<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


カテゴリ:LIVE レビュー( 77 )
【 CTB[Smoky] ライブレポ 2011/02/01 @吉祥寺 Black&Blue 】


昨日、吉祥寺に来られなかったみなさん…

ほんとうにごめんなさい 。
もっともっと、しつこく強烈にお誘いすればよかったと、
後悔の念に堪えません。。。。



昨日、吉祥寺に来たみなさん…

いやぁ~~~、楽しかったですね。

マジで楽しかったですよね? (笑)


昨日のBlogのタイトル…

【 『ほんとお得なんで、ぜひ誘ってあげてください…』 】

と、記事の内容…

嘘偽りなかったでしょ?


本当の事言いますね。

ほんとうは…

「あんなに盛大に書いちゃったけど、実際だいじょうぶなのかなぁ?」
「別に、出される料理の内容聞いたわけじゃないし…」
「もし、このBlogを読んで来てくれたお客さんが、
  がっかりするような事があったらどうしよう??」

と、内心ひやひやだった事は、
包み隠さず申し上げた方がよろしゅうございましょうの巻!!

ですよ! まじで! (笑)


それがまぁ、

・ドリンク
・料理
・演奏

と、どれも大満足でした。
  (^^) <= めずらしく顔文字なんぞ使ったりして…

しかも、演奏は自分達がやっているにもかかわらず、
「満足」と言いきってしまうという、このずうずうしさもいいでしょ? (笑)


ちょっと料理を思いつくままに書いてみましょうか?

・ツナテンコ盛りバケット
・マカロニサラダ
・B&B名物 チャーシュー塊がごろごろ入った 「キャベチャー」
・牛のたたきマリネ
・揚げたて、熱々 「トリカラ&ポテト」
・ブラックペッパー効いてます 特製スパゲティカルボナーラ
・フルーツ盛り合わせ

普通、こういうお店で「宴会」とか言うと、
お定まりの「ケータリング料理」が並ぶ所ですが、
Black&Blueのすげぇのは、すべてお手製…

後半の料理は、頃合いを見て調理されるので、
出来立て熱々が食べられるんですね。

これにさらに、

「モエ・エ・シャンドン(Moët & Chandon)」
「バースデーケーキ」

『普通、「モエ・エ・シャンドン」出すか? 』

ってな感じじゃね? (笑)


でもって、まあ、笑った笑った!

あぁ~~~~~、楽しかったねぇ > ALL

「CTB Smoky」をご指名いただい、Wine’sさん
お世話になっております Black&Blueのスタッフのみなさん
そして、なにより参加下さったみなさん

ほんとうにありがとうございました。
またお会いできるのを楽しみにしております。


ってこれの、どこが「ライブレポ」じゃ! (苦笑)
[PR]
by smoky_achar | 2011-02-02 09:38 | LIVE レビュー
【 CTB[Smoky] ライブレポ 2011/01/23 @吉祥寺 】



寒い中、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。(多謝)


では、恒例セットリストから


---------------
Why aren't you ready
Wasted

Navy Blue
闘牛士

All Around Me
Head Song

からまわり

Smoky
---------------



今回、

「緊急追加公演」

という事で、
それっぽく、オープニングだけ変えると言う、
いかにも「ライブツアーです」みたいな感じを出してみました(嘘)&(笑)

とは言うものの、今回の案は俺ではなく、
ベースの 「新大久保 プレゼンツ」なセットリストです。


今回、久々に「ムスタング2号機」を使用しました。

ほんとぉ~に久々に、ケースから出したのですが、
道具って、ほんと使わないとだめだってのを、痛感しました。

近々、リペアに出す事になるでしょう

それと、でかい忘れ物一点(苦笑)


今回で、3回位忘れてるんだよなぁ~
今回も、「持ち物チェック表」作らないとだめかなぁ~
と、思っている矢先のこの失態… 「チェック表」作ろうっと…


しかし、演奏的には最初のライブよりは、
本人結構満足してますですよ♪

やっぱり、前回のライブは「ファーストライブ」って事でしたからね。
そりゃ、余計な力も入ります。(笑)


