<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


カテゴリ:Charな話題♪( 35 )
【 ライブレポ [JL&C] [Flower Travelin' Band] 日比谷野音 2008/10/5 】
[Flower Travelin' Band]のライブのゲストとして、
[Johnny,Louis & Char]がゲスト出演する…

2007年3月21日に見た、夢の続き? (笑)

でも、「ゲスト」って… なんか微妙…(苦笑)

とはいえ、行かないわけにはいきません!!

早速、いつも利用している、某チケット屋さんの優先予約に申し込みました。

優先予約と言っても、「抽選」ですからね。
へたすりゃ、当たらない… でも、普段の行いのせいでしょうか…
抽選結果のお知らせメールが来て、見事、チケットをゲット!

ひと安心したところで、月日は普通に流れて行きました。

でも… なにかが変!! なんかおかしい…

いつまで経ってもチケットが送られてこない…

ネットで確認しました。

------------------------------
チケット 先行受付 FLOWER TRAVELLIN’ BAND

2008/10/05(日) 16:30開演

チケットをご用意いたしましたが、
支払期限までにお手続きいただかなかったため、
申込みは無効になりました。
(クレジットカード決済ができず
今回の支払方法はコンビニ支払に変更されています)
------------------------------


なぬ?

すぐに、問い合わせたのですが後の祭り(泣)

最近、クレジットカードの会社を変更したんですよ。
それに伴ってカードの使い方もちょっと変えたら…

あっという間に、限度額超え… (恥)
まったく気が付いてませんでした。

ここで、一節…

♪あぁきらぁめましたぁ~ 野音のことはぁ~ ♪

「きっとこれも何かの啓示…」
特にオークションとかで探す事もせず、
ネット関係を探し回ったりもせず、
人づてに聞いたりもせず、
ほんとにあきらめていたんです。

そして、しばらくたったある日、
この笑っちゃう、ことの顛末をこのBlogに載せようと、
当日の詳細情報を調べていると…

ライブチケット情報の所はまだ、「発売中」なんですよ。(爆笑)

2007年3月21日の件がありますからね。
勝手に、「即日完売」レベルだと思っていたんです。(苦笑)

まさかまだチケットが残っているとは…
だって、一般発売からひと月位経ってたんですよ?

また思っちゃいました。
「きっとこれも何かの啓示…」

単純でしょ?(笑)

というわけで、Cブロックの中ほどの席だったのですが、
2008年10月5日 日比谷野音、観戦してきました。

Cブロックとは言え、野音はいいですね。
十分楽しめる距離…


JL&Cのメンバーが登場した時は、
なんだかタイムスリップしたみたいでした。

「十分楽しめる距離」とは言え、ディテールまで確認できるわけでは
ありませんからね。

「日比谷野音のステージに、あの3人がいる」って事だけが
はっきり認識できるわけです。

たまらない、タイムスリップ感…

でも、タイムスリップ感と言っても、実は野音であの3人を
見るのは初めてだったんですよ。(苦笑)

ま、それも手伝って、感慨もひとしお…

「あぁ~~~ やっぱり来て良かった」

と思いましたよ。

山形の居酒屋で一緒に飲んだ、ジョニー…
クロコダイルでは、手の届きそうな所で演奏していたまーちゃん…
つい先日、ほんと数メートルの所でトークを聞いたChar…

今回は結構距離のある場所での、ステージ観戦…
なんか変な感じ… (笑)

ところが…
2007年3月21日のクロコダイルとは打って変わって
「PINK CLOUD」時代の曲が中心のセットリスト…

個人的な好みの問題ですが、「若干の消化不良」でしたね。

更に、席の位置の問題なのか、いつもの野音で感じる
ギターの音の心地よさがない…

落ち着いて考えますると、
ある意味あのクロコダイルで、
ひとつの区切りが自分の中でついているのかもしれない
って感じでしょうか…


実はこの日…
「CTB Smoky」とは別のバンドで、
お昼から新宿のスタジオにて、3時間ほど練習があったんです。

楽器はスタジオで預かってもらって、野音に直行!!

へとへとでした。(笑)

なので、雨が本格的に降り出す気配を感じた所で、
リタイアさせていただきました。m(__)m

「FLOWER TRAVELLIN’ BAND」…

実は、まったく知りませんでした。(苦笑)
ジャンル的にも別に嫌いな感じではなかったのですが、
体調&天候を考慮の結果、途中ではありましたが
帰路につく事にしました。


「CTB Smoky」のベース担当、とっつぁんも
一緒にいたのですが、とっつあんは
最後までちゃんと観戦したみたい…

でもすごいの…
なんか、普通に座っていても とっつぁんに声掛けてくる人
いっぱいいるの…

「あ! どうもぉ~」みたいに…

実は俺の知らないところで、めっちゃ有名人なのかもしれない…

ってことで、全然「ライブレポ」じゃありませんでしたね(苦笑)
[PR]
by smoky_achar | 2008-10-06 11:34 | Charな話題♪
【 ライブレポ GyaO 昭和TVイベント『ROCK LEGEND ライブ&トーク』 第ニ部 】

「第一部」からの続きです。


きっちり10分の休憩を挟んで登場となったのが、
BAHOの2人と、お馴染み、パーカッションのマック清水氏

石ヤン、目の前です。ほんとぉ=に、目の前です。

始まった一曲目は…
ん? なんだ? このコード進行は…

「ちょっと 気絶っぽいな…」と…
そこから、はっきりとわかるイントロに変わって行くと
一曲目は、「Black Shoes」…

あぁ~、たまらん!(笑) 好きですこの曲…

心地よいCharと石ヤンのOvationの音が
鳴り響いてますよ。ガンガンに…

「Black Shoes」も終わりに近づくと、
ちょっとコード進行が変わったような…

と思った瞬間、Charの口からは、

「かがみの なかぁでぇ~」と…

2曲目はメドレーっぽくつないで
「気絶するほど悩ましい」…
ウハハハ… 思わず笑いが出ちゃいますよ
これには、参った!

