<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


カテゴリ:バンドの三方山(ミモヤマ)話( 36 )
2012年 あけましておめでとうございます。

みなさま、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

って、ずいぶんご無沙汰してしまいました。

きっと、中には CTB Smoky 消滅したか! と思っていらっしゃる方も
おいでかもしれませんが、大丈夫です!生きています!

本来なら、2012年あけましたら、ライブを一発かます予定で、
スタジオにも入っていたのですが…

ちょっと、わたくしのプライベートな問題で、
予定が滞ってしまっております。m(__)m

メンバーにも、迷惑をかけちゃってます。


準備が整い次第、ライブもやりますからねぇ~!

どうぞ、楽しみにしていてくださいね。


そうそう! 「からくりTV」で共演させてもらった、
瑠璃ちゃん、玲君からも、年賀状来てました。

瑠璃ちゃんは、もう中学生になるんだそうな… びっくりだよね。

そしてなにより、「超美人さん」になってるよ。

みんな見たら、驚くよ。 ほんとに!
[PR]
by smoky_achar | 2012-01-05 14:09 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 CTB Smoky メンバー募集します!! 】


※※※※ メンバー募集は終了しました。 ※※※※
たくさんの、お問い合わせ、ご応募ありがとうございました。



お久しぶりです。 aCharです。(笑)

aCharのキャラでの
Blogの書き方忘れました。 (爆)

えっと、

ドラム募集!!

そして

ベース募集!!

いたします。

なんとなくお気づきかと思いますが、
オリジナルメンバーによる「CTB Smoky」は
俺一人となってしまいました。


実は、2009年の12月に
新しくキーボードも加わって
新生の「CTB Smoky」としての
ライブが決定していたのですが、
このライブをキャンセルしなければならなくなり、
そこから一気にバンドとしては終焉をむかえてしまいました。


結局、新しいメンバーでは
一度もライブはできませんでした。(泣)

キーボードの入ったSmokyの演奏を
ぜひお聞かせしたかたんですけどね。(無念)

当初から、「Smoky」というバンドは
一生続けられるバンドを想定していましたので、
能天気な俺でも、結構打撃をうけまして(苦笑)
一時はギターを弾くことも忘れておりました。

それでもまぁ、なにもやらないのもなんなんで
これから春に向けまして、心機一転…

新しいメンバーを募集します。


特にあわててもいません。
気長に待ちますんで、よろしくお願いします。


それまでは、ギター一本、ソロで活動しようと思っております。

そちらの方もよろしくお願いしますね。


お問い合わせ、お申し込みは下記メールアドレスまで、お気軽にどうぞ…
togyushi@hotmail.com
[PR]
by smoky_achar | 2010-01-28 14:25 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 勝ち抜きサマールーキーズ'08 審査員体験記 @吉祥寺 Black&Blue 】
昨日告知しました様に、
吉祥寺ライブバー「Black&Blue」主催

「勝ち抜きサマールーキーズ'08」

の審査員を、僭越ながらも勤めさせていただきました。

こお~~~んな、審査員席まで作っていただいて…

c0032353_1112050.jpg


いい体験をさせてもらいました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。

いっしょに審査員をした、[The B.B.Boogie]
松原さんもありがとうございました。

そして、エントリーバンドのみなさん、お疲れ様!

普段から、割とタイバンのみなさんの演奏も、
いろいろとチェックしながら聞く方なのですが(苦笑)、
「必死」と言う「形容動詞」をつけて、
バンドを聞くというのも、非常に珍しいことでした。(笑)

悩みました。本当に悩みました。
久々に、アタマを使いました(笑)

更に、審査をするという事の難しさも思い知らされました。

という事で、思った事をいくつか…


★お客さん
コンテスト形式で、お客さんにも投票の権利がある場合は
お客さんを集めたバンドが断然有利になります。
「お客さんを集められる」=「実力がある」
この方程式が成り立つ場合と、成り立たない場合があります。
でも、現実として勝つのは「お客さんを集めたバンド」
なんですね。

★ドラム
バンドをやればやるほど、「バンドってのはドラムだな」と
思い知らされます。
ドラマーのみなさん、バンドの命運はあなたの肩にかかっています。

★歌
歌の聞こえないバンドが、本当に多いです。
(昨日のライブに限らず)
これは非常にもったいない!
オリジナル曲をやっているバンドは特に…
せっかく書いた歌詞が伝わらないって、
もったいなくないですか?