さて、あまりに続けざまではありますが、
来週、2/1(火)には、「緊急追加公演 Part2」があります。

場所は同じく、吉祥寺の Black&Blue です。
次回は、通常のライブとはちょっと違う趣向ですので、
また改めて詳細はお知らせさせていただきますね。
[PR]
by smoky_achar | 2011-01-24 09:37 | LIVE レビュー
【 CTB[Smoky] ライブレポ 2010/12/10 @吉祥寺 Black&Blue 】

CTB Smoky、2年ぶりのライブ、無事終了しました。
にぎにぎしくご来場いただきましたみなさま、
重ねて御礼申し上げます。 ありがとうございました。


では、セットリストから…



-------------------
Wasted
Finger

Navy Blue
闘牛士

All Around Me
Head Song
からまわり

Smoky

unc.)気絶するほど悩ましい
-------------------

しばらく、同じセットリストで
ツアーやってもいい位のセットリストじゃない?(笑)


しかしまぁ、今回は楽しんじゃいました。

お客さんに楽しんでいただくのが第一ではありますが、
久々のライブってだけではない、新しいメンバーでの
第一歩のライブでとても楽しく演奏する事が出来ました。

更に!
2年ぶりにも関わらず、アンコールの声まで頂戴いたしまして、
幸せ至極に存じます。

あぁ~ 楽しかった(笑)


この出会いに感謝…
そして、来てくれたお客さんに改めて感謝…


俺は、幸せ者だねぇ~~♪


また皆さんに楽しんでいただけるよう、
更に頑張っていかないとね。

では、また次回のライブでお会いできるのを
楽しみにしております。
[PR]
by smoky_achar | 2010-12-13 11:57 | LIVE レビュー
【 アチャー単独ライブ @真聖飢10周年記念ライブ 】 報告


あぁ、もう!
一週間近く経つのね。(遠目)


なんだか、最近忙しくてさ…
Blogもゆっくり書いてられんのよ。

って事で、

2010年 11月 27日は

聖飢魔IIトリビュートバンド 「真聖飢」の

「10周年記念ライブ」

に参加させていただきました。

いやぁ~ いいイベントでした。
お客さんもたくさん、とても盛り上がりました。

なんと言っても、主役である「 真聖飢 」のステージは素晴らしかったです。

数年前に見たときと比べて、格段にスケールアップ!
普通に「聖飢魔II」のミサに参加してる感じよ。

特に、サーモン杉山さんのMCがよかったね。
気がつくと、デーモンがしゃべってるのを聞いている自分がいるって感じ…

90分という長丁場にもかかわらず、
まったく飽きさせない構成、演出に感服いたしました。

そして、その主役のサーモンさんを引き立てる演奏もよかったわ!

また、「新宿ルイードK4」…
かなり音いいね。
結構な音量にもかかわらず、すごくボーカルが抜けてくるんだよね。

単なる、オーディエンスとしてめっちゃ楽しませてもらいました。



そして、もうひとつの収穫…
それは、「プリンセス・プリンセス」のトリビュートバンド

「Style-A」

この日は、普段とは違うアコースティックバージョンと言う事でしたが、
わかりやすく言うと、普通に「プリンセス・プリンセス」のライブでした。(笑)

俺なんかのレベルだと、本物が歌ってるとしか思えん。

「びっくらこいた!」(笑)


ってことで、大収穫のライブ参加でした。


では、最後にaCharのセットリストを「一応」載せておきます。

-------------------

・カランコロンの歌(ゲゲゲの鬼太郎 1期 2期 エンディングテーマ)

・今日もどこかでデビルマン(デビルマン エンディングテーマ)

・真っ赤なスカーフ (宇宙戦艦ヤマト エンディングテーマ)