「ゾックゾクするやろ?」って言われたら、
「はい」って答えちゃうシチュエーション(笑)

しかも、メドレーっぽくといっても、フルコーラス
歌ってくれちゃうんだもんなあ

えっと、もう満足です。(笑)

そしてここからがイベントならでは…
「昭和TV」のイベントって事で、

・ベンチャーズメドレー

・GSメドレー

と、お馴染みの名曲たちを、Charの歌声にて…
石ヤンのギター&コーラスにて…

「ベンチャーズメドレー」の最初の部分では、
CTB「Smoky」のライブでも時々実演している(笑)
あの、伝説の「Charのテケテケ講座」も披露してくれました。

一言で「メドレー」て言っちゃうと、簡単に終わっちゃうけど、
相当いろんな曲やってくれましたよ。

後半戦にさしかかると、ジョー山中さん登場!

俺もね、心の奥底で、ほんとぉ~に、小さく期待してた事があるのよ。
それは、「人間の証明」のテーマね。

でも、まさか… まさか… じゃない?(笑)

BAHOの2人の真ん中に立って、BAHOのギターの
イントロから始まって、歌いだしたジョー山中さんの口からは、

「Mama… Do You Remeber…」と…

泣けました…

30年以上の時を越えて、この歌を生で、
しかもこんなに近くで本人が歌うのを見られるとは…

当時リアルタイムで、横溝正史とか森村誠一とかかなり読んだんです。
当然、映画も、TVドラマも大好きでした。

なんなんでしょう?? この不思議な感覚は???

しかも、バックがCharだもんなぁ~
「わけわからん!」って方があってるかも?位の衝撃的な感動でした。

感動さめやらぬうちに、続いた曲は「Stand by me」…
Rollyもギターで登場!! 大盛り上がり(笑)

ジョーさん今年で61歳だそうな…

俺が、物心ついた時に初めて認識した、祖父の年齢が63歳でした。
ふつうに「おじいちゃん」でした。(笑)見た目がね。

それがなに? この人… パワフルな歌声はもちろんのこと、
ステージ上でジャンプしたり、
客席からステージにジャンプして上ったり…
贅肉なんてまったくない、引き締まった「Perfect Body(ケイン風に)」…
カッコよすぎます!

大盛り上がりの内に、これにて終了…

かと、思いきや、まだBAHOのステージは続きました。
サービスよすぎるよ、この店…(^^;

で始まったのが「All Around Me」…
いっしょに歌わせていただきました。

そしてそして更に、「なんか聞き覚えのあるコード」…
と、思ったら、次は「Smoky」…

アコースティックバージョン「Smoky」…

NHKの番組以来…(笑)

これが最後の曲となりました。

終始笑顔で、機嫌よさそうだったChar…
指先まで確認できる近さで堪能した石ヤンのギター…
圧倒的な存在感のジョー山中さん…
めちゃめちゃ礼儀正しいRolly…
縁の下の力持ち、マック清水さん…

ほんと、サービス過剰の店に行っちゃったみたい(笑)

最前列であること、最高のパフォーマンスを見られた事…
その気分の高揚が手伝ったんでしょうね。

「Smoky」が終わった後、俺は信じられない行動にでました。

一歩前にでて、いままさに去ろうとする石ヤンに向かって、

「ピックくださぁ~~~~~い!」と…(苦笑)

一瞬「え?」って表情の石ヤンでしたが、
今使っていたピックを手渡してくれました。

ウハハハハ… やったぁ~~! (大歓喜)

c0032353_1193916.jpg


そしたら、その様子を見ていたCharが
石ヤンのギターを

「これももってけ!!」とばかりに、
俺に手渡してくれました。

なので、さっそく今もらったピックで、
「Smoky」を演奏する事に… って言うのは嘘ですが(笑)

Charに石ヤンのギターを手渡されると言う、
はっきりいって、その瞬間はよく覚えていない位の
体験をしてしまいました。


実はこの後、当然アンコールもありました。
最後は、ジョー山中さん、ROLLYが再び登場して
みんなで大合唱と言う事もありました。

でもまぁ、俺としては、若干上の空的な…(笑)

途中のChar激怒事件やらなんやら、
他に書きたいこともいっぱいあるのですが、
この上の空な状況にて、そのあたりは又の機会と言う事で…

などと言うよりも!!
当然と言ってはなんですが、このイベントの模様は
「Gyao」で放送されます!!

レポートもサイト上で行われるようですので、
そちらも楽しみにしてください。

3時間も、あんな間近でCharを見てるってのもよくないね。

なんかさあ、友達にみたいに普通に話せるかも?
なんて言う妄想にとりつかれるね。(笑)

あぁ~~~~楽しかった…
「最高の夜」を過ごした、aCharでございました。

最後に、ここぞとばかりに撮影した画像を…

最前列の整理券
c0032353_1110219.jpg


CharのObation
c0032353_11101166.jpg


石ヤンのエフェクターBOX
c0032353_11102653.jpg

[PR]
by smoky_achar | 2008-08-20 11:14 | Charな話題♪
【 ライブレポ GyaO 昭和TVイベント『ROCK LEGEND ライブ&トーク』 第一部 】
先日書いた、予告編、
【 GyaO 昭和TVイベント 『ROCK LEGEND ライブ&トーク』出演:BAHO他 】
の通りに、昨晩、表参道にあります、「スパイラルホール」にて、
イベントを楽しんできました。

とまあ、なんか普通っぽく書いてますが、
ホント言うと、

メチャメチャ楽しんじゃったもんね!
ありえんくらい楽しんだ!
あぁ~~~~~~~~~~~~楽しかった!
あぁ~~~~~~~~~~~~おもしろかった!