発声や、マイクの使い方はもちろんですが、
リハの時に、客席での歌の聞こえ具合に、
最大限の気を使いましょう!

楽器の音を落としてでも、歌を聞こえるように
するべきです。
通常PAさんは、それに関しては最大の努力を
してくれているはずですから…

ちょっと興味の出てきた方は、
若い連中のバトルを観戦してみてはいかがでしょうか?

今夜もバトルは続きます。
[PR]
by smoky_achar | 2008-08-07 11:15 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 勝ち抜きサマールーキーズ'08 審査員 @吉祥寺 Black&Blue 】
いつもお世話になっている、吉祥寺のライブバー

[Black & Blue」ですが、この時期恒例の
バンドバトルがあるんですね。

その名も、
「勝ち抜きサマールーキーズ」
と言うのですが…

一時、なんとか当バンド「CTB Smoky」も
出演出来ないものかと思っていた矢先…

「審査員やってもらえません?」

との、お話…

「え? 俺がですか?」って話ですよね?(笑)

割と審査してもらうの好きな方なんですが(苦笑)
審査するとなるとねぇ~

ずっしりと、「責任問題」と言う4文字熟語が…(笑)

下手したら、そのバンドの運命変えかねないわけです。

審査する側の大変さが、音もなく、ひしひしと迫り来るわけです。

「そのあたりの精神的圧迫感に対する、
なにか免罪符の様なものが欲しいなぁ~」

みたいな事言っていたら、

「だれが点数をいれたかは判らないので、
刺されるような事はないと思いますよ」

だって… (笑)

とまぁ、そんな過程も経まして、
本日、おこがましさは残るものの、
「審査員」として、Black&Blueに出没させていただきます。

「勝ち抜きサマールーキーズ」

に関してましては、以下のページにアクセスしてくださいね。


勝ち抜きサマールーキーズ'08 出演バンド決定!!
http://homepage2.nifty.com/blackandblue69/rookies.html


って、俺もこのBlog書くにあたって、
上記のページ見たら、自分の名前が…(笑) たまげました…

では、今夜 吉祥寺にてお会いしましょう!!
[PR]
by smoky_achar | 2008-08-06 10:43 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 《プレミアムモルツの当選》 と 《ライブバー Black&Blue》 】

つい先日の事なのですが、ある懸賞に応募したら
こんなのが当たってしまいました。(嬉)

c0032353_1155399.jpg


「サントリー プレミアムモルツ 350ml缶 6缶パック」

この「プレミアム モルツ」… うまいんです!(笑)

かなりうまいんです。(更笑)

これが、
「アサヒスーパードライ 350ml 6缶パック」
だったとしたら、たぶんこの懸賞応募しなかったと思うんですね。(苦笑)

「プレミアムモルツ」…

独特の旨味があります。
独特のコクがあります。

休日のちょっと贅沢な時間を過ごすには
もってこいなビールなのです。

なんせ、ちょっとではありますが、通常のビールに比べますと
「いいお値段」ですからね。(苦笑)
そうそう飲めない品にもかかわらず、
この懸賞に当選したおかげで、贅沢な気分を
味あわせていただいているわけなんです。



さて、話は変わりまして、
吉祥寺にあります ライブバー 「Black & Blue」の話…

すでに、このBlogではお馴染みですよね。(笑)
なんと言っても、既に当 CTB「Smoky」のホームグランドと
なりつつあるライブバーですからね。

初めての方もいるかもしれませんので(笑)、
改めて基本情報を…

--------------------------
c0032353_1156110.gif
JR吉祥寺駅から30秒。
飲んで食って騒げるライブスペース

吉祥寺ライブバー
ブラック アンド ブルー

TEL/FAX:0422-22-4816
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-24-5ライトビル3F
URL:www.blackandblue69.com

MAP
c0032353_11562290.gif












--------------------------

ここまではよろしいですか? (笑)

俺は基本的に多量の酒は飲めないのですが、
ライブをやった後はさすがに、「一杯のビール」に
誘惑されるわけです。

また、これがうまいわけです。(笑)

更に、なぜか、このBlack&Blueで飲む
一杯のビールが妙に美味い!!