・気絶するほど悩ましい (この日のaCharライブ エンディングテーマ)

-------------------


ちなみに…
12月10日のライブでは、アニメの曲はやりませんのであしからず(笑)
[PR]
by smoky_achar | 2010-12-02 09:19 | LIVE レビュー
【 おやじバンドフェスティバル 2009 関東大会参加ドキュメント 最終回 】

日刊スポーツ主催 おやじバンドフェスティバルですが、
第一回、第二回と、全国決勝大会は、
8月に行われる、神宮外苑花火大会でのイベントのひとつとして
行われていたんですね。

それがねぇ、不思議な事に、今年の全国決勝大会は、

8月5日、「 赤坂BLITZ」にて行われるって言うんですね。

「 おかしいなぁ~ 」って思ったんですよ。
いや、そりゃ、「赤坂BLITZ」で
演奏できるって事だけでも凄い事ですよ。

でも、「神宮外苑花火大会」自体が、
日刊スポーツの主催なんですよ!

「何か不都合が顕在化したのか?」

「二つのイベントは、シンクロせずに完全に別路線になったのか?」

いろいろ考えてしまいます。

しかし!

この疑問は、「関東大会」での事前説明にて明らかになりました。

今回、「全国大会 優勝バンド」は、
「神宮外苑花火大会」にて、「Class」と同じステージに立てる
って事なんだそうです。

レベルアップしてるじゃないですか!

こんな凄い事を、なんで、HPで発表しないんでしょう??
見落としてるだけ? (笑)

「赤坂 BLITZ」でも演奏できる、優勝したら更に、
「神宮外苑花火大会」でも演奏できる…

凄い事です。
これもひとえに、
「Class」の全面協力があったからじゃないかな?
なんて、勝手に想像しています。


そして、その「Class」のオリジナルメンバーの津久井さんですが…

「関東大会」のライブの中で、津久井さんが末期ガンである事、
一時は、「今年の桜はもうみられないだろう」と言われていた事が
発表されました。

「関東大会」があった翌日の日刊スポーツにも、大きく記事が出ていました。


「関東大会」の各バンドのリハが始まる頃でしょうか…
津久井さんが、会場に入ってきたのを見ました。

今回のスペシャルバンドのまとめ役みたいな
感じでリハを行う姿も見ました。

そして、aCharの演奏に関してもコメントをいただきました。

更に、津久井さんは書類選考の時から、審査に携わっていたんですね。
つまり、早い話が、「関東大会」にaCharが出演できたのも
津久井さんが選んでくれたからかもしれないわけです。


そんな事が、頭の中をめぐりますと… 泣けました。

他のバンドへのコメントやらを聞いていると、
ほんと「おやじバンド」ってものに対して、
一方ならぬ思い入れがあるような感じでして…

しかも、同世代と言ってもいい
年齢なわけじゃないですか?

音楽ってものを(もちろんレベルは違いますが)愛する
仲間みたいな感じさえする人が、目の前で、
余命が少ないと宣告されたことを語っているわけです。

なんなんでしょ? 複雑すぎて、言い表せませんよ!

今まで、このBlogに書く事は控えていましたが、
2年前に、あのからくりTVの美少女ギタリスト
瑠璃ちゃんのパパさんが、急逝されました。

俺より、歳が下でしたからね。

バンドのメンバー3人で、お通夜に参列させていただいた
時に思いました。
「なんで、こんな事になっちゃうんだろう…」
ってね。

「おやじバンド」と言えば、今まさに旬ではありますが、
実際問題、そういう事も考えなきゃならない年代って事なんですよね。

そんな事を考えたら、妙に会場全体に一体感を感じた様な気がしました。

って事で、ちょっと考えさせられた事も含めて、
ほんといい体験をさせていただきました。
貴重な経験をさせていただきました。

改めて、関係者の方々にお礼を申しあげます。(多謝)