と言うのも… なんと!

最前列、ほぼ真ん中席確保!!

夢にまで見た「最前列」…(笑)

普段出入りしているライブハウスみたいな感覚で、
「BAHO」の演奏を堪能してしまいました。

で、イベントはまずは、ホールの入り口ホールにて、
昭和ロック史を振り返る写真展から始まるんですよ。

昭和を代表するロッカー達の、懐かしい写真パネルがどっさり…


昭和TV 1周年記念イベント
『ROCK LEGEND ライブ&トーク』


のサイトを見た方はおわかりかもしれませんが、
このイベントはサントリーが提供なんですね。

なので、その写真を見ながら過ごす時間に振舞われるのが、
「サントリー プレミアムモルツ」&「山崎12年 ハイボール」

「※お一人様2杯程度でお願いします」とは書いてあったものの
実際はほぼ「飲み放題」でしたからね。
ご存知の通り、俺はあまり飲めないんで1杯で、
充分な泥酔状態でしたが…(苦笑)

サントリーさん太っ腹です!(喜)

「サントリー プレミアムモルツ」と言えば、
先日話題にしたばかり… ↓


【 《プレミアムモルツの当選》 と 《ライブバー Black&Blue》 】



「山崎12年」と言えば、某バンドのマネージャも
Blogのネタにしている、有名なシングルモルトウィスキー…(笑)

『 サントリー 山崎 オーナーズ カスク 』


しかも、この「山崎12年」をハイボールにするのに
使う炭酸水も「The Premium Soda-yamazaki-」と言う
山崎蒸留所の炭酸水なんですよ。

このハイボールがまたうまいんだ! びっくりするほど…

そのグラスを傾けながら、開演を待つその雰囲気…

それだけで、もうなんだか非常にいい気分ですよ。
そりゃそうですよね。
ポケットには、最前列の番号札が入ってるわけですから(笑)

更に、開演前に行ったトイレで流れていたBGMが
「Wasted」…

心憎い演出じゃありませんか…
気分はたかまるばかり…です。

そして、いよいよ始まったのが
「第一部 トークショー」

Charがほんとうに、目の前に…(^^;
ジョー山中さんが、すぐそこに…
あの、Rollyもそこに…
更に、日本初のスタイリスト高橋靖子さんは
もっと、目の前に…

語られるのは、「昭和のロック」…

Charが「日比谷野音」に出入りし始めた、
「悪ガキ」だった頃の話、
メンバー探しにアメリカに行った頃の、
ジョー山中さんや、ジョニーとの不思議な縁…等々…

俺なんか、まだRockなんてものに
触れても居なかった頃の、創成期に携わった人達の話は、
とても興味深く、楽しく、そして大笑いできる話でした。(笑)

しかも、途中からほとんどCharがMCみたいでね。
まぁ~、しゃべるしゃべる…

何度も、「目が合ったかも?」と妄想させてくれる
醍醐味も加わって、至福の時をすごしておりました。

スタッフが「カンペ」で「そろそを時間…」ってな
メッセージを出したのですが、そこからも話は尽きず…(笑)

時間オーバーというおまけまでついた
熱の入ったトークを、堪能させていただきました。

どんな話があったのか?を書き始めたら、
さすがに終わらないので、
直接会った時にでも、聞いてください。(笑)

相当な満足感と共に、第二部のライブに突入です。
[PR]
by smoky_achar | 2008-08-20 11:08 | Charな話題♪
【 GyaO 昭和TVイベント 『ROCK LEGEND ライブ&トーク』出演:BAHO他 】
なんなんでしょうね?

世の中、ほんとうに不思議な事があるものです。

みなさん、ネットテレビの「GyaO(ギャオ)」って
知ってますよね?

俺も、できてすぐに登録して、Charの画像を…

あ! その事について、書いたこともありましたね。(笑)

【Char 20周年記念コンサート @Gyao 】


正直にいいますと、それっきり特に「GyaO」も
鑑賞する事もなかったんですね。(苦笑)

所がある日…

偶然、「GyaO 昭和TV チャンネル」なるものの
リンクが、なにかのページに張られていたんです。

俺、「昭和の音楽」好きです… (笑)

なので、めずらしくそのリンクをクリックしてみると、
(普段から広告リンクって殆どクリックしないんですが)
なんと、現れたのは Char!

Charが「昭和TVチャンネル」の1周年記念コメントを
語っていたんです。しかも、割と長めに… (笑)


なんなんでしょう?

やっぱり、なにかが呼ぶんですね。

「ここクリックしなよ!」って…(爆)

「やっぱり縁があるのかも?」なんて、
ばかな妄想に浸りながら、映像を見終わると、
こんどは、

昭和TV 1周年記念イベント
『ROCK LEGEND ライブ&トーク』

ご招待…

のリンクが…

「こんなもん、あたるわけねぇよな(諦)」

と、ブツブツいいながらも、一応応募したんですが…

当選してしまいました。(歓喜)& (高笑)


そういえば、先日は「プレミアムモルツ」が
当たった話書いたばかりですね。(苦笑)


ほぼ全て、人生の運を使い果たしているかのような
感じがして、若干怖い気もしますが、

せっかくなので、明日、「BAHO」でのCharを
20年ぶり位に、見てきます(笑)