最初は、「ライブの後だからかな?」と思っていたのですが、
何かそれを超越した美味さがある。

単純にビールが美味いんです。

「なんか妙に美味いな…」 ずっと思ってました。(笑)

そしてある時…
カウンターの脇にはってあるポスターに目がいきました。

そのポスターには、

「サントリー プレミアム モルツ」と言う文字と
うまそうなビールの画像…

そうなんです!

「吉祥寺ライブバー Black&Blue」は
贅沢にも、通常販売の、基本の、生ビールに
「サントリー プレミアム モルツ」を使用しているんです。

納得してしまいました。 うまいわけだ…

では証拠に、Black&Blueのメニューを見て見ましょう(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ALCOHOL (\500)」
生ビール(プレミアムモルツ)
レッドアイ(ビール+トマトジュース)
シャンディーガフ(ビール+ジンジャーエール)
ウーロンハイ
緑茶ハイ
レモンサワー
ライムサワー
カルピスサワー
焼 酎(麦・しそ・芋)
ウイスキーシングル(サントリー角)
*ロック・水割り・お湯割り 各種有ります

「ALCOHOL (\600)」
コロナ
黒エビス
グラスワイン(赤・白)
梅 酒(ロック・水割り・ソーダ割り)
ウイスキーシングル(バーボン・スコッチ)
*ロック・水割り・ソーダ割り 各種有ります


「COCKTAIL (\600)「」
ジントニック
ジンリッキー
ジンライム
ウオッカトニック
スクリュードライバー
ブルドック
ブラッディーメアリー
モスコミュール
カシスオレンジ
カシスグレープフルーツ
カシスウーロン
カシスミルク
カンパリオレンジ
スプモーニ
カルーアミルク
テキーラサンライズ
ディタグレープフルーツ
ディタソーダ
ディタパイン
マリブソーダ
マリブコーク
マリブミルク
キューバリバー
あじさい(当店オリジナル!)


「COCKTAIL (\700)」
ソルティードック
ディタモーニ
ブルーハワイ

「COCKTAIL (\900)」
マティーニ
ダイキリ
メキシカン
ギムレット
ニューヨーク
ロングアイランドアイスティー


「SOFT DRINK (\500)」
コーラ
ジンジャーエール(辛口です)
オレンジジュース
グレープフルーツジュース
トマトジュース
パインジュース
カルピス
ウーロン茶
緑茶
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ね?
「生ビール(プレミアムモルツ)」
って書いてあったでしょ?

しかも、 500円…

「プレミアムモルツの生」を500円って
値段設定のお店ってなかなかないですよ。

更に、ライブが盛り上がってくると、終焉後は
「ドリンク100円引き!!」
とか平気でやっちゃいますからね。

そのお得度は計り知れないわけです(笑)

飲み物編でもう一点特筆すべきなのが
「ジンジャエール」…
「ウィルキンソン」のジンジャエールを使用しています。

若干好みの問題ではありますが、
「ウィルキンソン」のジンジャエールはほんと
しょうがの味しますからね。

それなりのショットバーでもなかなか使っている所は少ない逸品…
これを使った「シャンディガフ」は大人の味ですわ!(笑)

カクテル類にしても、出来合いのものではなく
一杯ずつ作ってくれます。


そして、食べ物のメニューを見て見ると

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<食べ物>
  ミックスナッツ (\500)
  チョコレート盛り合わせ(\500)
  トルティーヤチップス(\500)
  特製ピクルス (\500)
  特製ホットドック (\500)  "人気No1!"
  生ハムとチーズのクラッカー
  チーズ&サラミのクラッカー
  ビーフジャーキー (\600)
  フレッシュトマトとクリームチーズ(\600)
  おつまみ塩焼きそば (\600)
  ジャンボ&ザワークラウト (\600)
  鶏肉のチリソース煮(\600)
  ボイルウインナー(\600)
  さっぱり!牛のタタキ(\600)
  おつまみ盛り合わせ(\800)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


どうです。充実してますよね。
しかも、「冷凍モノ」とかじゃありません。
一工夫ありの手作りモノが多いんです。

「ジャンボ&ザワークラウト 」…

まぁ、フランクフルトなのですが、
ザワークラウトはちょっとカレー風味を
加えたオリジナル品…

これがまぁ~ プレミアムモルツに合うわけです。

とまぁ、おわかりの様に「ライブバー」の「バー」の部分も
非常に充実したお店であるわけなんです。

当、CTB「Smoky」のライブがない日も、
ぜひ 吉祥寺にお寄りの際は、「ライブバー Black&Blud」で
おいしい音楽、
おいしいお酒、
おいしいおつまみ、
にて、楽しいひと時をお過ごしください。