というわけで、今回の「おやじバンドフェスティバル 2009」の話は、
一旦、幕とさせていただきますね。
[PR]
by smoky_achar | 2009-06-17 10:13 | LIVE レビュー
【 おやじバンドフェスティバル 2009 関東大会参加ドキュメント Part8 】

Part7の続きです。

ということで、準備万端整えまして、
いざ、「おやじバンドフェスティバル 2009 関東大会」の
会場であります、「渋谷 DUO Exchange 」を目指します。

会場についてすぐに、主催者からの説明、
そして、各バンドのリハが始まったわけです。

ここからは、Part1をご参照くださいね。

そして、いよいよ、aCharのリハの順番…

「第一回 おやじバンドフェスティバル」の時に演奏した
中野サンプラザのステージでも思ったんですが、
大きなステージって、音がスカスカに聞こえるんですよ(苦笑)

スタジオや、普段ライブやっているライブハウスって、
空間全体に音があるような感じでしょ?
でも、大きなステージってほとんど反響がないんですよね。

だから…
すごく不安になるの… (笑)

「なんか、音がしょぼいなぁ~」

と思った瞬間に、不安と焦りで、とてもじゃないけど
普段通りの演奏なんかできないんですね。(泣)

情けないでしょ? (笑)

しかし! それが現実…

リハの演奏は、ほんと酷かったと思う…
全然弾けてなかったもの…

なもんで、あっとゆうまにリハ時間は終了。

微妙なやり残し感に浸っているうちに
ステージは 「Class」のリハに移っていました。

プロのリハーサルなんて、
そうそう見られるもんじゃないからね。

リハの悲壮感に若干浸りながらも、
たっぷり見学させて頂きました。

でまぁ、当たり前なんですが、
こだわりが凄いね。

特にモニターへのこだわりが凄かったです。
勉強させて頂きました。

なんでもそうですが、やっぱりねぇ
プロってのは、ほんと凄いよ、違うよ!

さて、そして、いよいよ本番…

ここでもまた、Part1に戻って頂きまして
各バンドが、どんなだったかご確認ください(笑)

出演バンドのパフォーマンスを
すっかり、「単なるお客」として楽しんでいたわけですが、
8番目のバンド、『 深川ロッカー・ルーム 』の演奏が
始まると同時に、いよいよ、準備に取り掛かりました。

そして、本番!!

だいたい、こういうシチュエーションでは、
歌詞を間違わないか?
ギター、ミスしないか?
と、自分の事で手いっぱいなのですが(笑)
ここはあえて、ドラムの山さんとベースのジュテームの
音を聞く事に重点を置こうと、自分に言い聞かせました。

「闘牛士」のイントロ…
歌…
ギターソロ…

「渋谷ナイト」冒頭のネタ…
歌…
ギターソロ…
合唱…

一番ありがたかったのが、
このお客さんとの合唱の所…

しぃ~~~~~~~ん…

ってな感じだったらどうしようと、
ほんと心配だったんです。

でも、みんなほんとうに優しいね。
おつきあいいただきまして、
ほんとうにありがとうございました。

おかげで、リハの時の不出来&不安が
すべて吹き飛んでしまう位、
自分としては、満足な演奏ができました。

そして、エンディング…

もちろん、ミスもありました。
でも、なんかそれはどうでもいいように思える
不思議な境地でした(笑)

あとなんつったって、歌ね。
会場に響く、自分の歌う声が、すごくよく聞こえるのよ。
正直、これは気持ちいいです!
中野サンプラザでもそうでしたが、
この快感は、なかなか体験できるもんじゃありませんからね(笑)

ボーカル冥利に尽きます、まさにイキかけたと言っても
過言ではないでしょう!! (笑)

とまぁ、そんな気分に浸ったのもつかのま…
すぐに、審査員のみなさんからコメントを
いただく時間に…(苦笑)

「辛口なコメント言われたらどうしよう…」

生きた心地はしないやね(笑)

しかし!
いきなりあの、今剛さんから
「ギターの音いいね」
とのコメントが…

これは、ほんとうれしかったです。
俺が培ってきたもの、こだわってきたものを
肯定してくれたわけですからね。

しかも、あの、今剛さんがっ!!