内容については、後日報告させていただきます。


※その「後日報告]はこちら ↓
【 ライブレポ GyaO 昭和TVイベント『ROCK LEGEND ライブ&トーク』 第一部 】

【 ライブレポ GyaO 昭和TVイベント『ROCK LEGEND ライブ&トーク』 第ニ部 】
[PR]
by smoky_achar | 2008-08-18 10:26 | Charな話題♪
【 日本テレビ [THE M」 Char出演 】

既に、今月も ライブが決定している 吉祥寺のライブバー

【Black & Blue】

のオーナーさんからいきなりのメール…

「今日 Charさん テレビにでますよぉ~」って…


スイマセン、チェック漏れです。(笑)
知りませんでした。

予約録画したので、昨夜見たんです。

おもしろかった! 楽しませていただきました。

オーナーのHさん! メールありがとう! (大感謝)


「米米クラブ」を最初にちゃんと見たのは
「冗談画報」と言う、フジテレビの深夜番組でした。

たぶん名前位は知っていたんだと思います。
「おもしろいバンドがいる」って聞いていた様な気がします。

その時みた感じは「さすがのエンターテイメント」って感じでした。
個人的には、あの頃の方が魅力的だったような気がします(^^)

そんな「米米クラブ」のデビューに 我らがCharが
あんなに深く関わっていたなんて… 知りませんでした(苦笑)

「そのドラムは Charだったのです」

と言うナレーションに…

「はぁぁぁぁぁぁぁ??????」ですよ(笑)

近くにおいてある「Mustang」の弦が
共鳴しそうな位大声をだしてしまいました。(笑)

みんな知ってたん? なんでおしえてくれなかったん?

さらに驚いたのが、その様子を伝える
「再現VTR」でのライブ会場…

「 【サンクチュアリ】じゃねぇか! 」と… (笑)

トリビュートバンド仲間の 「KIZZ」とかが利用している
おなじみの「沼袋」ライブハウスじゃありませんか!!

二重に驚いてしまいました。


「米米クラブ」の誕生秘話も非常に興味深かったです。
同じ「アマチュアバンド」ってくくりから見たら、
まさに「夢の具現者」…ですよね。


そして、「米米クラブ」+「Char」ですぐに思い出されるのは…

もう20年も前でしょうか?
日本テレビのクリスマス特番での共演ですよね。

「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」+「星ふる街角」

このときのビデオ、まだちゃんと保存してあります(苦笑)


「ヒット曲ができる過程」って、なんかワクワクしちゃいますよね。
そのあたりも含めて今回の「THE M」、
非常に楽しませていたただきました。

Charのエフェクターボックス、なんか妙にでかく感じたんだけど
いつものと違ったのかなぁ~

もう一回ゆっくりみてみよっと… (笑)


あ、そうそう、でその「Black & Blue」でのライブですが。


6月15日(日)となっております。
詳細は又改めて、お知らせさせていただきますね。
[PR]
by smoky_achar | 2008-06-05 10:57 | Charな話題♪
【 [THE TARGIE SHOW]更なる発展を願って… 】
【 [THE TARGIE SHOW]結果発表!! 】
の続きです。

さて、前回の繰り返しになりますが、
「CTB Smoky」が演奏するギターソロに対して、Char本人が、
「今はあんな風には弾けない」って言ってるってくだりの話題から…

「そんなわけないよな」って思う理由がいくつかあるわけです。(笑)

かなり個人的な意見、また、感覚的な話になりますが、
あの曲って、ギターソロより、イントロの方が難易度高いんじゃないの?
って思ってるんですよ。俺は…


さぁ! ここからは、本邦初の試み… ギター演奏の部分を
口三味線で言ったとしたら?… を更に文字にしての説明です。

これだったら、著作権問題はだいじょうぶ? じゃない?(苦笑)

まぁ、もし問題あるようだったら言ってください。 (笑)

行きますよ! イントロのアームダウンの所からね。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ギュィ~~~ン!

チャァ~~~~~~ チャラララァ…(アーム)

チャラララァ~~(アーム)

チャラララァ~~(アーム)

チャァ~ チャララ ラァ~

(※1)チャララ ラララァ~(アーム)

(※2)チャラララァ~ (※3)チャララ ララララァ~

チャララ ラァ~アァ~アァ~(アーム)

チャララチャラララァ~~(トリル)&(アーム)
チャララチャラララァ~~(トリル)&(アーム)

ウィン(アーム) ウィン(アーム) ウィン(アーム) ウィン (アーム)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


って事で、わかる人にはわかると思いますが、
わからない人には、まったくわからないかもしれないと言う… (笑)

でですね、第一関門が(※1)の所なんですよ。

あのサンプル画像を見ていただければわかると思いますが、
見事に、俺、ミスってます(泣)

(※1)チャララ ラララァ~(アーム)

の、3番目の「ラ」と4番目の「ラ」が同じ音になっちゃってますね。
その前のフレーズからのポジション移動と、その後の指使いの難易度もあり
結構難しい所ではあるのですが… ダメですねぇ


そして次の難関が(※3)の所…

ちょっと聞いただけでは(※2)の所と同じフレーズの様に聞こえるのですが、
実は音数も違うし、若干フレーズが違うんです。

個人的には、ここがこの曲の最大の難関だと思っているんです。

別に同じフレーズ二回繰り返せばいい所なのに、敢えて「小難しく」して、
アクセントを加えてるところなんぞが、さすがCharだとも言えるわけですが…(笑)

と言うことでですね、とにかく俺は、イントロの方が難しいと思っているわけです。


そして、Charはよくジェフベックの事を

「あいつ絶対、影で必死に練習してる…」

とかって、ある意味尊敬を込めてちょっと皮肉っぽく言ったりするのですが、
俺が思うに、絶対にChar自身もそれに近いと思うんですね。

絶対的なもの凄い練習量だと思っています。
こんな事も言ってました。

「思いついたメロディーを、ギターで弾けないと言うのは悔しいじゃん!」
「だから、練習する」

ってね。
なので、最近のライブの映像とかみても、昔よりかなり高度な事をやっているような
部分も見受けられるような気がするんですね。

そんな人が、「昔は弾けたけど、今は弾けない」と言うのは
「ありえないんじゃないかな?」と、思うわけですよ!

