などに使うものだと…

だって、あの頃「明星」とかに付いていた歌本だって、

「コードはギター弾く為のモノ」って扱いだったじゃないですか?
ギターの押さえ方しか載ってませんでしたよねえ?

だから、リフをメインで弾くギタリストのいるバンドなんて、
同じギターでも、「Am」とか言う「コード」そのものを使っているとは
思わなかったんですね(苦笑)

リフというのは、どちらかと言うと「メロディ」に近いものだと
思ってました。(汗)

だって、「かぐや姫」と「ディープパープル」がまさか
同じ「Am」とか使ってるとは思えなかったんだもの…


さて、ここに「G」と言うコードネームをもったひとつのコードがあります。

ギターでの押さえる場所はこうです↓

|--|--|●|--|--|
|--|--|--|--|--|
|--|--|--|--|--|
|--|--|--|--|--|
|--|●|--|--|--|
|--|--|●|--|--|
|1 |2 |3|4 |5|


最初に教わった人がそうだったのか?
テレビとかで見るギタリストがそうだったのか?

一番最初の決定理由は忘れたのですが、
使う指は、こうでした。

「パターン1」
|--|--|小|--|--|
|--|--|--|--|--|
|--|--|--|--|--|
|--|--|--|--|--|
|--|中|--|--|--|
|--|--|薬|--|--|
|1 |2 |3|4 |5|


我らがCharも、この押さえ方なんですね。

だから…

と言うわけでもないんですが、最初からそうだったので
そういう風に押さえていたわけです。


所がある時期になりますと、
別のミュージシャンのコピーをやる事になりまして…

このミュージシャン… まあギタリストなわけですが
↓この様に押さえるわけです。

「パターン2」
|--|--|薬|--|--|
|--|--|--|--|--|
|--|--|--|--|--|
|--|--|--|--|--|
|--|人|--|--|--|
|--|--|中|--|--|
|1 |2 |3|4 |5|

割とそう言う事にこだわりたいタイプですからね。
無理やり、押さえ方を変えました。


「言うが易し」でして… (苦笑)


こんなもの、ある種の「癖」になってますからね。

すばやいコードチェンジの中で培われた「癖」なんて
そうそう簡単に治るものではないんですが…

無理やり変えました。(笑)

しかも、小指を使うほうが「なんとなくカッコいい」と言うような
意識もあって、「パターン1」の押さえ方をしていた節もあるので、
ちょっと抵抗あったんですがね。

それでも、「ある種のこだわり」の為に変えました。

ギターのポジション、押さえ方、指使い…
見た目も大事じゃないですか?(笑)


何度も話題にしてますが、一時Charから離れていた時も
あったので、特にこれで不都合な事は起きなかったわけなんですね。


「Smoky」と言うバンドを始めるに当たって、
Charの曲のコピーをしていても、
そんなに、頻繁に「Gコード」ばかりが出て来るわけではないので、
目をつぶっていました。

しかし! ここに来てちょっと困ったことになりました。

ご存知の様に、Charの場合、「ベース音指定コード」と言うのが
割と頻繁に出てきます。

例えばこんな感じ…

C =>G/B=> Am7 => Am7/G=> F=> D/F# =>F=>G
(おっといけない… これは企業秘密だったな…(苦笑))

この最後のF=>Gが曲者なんですね。

映像を見ながらコピーしてますと、
この最後の「G」での「パターン2」の使用による、手の形、指の造形が
なんか Charっぽいというか、カッコいいというか…(笑)

っていうか、「パターン1」だと、ちょとやりにくい

普通に単に「G」が出て来るところならそんなに気にならないのですが、
このベース音指定のコードチェンジの一連の流れ…
結構指をグチャグチャと動かさないとならないこの流れの
中ではなんか気になっちゃうんですよ。

映像見ながら、一緒に弾いていて指が違う型になるのが、
気持ち悪いんですっ!

という事で、取り合えずこの曲では、「パターン2」に変更する事にしました。

でもですねぇ、
「パターン2」=>「パターン1」と言う変更より
「パターン1」=>「パターン2」の変更の方が若干手間取るかな?
という感じ…

更に… これをやってしまうと、「他の曲はどうするんだ?」って
問題が出て来るんですよね。

「So Much In Love」なんかは結構「G」のオープンコード使います。
今から下手に変えて、出来てる物が出来なくなるのも考え物…

曲や、アーティストによって押さえ方変えるって事?

できるのかな?(笑)


まあ、ギター弾いてる8割以上の人が
「そんなもん、どっちでもいいじゃん!」
って思うでしょうね。

でも、こだわりたいんです! (爆)
[PR]
by smoky_achar | 2006-05-24 11:29 | Charな話題♪
<< 【 ライブレポ Vodafon... 【Char 20周年記念コンサ... >>