他の審査員の方からも、
非常ありがたい言葉をいただきました。

とは言え、この時点でも、
リハーサルの時から、全く変わらず、
優勝バンドは、あのバンドだろうな…と…


で、この後、「Class」のライブ
(これについては、別の機会に詳細を書きたいと思います)
に続いての審査発表!!

第三位:Jobijo Band
第二位:The Fighting Cocks
第一位:1960(イチキュウロクマル)

という、結果に終わりました。


いやぁ~、またもやいい体験させてもらいました!
あぁ~~~~、楽しかった!

こういうイベントの雰囲気…
ほんと癖になるわ! (笑)


というわけで、
今回最終回かと思ったんですが、
まだ、もう一回位書けそうな感じです。(笑)
[PR]
by smoky_achar | 2009-06-11 10:16 | LIVE レビュー
【 おやじバンドフェスティバル 2009 関東大会参加ドキュメント Part7 】

Part6の続きです。


「日本語バージョン」ってものを考え始めた時から、
ひとつのテーマがありました。

それは、「渋谷の夜」ってタイトルにする事。
「おやじバンドフェスティバル 2009」の
「関東大会」が開催されるのは、渋谷ですからね。

ここはひとつ、そんな状況も考慮しましてですね(笑)
「渋谷の夜の歌にしちゃおう! 」
って思ったわけです。


何とか形になった「Tokyo Night」日本語バージョン…
ならぬ、「渋谷の夜」…

これを携えて、「関東大会」に向けての第一回練習に臨みました。

所が!
なんだかカッコいい事言ってますが、
言い方を変えれば、単なる「替え歌」とも言えなくもない(苦笑)

実際に自分で考えたわけですが、これを自分でいざ歌うとなると
結構… いや、かなり恥ずかしいんですな(笑)

ちょっと遠慮がちに、メンバーの前で披露したわけですが、
まぁでるでるわ、「カイゼン要求」が…(笑)

イマイチ、わかりにくい所が…
もう少しシンプルな単語はないか?
原曲のフレーズとの違いが気になる
なるべく一回聞いただけでわかる様に…

等々…

これがまた、出てくる要望の全てが的を射てるんですわ!
第三者からの、評価って大切よね。

でね、3人でああでもない、こうでもないと
意見を出し合い、考え、創り上げるのって、
まぁ~~~~~たのしいのなんのって!

おかげで、最初より、かなりわかりやすくなりました。
更に、歌いやすくなったという、相乗効果も…

それに気を良くした俺は、
(っていうか、最初からそのアイディアも持ち込んだんだけど…(笑))
日本語化だけでは飽き足らず、イントロ部分での、「語り」(ネタ)と、
途中の歌&コーラスだけになる部分での、お客さんとの合唱を提案しました。

ところが、これをやるのはいいんだけど、問題がひとつ!
どうやら、時間が足りなくなってしまいそうなんです。

規定では、
2曲、10分以内。
時間オーバーすると失格。

って事なんですね。
さてどうしたものかと…

ここで、すぐさま「削除」する部分が決まってしまいました。(笑)

実は!

書類審査に応募した「闘牛士」は、
シングルのオリジナルバージョンとは
ちょっと違う事をやっていたんです。

それは、Charの20周年記念コンサートや、
30周年記念コンサートあたりのDVDで
確認できるのですが、フルコーラス終了後に、
またイントロに戻って延々ギターソロってスタイル
ってパターンがあるんです。

さすがに、「延々」ってわけにはいかないので、
ま、「適度」になんですが…(笑)

ここは、「削除」だろ? と…

ま、当然ですね。
元々、「歌謡曲」ですから3分ちょっとしか演奏時間がなくて、
その穴埋め的に入れていた部分ですからね。

これをカットして、2曲の時間を計ると
9分30秒位…

ベストじゃねぇの? (笑)


と言うことで、
「おやじバンドフェスティバル 2009-関東大会」
での、出し物はこれにて決定!!