既にお気づきの通り、
どうやら俺はBlack&Blueの回し者の様です(嘘)

その証拠に、明日 7月1日(火)には、
前回タイバンしていただいた「Wine’s」が出演する様ですので、
フラッと 吉祥寺に出陣しまして、Black&Blueにて
火曜の夜を過ごしてみたいと思っております。

お近くの方はぜひお寄りください、aCharを見かけましたら、
ぜひ声を掛けてください。

「プレミアム モルツ」のいっぱいもおごらせていただきますよ。

但し! 関係者はだめだからね! (笑)
[PR]
by smoky_achar | 2008-06-30 12:09 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 目指せ! 日テレ「Gスタ」スタジオ収録 8之巻 】
俺のサウンドチェックが終わるのとほぼ同時に
チュートリアルのお二人がスタジオに登場!

「M-1」チャンピオンですからねぇ
と言うか、それ以前から当然TVで見てましたし、
割とお笑いも好きですから、
「もしかして声を掛けることができるかも?」
なんて思っていたのですが、
全く接点なんてありませんでした。(笑)


サウンドチェック終了後、一旦控え室に戻ってしばしの
まったりタイム…

そして、21:00過ぎにいよいよ本番収録スタートとなったのでした。


先ずは、ダイアモンド☆ユカイ氏の登場シーンから…

のっけからユカイ氏の発言、一言一言でスタジオ内大爆笑ですよ。

もちろん、バラエティ系の番組によくあるバックに聞こえる
「スタッフの笑い声効果」もあるのでしょう…
若干大袈裟とも思える笑い声ではありますが(笑)
それを抜きにしてもユカイ氏の一言一言はとにかくおもしろい!

そして、それに突っ込む東野さんのコメントもまさに「当意即妙」…
「プロ」を感じましたねぇ~


1シーン1シーン毎に区切って撮影が行われるわけでして、
「オヤジギタリスト」登場の準備をしている間に
東野さんからユカイ氏に、番組の説明が行われたんですよ。


俺ね、実は多少の仕込みと言うか、設定と言うか
流れみたいなものが既に出来ていると思っていたんです。

でも、ほんとうに「ガチンコ」でした。(苦笑)
ユカイ氏はほとんど何も知らない状態でスタジオ入りしてたんですね。
東野さんの説明にて、「はじめたわかった」と言う感じでした。

説明を受けながら、手に取ったテーブルの上の「オヤジギタリスト・リスト」
オンエアーでも時々映ってましたよね。

あれを手に取ったユカイ氏はこんな一言を漏らしました。

「DeepPurpleが3曲もあるじゃん! 勘弁してよ…」

と…

お分かりでしょうか? この時点で、
控えていたオヤジギタリスト…全滅… みたいな(爆笑)

リッチーブラックモアなんて好きじゃないんだってさ! (苦笑)
ハードロック系ギタリストダメなんだってさ!

とまあ、実はそんな感じでユカイ氏のコメントは絶好調だったんですよ。(笑)

オンエアーではたぶん9割以上カットされていたんじゃないかな?


なので、「Burn」を演奏したトップバッターの深澤さんが終わった時点で

「俺、マーシャルの音嫌いなんだよね」とのコメント…


当然用意されているアンプは「マーシャル」なわけでして、

「じゃぁどうすりゃいんだ!」

と、控えブースも大盛り上がりなわけですよ。

控えブースにも大きなモニターと音声用スピーカーが用意されてまして、
なんだか普通に自宅にてテレビを見て大笑いしてるのと
ほぼ同じ状況になりつつありました。

しかもユカイ氏のコメント「フルヴァージョン」ですからね(笑)

それがテレビ番組と言うものなのでしょうが、
あれだけの爆笑トークがばっさりとカットになって、
消えてしまったかと思うとほんともったいない気がしますねえ。


と言うわけでチャレンジしたギタリストは…

<出場オヤジギタリスト>
出場者①相模原のアドリブマスター! 深澤靖生
            DEEP PURPLE 「BURN」
出場者②新橋のゴールドフィンガー! 竹本眞章
            DEEP PURPLE 「Highway Star」
出場者③原宿のメタル社長! 結城信久
            Ozzy Osbourne 「Crazy Train」
出場者④さすらいのV小僧! 清水秀樹
            Roxette 「Hot Blooded」
出場者⑤練馬の完コピマスター! アチャー
            DEEP PURPLE「Highway Star」

の5人…

結果はご存知の通り、「玉砕」…(笑)


全員が全員と言っていいほど、

東野さん:「よかったんじゃないですか?」
ユカイ氏:「う~~ん、よかったんだけどねぇ 云々かんぬん…」

と言った感じ(笑)

オンエアーでは、俺の演奏終了と同時エンドロールが流れてましたからね。
ほとんどコメントらしきものはなかったでしょ?