だから、「そんなわけないよな!」って思っちゃうわけなんですね(苦笑)

とは言え、あのコメントと映像は本当に、俺の宝物ですね。

「Smoky」と言うバンドを始めた時に、
こんなことになるとは微塵も思ってませんでしたからね。

あの映像と、最初に「Smoky」のメンバーと顔を合わせた時の記憶が重なると、
なんかねえ、ドキュメンタリー番組を見てる気分ですよ(笑)


しかし!! 実は、ずっと気になっている事が…

あのCharのコメントの最後の方ですが、
メインのギターカッティングからギャウゥ~~ンとアームダウンして、
イントロのギターに入るまでの「間」に付いてコメントしてくれてますよねえ?

「敢えてなのかもしれないが、本当は2拍なのに、3拍半位間がある」と…

えっと…

「敢えて…」 です! (笑)

やっぱりねえ、このアームダウンの所っていきなりの山場なわけじゃないですか?
あのスリリング具合… たまらないわけです。

ちょっとでも、その感じを長く味わいたいじゃないですか?
だから、敢えて長いんです。 なので、本当は「4拍」あいてます(笑)

極端な話、「8拍」でもいいんじゃないの? 位に思ってますから…(笑)

で、問題はその後…

「そこはRockだから好きにやればいい でも…」

その「でも…」の後が知りたいんです!!

絶対に、なにか問題点を指摘してくれているはずなんです!

俺としてはですね、「ダメな所」を知りたいんです。

もし、その問題点を克服できたら、
多少なりともよくなる可能性があるわけじゃないですか?

なんとか関係者の方から聞きだそうと思っている次第でございます(望)



さて、この「TARGIE SHOW」ですが、
実は俺にとってはまだ秘密がありまして…

実はですね。一番最初にサイトを見た時…
まだ、投稿作品がなく「サンプル画像」だけだった時…

一目見てマジで驚きました。
だって、サンプル画像として載っている方々…
お一人を除いては、「面識のある方」だったからです。

見るまでまったく知りませんでしたからね。(苦笑)

いやはや世の中狭いモノです。
って言うか、業界が狭いのでしょうか? でも、なんの業界?(笑)

未だに、「ようやく、TARGIE SHOW みられたよ!」なんて
声をかけてくれる方もいらっしゃいます。

いろんな意味を含めまして、あの場所にいられる事に感謝いたします。
関わって頂いた皆様、ありがとうございました。(多謝)


すっかり、動画投稿のできるコミュニティやサイトが多くなってきました。
そんな中にあっても、ぜひ「TARGIE SHOW」は、
他とは一線を画した、ギタリストがたくさん集まるサイトになって
盛り上がってくれたらいいなと思っております。

だって、今度はぜひ「投稿者」として参加したいじゃないですか!

という事で「TARGIE SHOW」および「TARGIE」の
更なる発展と繁栄を願いまして…
[PR]
by smoky_achar | 2007-07-17 11:27 | Charな話題♪
【 Char ライブレポ [Flying Toy's] @ 日比谷野音 '07/06/24 】
とうとう体験しました。 うわさの…


「雨の野音」


を…(笑)

当日の朝まで、まったく天気の事なんか気にしてませんでした(笑)

朝起きて、いや昼頃起きて(苦笑)初めて

「あ!」

と思いました。

でも、夕方には止むもんだと勝手に思ってました。

止みませんでしたねえ (泣)
仕方ないので、一応家からきちんと重装備を携えて野音に向かいました。

噴水広場を抜けると、野音の入り口付近を包み込む心躍る喧騒…

「だれもが了承済み」

それぞれに雨対策をしながら、集結してくるCharフリーク達を見て
なんかそんな感じを受けました。

会場に足を踏み入れ、最初に目に付いたのが、

「白のムスタング」

くそぉ~~! いやがおうにも期待は高まるじゃねえか!

「Flying Toy’s」と銘打たれた今回のツアー
「インストベスト盤」に伴うツアーである事から

「インスト曲が多いのでは?」と言う巷の予想…

しかし、メンバー見ると「3ピース構成」」…

「3人でインストメインはねえんじゃねえの?」

と、期待と不安がごっそりと入り混じってました。(笑)



今回の席は Bブロック7列 78番
2004年に見た時とほぼ同じ位置
ちょっと端の方だけど、結構見やすい!

しかも! 周辺の木々の枝が席の上位まで張り出して、
若干の雨よけになってくれたりして…


さあ、そんな中始まった「雨の野音」…

一言で言うならば、

「大人のRockコンサート」

でした。


選曲に若干のこだわりを感じましたね。

詳細なセットリストは、どうぞネットを徘徊して探してください(笑)


不思議だったのは、
「Guiters」とか「No Genaration Gap」とか…
今まで自分の中では「全体の1曲」的に感じていた曲が、
このセットリスト全体の雰囲気の中に入ると
妙にいい感じに聞こえた事なんですね。


途中の「アコースティックコーナー」も飽きせない構成って事でGood!
特に「All Around Me」はよかったなぁ…
アゴキ、なんであんないい音するん?(笑)

そして、なんと言っても

「Get High」

まぁ、かっちょいいこと、かっちょいいこと…

当然と言ってはなんなんですが、当バンド「Smoky」の
ベースのとっつあんも横で見ていたわけですが、
狂喜乱舞してました(笑)(ちょっと周りに恥ずかしい位に…(笑))

いつもの様にカメラ入ってたみたいだけど、
もし、なんらかの形であのライブが映像として見られるのなら、
絶対にカットして欲しくない曲ですね。
も一回見たい、聞きたい!