あと一回の練習を残すのみとなりました。


って事で、 Part8に… … つづかないんだなぁ~ (笑)


もう、一気に行ってしまいましょう!
更に、一週間後… そして、それは、「関東大会」の前日。
最後のリハに臨みました。

「渋谷の夜」の歌詞に関しては、若干の修正や、
修正要望があったものの、ただでさえ、似た歌詞が多くて
ごっちゃになりそうなのに加えての直前の修正は、
プレッシャー以外のなにものでもないので、ほぼ却下(笑)

最後のリハは、ほぼ翌日の確認に費やしました。

なので、3時間取ってあったスタジオも
2時間半くらいで切り上げまして、
さあ! いよいよ、
「おやじバンドフェスティバル 2009-関東大会」に挑みます!


なので、ここで「Part1」に戻って頂きまして、
そのあと、Part2~Part7をグルグルと…(笑)

これを、小泉八雲の「MUJINA」方式と言います (嘘)


さぁ! いよいよ、次回は最終回かな…
[PR]
by smoky_achar | 2009-05-27 10:04 | LIVE レビュー
【 おやじバンドフェスティバル 2009 関東大会参加ドキュメント Part6 】


Part5の続きです。

Charって、日本のミュージックシーンでは、
非常に「特異」なポジションにあると思うんですよ。

全編英詩の曲の割合がこれだけ多くて、
且つ30年にわたって、一線で活躍してるミュージシャンって
他にいないんじゃないかなぁ?

何言ってるか意味はわかんないけど、
なんか雰囲気がカッコいいから、
みんなが聴いているから、
流行りだから、って感じで聞く「洋楽」を聞く姿勢とは
たぶん違うと思うんですよね。 Charの場合…

洋楽の例だと、かの有名な「Smoke On The Water]あたりかな…
最初にあのイントロリフを聞いた時の衝撃…
なんてかっこいいんだ!と…

でもって、さびの ♪ スモォ~~ク、オンザ、ウォ~~タ~~♪
って、響き…

とにかく、かっこいいぞ! っと…
しかし、いざ、必死に歌詞の内容を訳してみると…

「なんだそれ…」って内容(笑)
いかに内容ではなく、
感覚的なもので聞いているかって事ですよねぇ

一応、それなりの曲数のCharの英詩曲を覚えて、
演奏していても、歌っている内容が頭の中で
意味をなしているかってぇと、決してそんな事はないわけで…(笑)

つまり、英詩の場合は歌詞自体も、編成楽器の一つと
同じ様な感覚でとらえているんじゃないかと思うわけです。

とすると、生粋の日本人たる俺なんぞは、
歌詞の内容という、曲の魅力の一つが欠落した状態で
聞いているわけです。

これが、普通に日本語の歌詞の曲だと、歌詞の内容を楽しむ、
または、噛みしめる余裕があるわけです(笑)

「演歌」なんて、その最たるものかもしれませんね(笑)

実際ライブでも、英詩とはいえその原曲を知っていれば
まだ楽しめる要素はあるわけですが、
初めて聞く曲が英詩の場合、
ライブ全体を楽しみに来ている(特に目的のバンドがないような時)
お客さんにとって、若干のストレスになるわけです。

これを踏まえますと、CTB「Smoky」としてのライブでも、
実は、Charの英詩曲を日本語訳詞として、
演奏してみたいという、願望はかなり前からあったんですね。

特に今回は、「おやじバンドフェスティバル」って事で、
他のバンドの応援のお客さん、特にCharに思い入れのないお客さん
が多いのは明らかじゃありませんか?