でも… ほんとうは違うんですよ。(笑)

「<うたスタ>もそうなんだけどさぁ~ モノマネはダメなんだよ!」
「Charでしょ?」
「Charとか、リッチーブッラクモアじゃなくてさぁ、オリジナルなんだよね」
「しかも、ムスタング音悪いね!」


とまぁ、わかり安い言葉でいいますと「ボロクソ」…(爆笑)

あの上下動するステージの下がりきった場所で、
さめざめと泣いていた俺の姿を想像してください…

なぁ~~んて、うっそぴょ~~ん♪ (笑)

全て織り込み済みで「アチャー」の格好で出たのですから、
そのあたりは別にいいんです。

でも… ほんとギターの音はイマイチ納得いかない所ですね。
普段はあそこまでペラペラの音じゃないんすけどね(笑)

そして、本番で自分で納得できる演奏が出来なかったのも
「選ばれる/選ばれない」に関係なく悔やまれるところです。
まぁ、それが実力と言えば実力なんでしょうけどね。


と言うわけで、とにかく楽しませていただきました。
1次審査、そして本番収録、貴重な経験をさせていただきました。


割とイベント好きじゃないですか?(笑)
「テレビに出た」なんてほんといいネタですよね。
その瞬間も文字通りワクワク感一杯で楽しませてもらいます。

でも、もっと貴重だなと思うのはそういうイベントとか
なんやらに参加すると、不思議なネットワークと言うか
人とのつながりが出来ることなんですよね。


収録が終わり、「電車帰宅組」と「マイカー帰宅組」に別れました。
でも、同じ話題が出たんです。

「このメンバーで飲み会やりましょう!」と… (笑)


と言うわけで、「鉄は熱いうちに…」って事で、
2008年 4月12日に決行されました。

その模様に付いては、また機会を改めて…(笑)



さてさて、これにて【 目指せ! 日テレ「Gスタ」スタジオ収録 】
のお話は一旦終了でございます。

収録の内容についてもっと知りたいと言う方は、
どうぞ「aChar(アチャー)」のライブにいらして、
声を掛けてください。
たっぷりとお話いたしますよ(笑)
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-14 13:02 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 目指せ! 日テレ「Gスタ」スタジオ収録 7之巻 】
2008年 4月 5日(土)

日本テレビ 「うたスタ」特番、「Gスタ」最後のコーナー

「ギタスタ」

ご覧いただけましたでしょうか? (笑)


まさに、最後の最後の2分間位だったでしょうか?


「aChar(アチャー)」出演してましたね。(苦笑)


しかし! 申し訳ありません。(激謝)

演奏イマイチでしたね。(笑)

あの場のプレッシャーの方が、21対5 位のスコアで勝っていたようです。
ほんとはそれじゃダメなんだけどね。

瑠璃ちゃん達を見習え! って話よね。(笑)


と言うわけで、せっかくの「当事者」なので裏話なども差し支えない程度に少々…


収録は、最初の予定通り 3/28(金)の夕方から行われました。
場所は麹町の旧日本テレビのスタジオです。

最初は世田谷の方の某有名収録スタジオが予定されていたらしいのですが、
変更されて麹町の日本テレビに…

入ってすぐのスタジオでは、
春の特番 「世界の超決定的瞬間!」とか言う番組の収録が行われている様子…

キョロキョロとあたりを見回しながら、控え室へ…

さっそく収録の流れの説明&質問タイム、その後すぐにお弁当タイム!

バンド関係にて、只でありつける弁当第三弾! (笑)


若干のまったりタイムを過ごす間、収録スタジオでは
バックで演奏を担当していただけるミュージシャンの方々の
サウンドチェックが行われているとか…

うっすらと音が聞こえてくるんだよね。

いよいよ… って感じです。

それが終わると順番に一人ずつサウンドチェックが行われる予定でした。

「カメラのチェックとかもあるので本番と同じ格好で」

との事でした。

なので、着替えようとしたのですが、ここで大問題発覚!