とまあ、この曲聞けただけでも「大満足かな?」と思っていたその直後…

更にそれを凌駕するとんでも無い曲が飛び出しました。

とは言っても、正統的に、Charの曲を聞きに来ていた方々からすれば
「どうってことない」な部類に入るかもしれません。
実際、俺だって知らない曲をあの位置でやられていたら、
ちょっと興ざめだったかもしれません。

しかし! 「コンクリートの壁にはさまれて」には、泣きました。
それまで、さびの合唱は付き合ってましたが、
全部を歌うと言うことのなかった俺も、この曲は一緒に涙しながら歌いました。

約30年ぶりに聞いたあの曲が、まさかCharの生歌生演奏で聞けるとはね。

しかも、(単なる気のせいかもしれませんが)ギターソロの部分、
あの「NSPのライブ盤」とかなり近いフレーズを弾いていたんじゃないでしょうか?
なんか聞き覚えのあるフレーズだったような気がします。

いやもう、ほんと参った… それまでのライブが全部吹き飛ぶ位のインパクトでした。


まあ、非常に個人的な好みの問題になりますが、
これで最後に「Smoky」をやらなかったら、
もう、すばらしいライブだったと、大絶賛したところでした(苦笑)

更に言うなら、「Apple Juice」、
「Natural Vibration」、
「からまわり」、
がなかったら、なんと「引き締まったライブ」だった事でしょう!

まあそれは贅沢か?(笑)


なかなかの「硬派ぶり」を感じるこのセットリストにおいて、
「白のムスタング」は非常にいい仕事してました。

ストラトだめだ!(笑)

音が上品過ぎるわ!


そういう意味でも3人で演奏した「Flying Toy’s」は圧巻でした。

結局終わってみれば、あの雨も(まああの程度で済んだからですが)、
ある意味「ライブのアクセント」になっていたような気がしてます。

野音にこだわるCharを見に行く身だからこそ
体験できる様なもんじゃないですか?(笑) 普通いまどきありえねえもんな…


と言うことで、「ったく、Char足ほせぇなぁ」と言う思いを残し、
野音を後にいたしました。

あぁ~、楽しかった(笑)
[PR]
by smoky_achar | 2007-06-25 13:20 | Charな話題♪
【 [THE TARGIE SHOW]結果発表!! 】
ようやく結果が発表されましたね。

当Charトリビュートバンド「Smoky」の演奏がサンプル画像として
掲載された、ギタリストの為のコンテストコンテンツがひと段落しました。

やっと書けますよ(笑)

いやね、結果が発表になったらあの撮影の裏話でもしようと思って、
ずっとタイミングを見計らっていたのですが、
なかなか発表にならなかったでしょ?

何度も先に書いちゃおうかと思ったのですが、
「じっと我慢の子」でございました。(笑)

「なりきり Char」部門のグランプリは、

山口県のおかまバンド?(苦笑) 「ケンコちゃん」でした。

最初見たときは、「単なる色物」かとも思ったのですが
どうしてどうして、かっこいいじゃないですか!
あの格好をしなくても充分なものだから、
かえってそのミスマッチがよかったりしてね。

大体、あのベースの人すごいよね。
まさか「Smoky」を完全チョッパーでやるとは…
「江川ホージン」かと思っちゃいました(笑)

本人コメントでは、
「完コピできたらプロやんっ!」
なんて言ってますが、かなり完コピに近いと思いますけど…

とまあ、何はともあれおめでとうございました。

他の各部門、各賞のみなさまもおめでとうございました。


さて、ではあのサンプル画像のお話…

都内某スタジオにて極秘裏に(笑)撮影は行われたわけですが、
俺…、いつもスタジオで練習する時に
あんな格好してるわけじゃありませんから…(笑)

「からくりTV」をご覧になった方はおわかりと思いますが、
通常はスタジオでも「ハットなし」「○○なし」で、普通にやってます(苦笑)

あれは、あくまでライブモードですので…

で、普通に見たらわからないのですが、あの映像かなり編集されてまして、
実は、ちゃんと丸々一曲フルに演奏したのですが、
あの長さに編集されてるんですね。

なので、もちろん途中の「Tulululu…」の所もあります。
実はその部分が「CTB Smoky」としては、
一番の見せ場なんですけどねえ(笑)残念です。

でも全く編集されてるなんてわかりませんよね?
さすがプロの仕事です。凄いです。

「音のバランス」といい、あのカメラワークといい、
あの狭いスタジオの中で、瞬時にベストを見つけ出して
いろいろやっちゃいますからねえ、
なんでも「プロ」ってのは、ほんとに凄いな…と…


さあ、そして「Char本人のコメント」に付いてです。

いや、初めて見たときは本当にびっくりしました。
「Char本人がコメントしてくれる」と言うのは
事前に教えてもらっていたのですが、
ほんとちょっぴりだと思ってました。

それがいきなり、画面いっぱいの「aChar」の文字でしょ?
ほんとおに、最初は「Char」って表示されてるのだと思ってましたから…

しかしあれですね、営業トークと言いましょうか(笑)
齢を重ねて、すっかり「ほめ上手」になってしまってますね。

「今はあんな風には弾けない」なんて言ってますが、

「そんなわきゃない」わけでして…(笑)

その辺りも含めまして、
書きたい事はたくさんあるので、又の機会にでも…


って、まだ「おやじバンドフェスティバル」も完結してないんですよね(苦笑)
[PR]
by smoky_achar | 2007-06-01 19:22 | Charな話題♪
【 ジョニー吉長 58th バースデー(JL&C)ライブ@クロコダイル(後編)】
[中編]の続きです。