そこで、思いついたのが「Tokyo Night」の
日本語バージョンです。

♪トーキョナイト!♪って、さびの所は、一緒に歌えるし
ノリもいい、更にはギターソロがめっちゃカッコいい!って
事で、大好きな曲なのですが、
ただでさえ、英詩なのに加えて超早口で、
なんだかさっぱりわからない曲(笑)
実際、うたうのも大変…
って事で、それを逆手にとる戦略に出たわけです(苦笑)

「何を言っているかわかる内容」=「お客さんに楽しんでもらう」


という、図式を最重要視したわけです。(笑)
とまあ、威勢良く啖呵を切ったのよかったのですが、
実際問題これが大変なのよ(苦笑)

姑息な事に(笑)、ここまで書いた内容って、
1次審査に応募する事になった時点で
ある程度考えてましたらかね(笑)

もしも、もしも、「関東大会」に出られる事になったら?

ほんとうに、決まってから用意していたんじゃ間に合いませんからね。
でも、本格的に歌詞作りに入ったのは、
ほんとに審査合格発表後なんですよ。

風呂に入りながら、必死に考えました。
丁度、GWもありましたらかね。
一生懸命考えましたよ。

でもね、いざ曲にはめてみると、
字数が多かったり、足りなかったり…
無理やり感が漂ったり…
わかりにくかったり…

あれやこれやと、いじくりまわしました。

そして、本番まで2回限定という、スタジオ練習の
1回目を迎えるわけです。


って事で、Part7に続く…
[PR]
by smoky_achar | 2009-05-26 10:41 | LIVE レビュー
【 おやじバンドフェスティバル 2009 関東大会参加ドキュメント Part5 】

Part4の続きです。

応募した、「闘牛士」の演奏ビデオ…
何度となく見直しました。(笑)

なるべく、なるべく、客観的な目&耳にて…

現時点での、パフォーマンスとしては、
まぁ、満足できるものでした。
これなら、駄目でも納得できる…と…


そして、それから更に1週間。

ひと月前から、ほぼきっちりと1週間のスパンで
物事が進んでますな(笑)

今となっては確認できないんですが、
たしか当初は、関東大会の締め切りが4月20日、
通過バンド発表が4月27日だったような気がするんです。

それが、いつの間にかWebサイトの記述では、
通過バンド発表が5月1日になってたのね。

10日待ちとなると、結構長いよね(苦笑)

ま、あまり気にしないようにしていたのですが、
そんな中の4月28日…

携帯電話が、机の上で震え始めました。
表面の小窓には、

・第一回おやじバンドフェスティバル
・おやじバンドライブ@クロコダイル
・日テレ Gスタ収録

で、非常にお世話になったMさんの名前が…



えぇ??
も、も、も、もしかして…

いやいや、まてよ…
あせるなあせるな!
まだ、発表前じゃないか…

なにか、別件での用事かも知れん!!!


と、恐る恐る電話に出てみると、
「一次審査通過」の連絡でした。

しかも、第二回を上回る
273バンドからの選考だったとの事…

やったぁ~~~~~!!!(大喜)
思わず、ニヤけました(笑)

第一回の時は、正直「わけもわからず」という面もありました。
しかし、今回は違います。
かなりの狭き門、厳しさを認識した上での審査通過。

ほんと、体の深い所からずっしりと重みのあるうれしさが、
じわじわと湧き上がるのがわかりました。

あぁ~~、もう、誰かに言いたくてたまらん!
でも、今いる職場、俺がそんな事やってる人間だって事、
ほぼ、だぁ~~~~れも知らんのよ(笑)

なので、こっそりと心に秘めて、
メンバーだけにメールして、
家路につく俺だったのでありました。

しかし!
審査通過したらしたで、
考えなきゃならないことたくさんあります。

まずは、練習の日程の調整。
あと、2回は練習したいよなぁ~~

なんつったって、現メンバーで演奏できるのは
「闘牛士」1曲だけ…(笑)