またですよ。(苦笑)

最近、そんなのばっかり…(泣)

あまりにもみっともないので、この大問題の詳細は公表しません(笑)


さあ、いよいよサウンドチェック… 実際の収録スタジオに入ります。

収録スタジオには実は、2つのコーナー分のセットが組まれていました。

「Gスタ」の最初のコーナー、「わだスタ」のセットと「ギタスタ」のセットは
ちょうど向かい合わせのような位置関係にて組まれていたんですね。

しかしまあ、どちらもきらびやかですよ。
テレビを見ていても豪華なスタジオセットって、なんとなく凄いんだろうなとは
思うものの、やはり本物を目の辺りにするとー その迫力にー 労力とかお金とか
考えちゃいますよね(笑)

出演者の控える場所は、そのセットからは幕で遮断されたスタジオの隅でして、
そこから順番に実際のセットに入って演奏するわけなんですね。

サウンドチェックも出演順と同じに行うと言うことで、俺は最後…

最初は、「Burn」を演奏した深澤さん…

最初はとにかく音のみのバランスを取るとの事でして、
いきなり「Burn」のイントロが…

かっこいい!! スタジオ内に響き渡る「Burn」のイントロ…

なんせバックは名だたるプロの方たちばかりなわけですから
それだけでも素晴らしい経験ですよね。

滞りなく進む、サウンドチェック…
あっという間に、自分の順番…

ご覧になった方はおわかりと思いますが、
本番は「せり上がり」で登場ですからね。
セット自体が、一段高い作りになっているわけなんです。

サウンドチェック時の最初はこの「せり上がり」は
あがりきった状態から始まります。

階段から楽器を抱えてセットに上がり、
ミュージシャンのみなさん、スタッフの皆さんにまずは挨拶…
そして、エフェクターのセッティング。

用意されたアンプは 「Marchall」の「JCM-2000」

「JCM-2000」って、ちょっと音質固めなんですかねぇ?

なんかモロに「Mustangの弱点露呈」みたいな感じになってしまって(苦笑)

結構ゲインあげてるんですが、ペラペラと言うかショボショボと言うか、
それに加えて最初に弾いたときは、自分の音しか聞こえなくて(泣)

モニターを上げてもらうようにお願いしたんですが、
若干結構不安の残るサウンドチェックとなったわけです。

貴重なプロの方との演奏を楽しむなんて余裕は、微塵も生まれてきませんでした。


こんなんで本番大丈夫なのかぁ? (笑)
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-07 11:29 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 目指せ! 日テレ「Gスタ」スタジオ収録 6之巻 】
開けられたドアの向こうに広がるのはかなり大きなリハーサル室…

窓際には先ほど面接をしてくれたディレクターさん、
そしてその横には明らかにディレクターさんより
偉そうな方々が数名…

周りにはスタッフと思われる方が結構な人数…

よく見るオーディション風景です。

その前、中央にて、アンプをセッティング…
静寂の中でエフェクターを調整する手も震えそうな
緊迫した空気なわけですよね。若干怖いくらい…(笑)

まずは、音量調整…

スタッフに渡した、持参したCD…
「Deep Purple」の「Highway Star」が始まりました。

軽く音量のバランスを見るために弾いてみます。

「う~~ん… なんか割といい音!」(笑)


音量のバランスもOK! 「それでは…」


って事で、いよいよ本番…

合図によって、再度「Deep Purple」の
「Highway Star」のイントロが始まりました。


それに合わせてギターを弾く俺…

なんかね、変な気分でした。

だって、CDに合わせて、結構な大音量で、
しかも曲がりなりにも「審査」してもらうと言う状況で
ギターを弾くなんて…

30年前、部屋にこもってコソコソとやっていた事そのままを
今は日本テレビの新社屋にて…(笑)

そうなんですよ!「変な気分」と言うより、

「非常にいい気分」だったんです(笑)

こんな事滅多にある事じゃありません。

そんな気分も手伝ってか…

今までも散々やってきたライブをもしかすると超えるかもしれない
って位、満足度の高い演奏しちゃったんです。
たまにゃ、そういう事もあるんですね。(苦笑)

ほんと自分で言うのもおかしい話ですが、
ほぼ完璧…自分でも信じられない位ノーミスにて
「Highway Star」一曲弾き切りました。


もう満足です! いや、本当に満足だったんです。


ギターを始めたばかりの頃、おぼつかない指の動きで
何時間も「Highway Star」を弾いていた俺よ!