ではいつもの様にセットリストから…(笑)

PINK CLOUD
WHY AREN'T YOU READY
YOU KEEP SNOWIN'
TODAY IS THE DAY
CLOUDY SKY
IN MY POCKET
WOULD YOU LIKE IT
OPEN YOUR EYES
風に吹かれてみませんか
金星のライオン
ONLY FOR LOVE
BABY YOU'RE MINE
CROSS ROADS
籠の鳥
SONG IN MY HEART
FINGER
WASTED
<アンコール1>
JEFF'S BOOGIE
<アンコール2>
FUTURE CHILD


aCHOさんから頂いたコメントより
全修正しました。
これが正解のようです。


実は!
移動した、マーちゃん前の位置から
モニターにに張り付けてあった
セットリストが見えてしまったんです。

その時数えたら、17曲ありました。
アンコールでやったJEFF'S BOOGIEが
入っていないで、17曲だったので
一曲足りませんね(苦笑)

(修正版を見て思ったのですが、「金星のライオン」は
見たセットリストには入ってなかったように思います)

とまあこのセットリストを見てもらえば分かるとおり
完全に「PINK CLOUD」の復活ライブでした。

見に行けるとは思っていなかった時に、
一番やって欲しくないパターンのセットリストでした。

会場に入ってすぐ、ドラムの後ろに燦然と輝く、
「JLC」のおなじみの三色旗が目に入りました。

これを見た瞬間、ライブの内容もちょっと予想できました。
ちらっとセットリストの紙が目に入ったとき、
内容を見ようか?見まいか?とても悩みました。
この苦悩わかりますよね?(笑)

でも、JLCのライブなのか?セッション的内容なのか?
をどうしても、確認せずにはいられなかったんです(苦笑)

このセットリスト、この近さで始まったライブ…
それはもうあまりに現実離れしていました。
終始「夢を見ているような感じ」でした。

去年あたりは、都内近郊のCharのライブには
ほとんど足を運びました。
JLC時代の曲を演奏されれば、かなりウルウルして見てました。

でも、不思議な事に今回「感動して目頭が熱くなる」
と言う事がほとんどなかったんです。
それは、やっぱりあまりにも現実離れした状況だったから
だと思うんですね。

チケットが手に入ったこと、そして自分の立っている位置…
「あれは夢だったんだよ」と言われても
まったく違和感がない感じです。

これがね、もっと大きな会場で、(武道館とかさ…)
「JLC復活ライブ!」と公式に銘打っていたなら
また違った感動の仕方だったと思うんですよ。
 
しかしまあ、あの人たちは凄いよ!(苦笑)
ジョニーの細いこと細いこと…
しかも、ジョニーもマーちゃんもかなり
飲んでいたんじゃないかなあ?(苦笑)

あれでよくライブができる…
マーちゃんなんか、4、5回は
「最初のコードなんだっけ?」
とか
「キーはなんだっけ?」
って、ローディの人や、Char本人に聞いてましたからね。
なのに、実際に曲が始まると、ほとんどミスなく
マーちゃん節のあのベースラインを弾くわけでしょ?
神がかってます。
なんか仙人みたいに飄々としたオーラを出してるしさ…

Charはストラト一本で通しました。
ムスタング使ってほしかったなぁ~
いつもの機材をそのまま使ってましたからね。

ギターサウンドとしては、JLCの音じゃなかったですね。
それがよかったのか?悪かったのか?微妙です。
とにかく、Charの音ではありましたが、
JLCの音ではありませんでした。

最初に見たセットリストでは、
FINGER
FUTURE CHILD
WASTED
となっていました。
でも、FINGERが終わったところで
Charが、「WASTED行きます」みたいな事を言って、
FUTURE CHILDはアンコールに回ったんですね。

ここでも、マーちゃんが「最初どんなだっけ?」
ってCharに聞いてましたね。(笑)
すると、Charは「ABCDです」って何度も…
そしたら、ジョニーがふざけて
「ドラムはどうだっけ?」って聞くもんだから
Charは最初真剣に答えたりして…
ジョニーは爆笑してましたけどね。

PAの音はボーカルだけ聞こえました。
ベースも、ギターも、ドラムも目の前の生音の
方が大きく聞こえました。

普通、ステージかぶりつきでアンプ直の音を聞くと
多少作りこまれたPAから出てる音と違って
ちょっとしょぼかったりすることもあるのですが、
そこはさすがですね。
卓越した演奏力がダイレクトに伝わってきました。

JEFF'S BOOGIEでは、意図してか、DEEP PURPLEの
「LAZY」のフレーズが飛び出したり。
FUTRE CHILDの最後は、「BALCONY」のイントロが
飛び出したり(たぶんだけど)

すばらしいライブを体験できました。

なんかね、アンコールの拍手が少なかったんですよ。
実際、前のおねぇさん達は拍手してなかったし…(苦笑)
でも、でも、もしかしたら、前の方の人達は
拍手もできない状況かも?と思ったんですね。
後で聞いたら、やっぱりそうでした。
手も下におろしたまま上げられない位の状況だった様です。



3/21に夢を見ました。
ジョニーとマーちゃんとCharが同じステージに
立って演奏する夢です。
場所はクロコダイルと言う普通のライブハウスでした。
マーちゃんに手が届きそうな位の場所で見ました。
マーちゃんのベースの音がブンブン唸ってました。
ジョニーが細い体で、例のちょっとルーズっぽいリズムを
刻んでいます。
ふと向うを見ると、Charがブルーのストラトを
弾きまくっています。
一切のMCもなく、黙々と演奏しつづけるCharがいました。
名曲の数々をたくさん聞くことができました。
ほとんど身動きがとれず、ちょっと辛かったけど、
すばらしい夢でした。