関東大会の本番では、2曲演奏しなきゃらないからね。
もう1曲は、ほぼこれから取り組む感じ…

ただ、自分の中ではもう1曲は決まってましたし、
一応事前にメンバーにも話だけはしていました。

その曲は
Charの3rdシングル「逆光線」のB面
「Tokyo Night」。

そして、今回どうしてもやりたかったのは、
その「日本語バージョン」…

さすがに、1次審査も通らないうちから、
先走って用意するのも気が引けるじゃない? (笑)

なので、その日本語バージョン用の歌詞を
かんがえなきゃなりません。

頭の中にあるのは、「Shibuya Night」
さてさて、どうなりますことやら…

って事で、Part6に続く…
[PR]
by smoky_achar | 2009-05-22 11:39 | LIVE レビュー
【 おやじバンドフェスティバル 2009 関東大会参加ドキュメント Part4 】

Part3の続きです。

大どんでん返しの、第一回スタジオ練習から1週間…

まぁ~~~~~、死ぬほど「闘牛士」弾きましたよ。(嘘)… (笑)


だって、実際問題ですねぇ~
いくら練習が大事、練習こそ命と言えども、
30年という月日が培ってきたものが、
1週間でそうそう劇的には変わらないと思いません?(笑)

なので、微妙にどうしたらいいのか
よくわからない一週間が過ぎました(笑)


そして迎えた、第二回練習の日。

第二位回練習と言っても、今日は応募用の映像撮影日
つまり、練習がメインじゃなくて、撮影がメイン…

ほんとうに大丈夫なんですかねぇ?(笑)


さて、それよりしばらく前の事…
「映像撮影」はいいけど、
俺、ビデオカメラ持ってないのよ(苦笑)

「知りあい含めて、ビデオカメラ調達できませんかねぇ?」

一応メンバーにメールしました。

ベースのジュテーム氏は、
「古い8mmビデオならありますよ」と…

ドラムの山さんは
「撮影設備のあるスタジオとかないんですかねぇ?」と…

俺は、
「撮影設備のあるスタジオ」…
そんな、都合のいいところはねぇだろ…(苦笑)
あったとしても、プロ仕様の高級スタジオじゃねぇの?と…

でも、あったんですねぇ~(大爆笑)
探せばあるんだねぇ~ まじでびっくり!

って事で、都合よく調達できた「撮影設備のあるスタジオ」に
朝から集合です。

3脚も一応用意したんですが、
俺の身内からカメラマンを調達!

いざ撮影に臨みましたよ!

スタジオの時間は3時間…
前半はもちろん、曲のおさらい…
そして、後半は撮影…


撮影機材があるスタジオとはいえ、
音はすべて天井マイクからの入力なんですよ。

なので、バランスに気を使わないと、
歌が聞こえないとか、逆にハウリングが起きたりとかね。

なんだか、ライブと同じくらい緊張しますね。(笑)
別に、カメラ目線で撮影したわけじゃないけど、
みょぉ~~~~~に、意識してしまいますわ!


そんなこんなで、無事撮影も終了。
家に帰って、すぐさま応募資料の作成。

家の近所のセブンイレブンより、
クロネコメール便にて、資料を送付。

って事で! 終わりましたよ!
怒涛の一カ月でした。

やりゃぁできるじゃん! (笑)

まずは、第一段階の終了です。

ま、やる事はやったわけですが、俺、わかってました。

「相当厳しいぞ!」と…

第二回の応募総数が3倍になっている事、
そして、それにもまして、
全体のレベルがものすごく高くなっている事。

第二回の関東大会応募数は約250バンド

第三回の応募数が、それを下回る事はまずないでしょう

そしたら、300バンド?

300分の10バンド…

意識を失いそうな位、狭き門です。(笑)

後はもう、発表を待つばかり。


てことで、Part5に続く…
[PR]
by smoky_achar | 2009-05-21 10:27 | LIVE レビュー