30年経った今、こんな場所で、こんなに人に見てもらっている中で
君が弾いていたのと同じ「Highway Star」を弾いたよ。

しかも、めちゃめちゃ気分良く…

ほんとうに負け惜しみじゃなく、
「これで一次審査に合格しなくても本望だ」
と思いました。

いや、ほんとおおおおに… ですから…(笑)

だって、30年も細々とやって来たことが
全て肯定されたような感じじゃないですか?

なかなか、こういうすがすがしい気分になる事なんてないもの…


とまあそんな感じで一曲弾き終えた所で、ディレクターさんが
「結果は直接連絡します」と…


そして、「曲はどうしますか?」と言うんですね。

最初から「70年代洋楽ロック限定」と言う事で話をもらっていたのですが、
どうやら「絶対にそれでなくてはダメ」と言うレベルでもなさそうなのです。

「ジャンルを絞ったほうがクライアントさんがわかりやすいかな?」
と言う配慮の元に出てきた縛りだったようなんです。

早い話、なんか気を使っていただいたみたいで、
「Charの曲でもいいですよ」
的な話なんですよ。

一瞬は「えぇぇ?? そうなのぉ?」と思いました(笑)


最後に
「もし一次審査を通ったなら最終的に楽曲は決めてください」
と言う事で、一応「実技審査」は終了したわけです。

いやいや、もう、ほんと、楽しかった。
いい経験させていただきましたよ。

演奏が終了しますと、後は流れ解散…
と言うか、片づけをして一人一人終わった順に担当の方が
出口まで連れて行ってくれるという方式でして…

さっさと、aCharから、素の自分に戻って
「日本テレビ」新社屋を後にしたわけです。


若干にニヤニヤしながら、新橋の駅から家に帰りました。(苦笑)


そして、翌日、月曜日の夜…

早々と、運命の携帯のベル(?)が鳴る事となるわけです。
(本当はバイブだけど…(笑) )



さあ! と言うわけで、いよいよ明日

4月5日(土) 13:30~

日本テレビにて、「うたスタ」の春特番、

「G スタ」

が放送されます。

いくつかにコーナーが分かれている様でして…

俺達が参加したコーナーは「ギタスタ」、

和田アキコさんとの共演者をさがすコーナーは 「ワダスタ」、

そして、居酒屋和民の新しいステーキソース開発者を探すコーナー等…

なんだかおもしろそうな内容になっています。


果たして、aChar(アチャー)は一次審査を通過して
本番収録に参加することが出来たのでしょうか?

明日のお楽しみです!!


結局 aCharは出なかったとしても、
他の「オヤジギタリスト」の活躍をぜひご堪能ください!


乞うご期待です!
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-04 10:00 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 目指せ! 日テレ「Gスタ」スタジオ収録 5之巻 】
裏門の様な所から、ギターを抱えた集団がゾロゾロと乗り込んだのは
搬入用と思われるエレベーター…

これがでかいんです。

10畳以上はあるかと思われるでかさ…
それに全員が乗り込んで一気に、えっと何階だったけな? 忘れちゃった(笑)

控え室に行く途中のリハーサル室でもなんらかのオーディションが
行われているらしく部屋の外で待っている挑戦者らしき人と数名のスタッフ。

「ついに来たな」って感じですよ。

控え室につきますと、簡単な説明がありまして順次面接へと…

実はこのお話を頂いた瞬間から、悩んでいたことがあります。
この話は「Char Tribute aChar(アチャー)」としての俺に
来た話ではないと言うことなんですね。

もちろん、とっかかりはそこにあるわけですが、

「<aChar(アチャー)として>オーディションに参加してくれ」

とは言われていなかったわけです。
普通に、普段の、素の俺にて参加することも可能だったわけです。

悩みました。悩みこけました。

まぁ、やらしい話「aCharで参加する」って事は
バンド自体の「いい宣伝」になる可能性はあるわけですよね。

しかし、「番組のニーズとしてそれはどうなのか?」と言う懸念はどうしても残る

実はこの番組… どういう番組かといいますと…

「クライアント」さんがいるらしいんですね。
で、この「クライアント」さんー当然ミュージシャンなのですがーの
ライブで共演する「おやじギタリスト」をスカウトする
と言うのが、最大の趣旨なんです。