そんな、奇跡のような夢を俺に見させてくれた事に
関わってくれた全ての方に感謝します。

ほんとうにありがとうございました。

今更ながら、この文章を書きながらヒシヒシと
凄い事に立ち会えたと言う感動を感じています。
今になってジワジワと目頭が熱くなる思いです。

自分がaCharである事が本当にラッキーの思えて
仕方ないんです(苦笑)

なんとかバンド活動を通して恩返しできる様に
がんばりますね。

繰り返しになりますが、言葉にできな程感謝しております。
ありがとうございました。
[PR]
by smoky_achar | 2007-03-22 08:16 | Charな話題♪
【 ジョニー吉長 58th バースデー(JL&C)ライブ@クロコダイル(中編)】

[前篇]の続きです。


「5時頃現地にいてくれればいいかな?」

と言う事でしたので、5時ぴったりに現地に到着しました。
既に、待ち合わせをしていると思しき人達がチラホラと…

「チケット譲ってください」と書いた紙を持って
入口に立っている方もいらっしゃいました。

後で聞いたところによると、この方チケットを
ゲットできたらしいんですね。凄いです!
やっぱり、何事もやってみるもんなんですね。(感慨)

開場時間の18:00に近くなったころ、
係員の指示で整理番号順の列が出来始めました。
それとほぼ同時刻に、今回チケットを譲ってくださる方とご対面!

山形からはるばるみえた方でして、
なんでも一緒に来るはずだった方が急に仕事の都合で
来られなくなったとか… 
なんかねえ、その来られなくなった方の気持ちを考えると
ちょっと胸が痛いですよね。
しかもその方、地元でCharのコピーバンドをやっている
バンド仲間だそうで…

列に並んで待っている時から、ギターやアンプ、
そしてバンドの話等たくさん出来て待ち時間も苦になりませんでした。

実は整理番号なんてもうどうでもよくてですね(笑)、
「あまりよくない」とは聞いていたものですから、
なぜか勝手に300番台だと思っていたんです。(苦笑)
それがなんと160番台だったんです。

悪くないじゃないですか?(喜)
次から次へと信じられない展開でして、
不思議な気分は増すばかりでした。
しかも、列の前は6人位先まで知っている顔ぶれ…(笑)

すぐ前は、何度も「Smoky」のライブを
見に来ていただいた方…
この方、いつも息子さんを連れていらっしゃるのですが、
今回も親子二人連れ…
お父さんかっこいいんですよ。だから、息子さんもカッコイイの!

そして、その前は「幕の内」と言うCharのトリビュートバンド
のメンバーのお歴々…

完全に続き番号で知ってる顔ぶれでしたからこれにも驚きでした。

更に周りを見渡しても、ご挨拶をしなければならない人が
結構いらっしゃいまして…(笑)
そういう人達が揃ってチケットを持っているって事が
なんか不思議でしたね。

あいさつが済むと、必ず
「よくチケット取れましたね」
って、ついついみんなに言ってしまいました。(苦笑)

俺たちが入場できるまでほぼ一時間…
ドリンクカウンターでドリンクを受け取ったのは
いいのですが、この時点で既に会場内は身動きできない
状態だったんです。

ドリンクカウンターを通り過ぎそのまま
前方に出たのですが、これがラッキーでした。
マーちゃん側、前から5、6列目位をキープ…
いつも、俺たちがライブをやっているライブハウスの
大きさですからねえ、それでもマイクスタンドや
アンプはすぐそこ…

この距離でJL&Cが見られるってだけでも凄い事ですよ。

で、横を見るとやっぱり知っている顔…(爆笑)
怖い位でしたね。

しばらくそこに居ると、スタッフの方が
「もう少し前に詰めてください」
と指示を出してるんですね。

どうやら、全然入りきらないらしいんです。
さらにしばらくすると、同じスタッフが俺のすぐ前の
お客さんをステージ下手、楽屋入り口方面に
案内してるんですね。

と、同時に! チケットを譲っていただいたKさんが
俺の腕を引っ張って、同じ方向に…(笑)

なんでも、どんどん前に詰めさせる為に、
楽屋入り口付近に置いてあった荷物をどけて
そこへ付近にいたお客さんを案内してるって事らしいんです。

スルスルッとそこに誘導されるがままに付いていくと…
マーちゃんのアンプの前、最前列に辿り着いてしまいました。

ステージの正面には、鉄柵がありますからね。
いくら最前列でも、この近さにはなりません。

マーちゃんまで1m、ジョニーまで3m、Charまで5m弱
と言った状況…

ここだと、ステージ上とほぼ同じ状態ですからね。(苦笑)
PAの音をちゃんと聞ける位置ではありませんが、
この近さは凄いです。 本当に手を伸ばせば届きそうな所…

しかし、それでもまだ入場は続いたみたいで、
既に時刻は20:00に近くなっていたんです。

ここで、ハプニング…
なんせ、すし詰め状態ですからね、身動きは取れない
酸素も薄くなっていたんでしょう、トイレにも行けませんからね。

女性のお客さんの一人が倒れてしまいました。
場内騒然ですよ。

そりゃ、「一人でも多くのお客さんを…」と言うのもわかりますが、
その人数をさばく段取りやら、技術的な面やら、多少欠如していた
と言わざるを得ませんでしたね。
疲れ、イライラ… かなり危険な状態だと言ってもいい位でした。


そして、20:00を過ぎた頃…
とうとう、メンバーがステージに登場したのでした。

つづく
[PR]
by smoky_achar | 2007-03-22 08:12 | Charな話題♪