そこに、「Charっぽい格好のヤツ」が参加すると言うのは
素人目に見ても、「ちょっと違うかな?」なんて思ったわけですよ。(苦笑)

しかも、そのクライアントさんは
レギュラー番組の「うたスタ」でも審査員を務めている

「ダイアモンド☆ユカイ」さん…

尚更、悩むところじゃありません?(笑)


しかし! 最近の俺がギターを抱えて活動する時の割合を考えますと…
「ほとんどがaCharである」と言えなくもない位なんです。

それが@吉と出るか?凶とでるか?」は判りません。
でも、やっぱりここは「aChar(アチャー)だろう!」と…

「aChar(アチャー)」としての挑戦を決めたのでした。


と言うわけで、俺の順番は3番目…

若干の恥ずかしさも交えながら(笑)、aCharに変身です。


先に終えた方の話によりますと
「なんか就職の面接みたいだった」と…(笑)

でも、俺の時は結構雑談ぽかったです。
ギターを始めたきっかけとか、
現在の音楽活動の状況とか、
そのあたりをメインに聞かれましたね。

とはいえ、横では一応テレビカメラが回ってまして、
ちょっとだけ緊張したかな…(笑)

「下手なこといえないな…」と…(笑)


控え室に戻ると、結構時間あるんですよね。
「実技審査?」まで…

なので、みなさん思い思いにリラックスしたり、
ギターを出して練習したりと言う感じなんですが…

みなさんの手にするギターから聞こえてくるフレーズ…

みんなうまいんだ! 「うぅ… 強敵ばかり!」って感じですよ。


そしていよいよ「実技審査」(笑)

「うまく弾けるかなぁ??」と若干の不安を抱えながら
担当の方の後ろについていきました。

と言うことでつづく…
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-04 09:59 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 目指せ! 日テレ「Gスタ」スタジオ収録 4之巻 】
2008年 3月 2日(日)

汐留の「日本テレビ新社屋」にて、
スタジオ収録にむけての1次審査のある日…

実は既に予定が入っていたんです。

1次審査は夕方からだったのですが、
午前中は以前このBlogにも書いています、

「ギタリスト募集」

の新プロジェクトの初顔合わせがあったんです。

この時点でこの新プロジェクトは、
俺がギターを弾いて歌うと言う形だったんですね。

なので! 1次審査を数時間後に控えた身でありながら
3時間たっぷり、弾き捲くりの歌い捲くりでした。(笑)

これが10:00~13:00…
その後 近くの「デニーズ」にてミーティング…
これが1時間半ぐらいだったかな…

そのミーティングの中で、いろいろアイディア、提案、希望でました。
そして方向性やら、なんやらが決まっていく中で
例の「ギタリスト募集」って事になったんですよ。

とまあ、既にかなり充実した日曜をすごしているわけですが(笑)
ここから新橋に移動しまして、待ち合わせ場所である
日本テレビ横のローソンを目指したのです。


事前に「待ち合わせ場所のローソンはわかりにくい」
と言う情報いただいてました(笑)

そうは言っても、地図まで添付してもらってますし、
別に新橋だって始めていくわけじゃありません。

JR新橋駅沿いに探せばすぐ見つかるだろ…

と思っていたのですが、なかなか見つからない…
「もしかしてなくなってしまったのか?」
と思うくらいでして、でもほんの数日前の情報ですからね。

あっちの路地を覗いたり、こっちの路地に看板はないかとさがしたり…

日本テレビの脇をグルグルしていると…ありました。

改装工事中と言う事で、表のガラスにすべて中から紙が張られて
廃墟の様になったローソンを発見しました。

周りには看板もなく…
「こんなもんわかるか!」と一人つぶやいたのであります。(笑)

とは言え、なんと一番乗り…
ローソンの脇に座り込みまして、他の挑戦者達を待ったのでありました。


待つことしばし…

続々と集まってきました。

そして、担当者の方も…

十数名の参加者がいると聞いていたのですが、
結局最終的に集まったのは7名…

さあ、日本テレビ新社屋に移動です。結構ワクワク…
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-04 09:58 | バンドの三方山(ミモヤマ)話