<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
【 Charのライブ @ 日比谷野音 7/23】
時と場所を同じくした皆様、お疲れ様でした。
移動に苦労された方、ほんとに大変でしたね。

運良く、俺は開演までには辿り着く事ができました。
Charも言ってましたが、ほんとなにが起きるかわかりませんよね。

そんなCharのMCでもはっきり言っていたのに、
最後の最後、終演後にNSPの曲が流れて、
改めてライブ全体に「追悼」の意味が込められていた事に気が付きました。

俺って、だめなヤツですね(苦笑)


それがわかって思い直した部分もあるのですが、
とにかく今回のライブは4人編成であると言う情報をゲットした時から

「いったいどんな内容のライブになるのか?」

と言うのを想像するのが非常に楽しかったんですね。

しかし終わってみれば、これに使っていた思考回路は、

天野さんの訃報がなければこのライブはどんな内容になっていたのか?
また、Charにとってこのライブはそれ以外の意味を持っていないのか?

という事に切り替わりました。(笑)


去年は3人、今年はキーボードがプラスされて4人…
新しいアルバムも出ていない時期に、ぽつんと行われたライブ…
あえて、キーボードをプラスする意味はなに?

と考え始めた時に、ひとつの希望的観測として、
「アイドル時代の曲の比率がかなり高くなるのでは?」
って事でした。

JL&Cの曲に無理やりキーボードを入れたら、やはりおかしな事になりますよね。
かと言って、小島さん呼んどいてスポット参加って事もありえませんからね。

がちがちのJL&Cナンバーは演奏されないと見ました!(笑)


新しいアルバムもない、この時こそアイドル時代の曲を一度にやってしまって
くれれば…という思いが強くなっても仕方ないと思いませんか?(笑)


【かげろう】、【空模様のかげんが悪くなる前に】、【NAVY BLUE】
と続いたときには、「きたかも?」と思いました。

そりゃ、思いますよね?(爆)

その後は、滅法評判のかんばしくない新曲が3曲…
そして、インスト曲、知らない曲…
若干希望とはずれてきてました。(苦笑)

そして、最後、お決まりの
【SHININ’YOU,SHININ’DAY】~【 SMOKY 】に
【 視線 】を絡めて、大ラスが「アップルジュース」

よくよく考えると妙に中途半端な感じもしましたが、
前半のデビュー当時の曲で結構KOされてましたから、
全体的な満足度は結構高いライブでした。

ここで思ったのが、
「追悼」と言う意味がなかったとしても、実は結構似たような
セットリストになったのではないか?って事なんです。

今回気のせいかもしれませんが、Charは非常に唄を丁寧に
歌ってる感じがしたんですよ。

自分の聴いた事のある音源では結構崩して歌うような所も、
オリジナルバージョンに近い歌い方をしていたり、
英語の発音で、聞こえ難い所もしっかりと歌っていたり…

昔「タモリの音楽は世界だ」で演奏した【NavyBlue】は
かなり高音を歌うのがが辛そうでした。
「年波には勝てないものなのか?」とちょっと思ったりもしたもんです(笑)

でも、今回のライブではしっかりと歌ってました。

これも気のせいかもしれないのですが、
ギターソロも勢いに任せて弾きまくるのではなく、
コード進行を意識したメロディアスなソロを弾こうと意識しているのでは?
と思わされたんです。

特に「NaveBlue」の最後の所なんて、
思わず目頭が熱くなるほどのギターソロでした。
あれには参った、カッコよすぎます。

そして、歌詞の内容、曲調とも非常に評判がよくない新曲…
でも、こういったあまりにありきたりの日常を歌った曲ってのは、
いまさら始まったわけじゃありませんからね(笑)

かなり昔から、「Charの日本語の歌詞って…」と
思わされる曲はいくつかありましたからね(苦笑)
それにしても、あの歌詞でアルバムに入っていたら…
う~~ん、どうなんでしょうね(笑)


更に、メインのギターはムスタング!
白じゃなかったのは、ちょっと不満ですが、
それでも、あれだけムスタングを弾きまくってくれたんですからね。
あのムスタングサウンドを堪能させてくれたんですからね。

とまあ、これら全てを総合しますと、

実はCharは「原点回帰」を意識してるのではないかな?

と思ったんですよ。
プラス、「落ち着いた軽さ」みたいな…(笑)

みなさんはいかがでしたか?

でも、正直いいますと、あのままアイドル時代曲をジャンジャンやられると、
実は当バンド「Smoky」の存在価値がなくなってしまうと言う、
非常に危機的な状況になったかもしれないわけでして…
内心は少々安心していたりもするんですよ(笑)


しかし、やっぱりCharにはトリオ編成を望むな…
去年の方がやっぱりアグレッシブだったような気がするもの

あぁ~でも、それも当バンド「Smoky」と被るんだ!(笑)
難しいなあ~


と言うわけで、8/28に行われる「Smoky」の次回ライブとの
セットリストのダブりは一曲しかありません。

若干の聞き足りなさを感じた皆様、
ぜひ新大久保へも足をお運びくださいませ。
[PR]
by smoky_achar | 2005-07-25 14:13 | Charな話題♪
【Fender Mustang その10】
8/28にライブも決まり、ムスタングを弾く手に一層力の入る昨今ですが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか?(笑)

あ! 明日はCharのライブじゃないですか!

なにかの間違いでaCharを発見したならば
ぜひ声を掛けて見てくださいね。(爆)


さて、自分での調整を余儀なくされた1号機のアームユニットですが、
結局、自分で弦高を調整した後もチューニングは大して狂わないんですよ。

なにが違うんでしょうね?(笑)

その証拠に、「Smoky」のデビューライブはこの1号機を使って
結構アームも使って演奏したはずなんですが、聞くに堪えないような
状態にはなってなかったはずなんですよ。

ここでアームを使った際に、チューニングが狂う原因を確認してみましょう!

ま、そんな事はみなさんご存知かとは思いますが…(笑)

アームダウンをするという事は、一気に弦を緩めるって事になるわけです。
そうすると、アームを元に戻したとしても、「摩擦のかかる部分」全てが
完全にアームダウンする前の状態に弦を戻す事を阻止しようとするんですね(笑)

糸巻きの部分で、たわみが残り…
ナットの部分で、摩擦が起こり…
ブリッジの部分でも、緩みが残り…

よってたかった、弦が元の状態に戻るのを拒むわけですよ。
そりゃチューニングも狂うわけです。

そのあたりのたわみを解消しようとして
生まれたのが「ロックシステム」ですからね。

この事からも、摩擦やたわみを少なくすれば狂いは少なくなるってな
図式が導き出されますよね。

ナットの部分の滑りを良くする為に、
「鉛筆の芯の粉を振り掛けるといい」
とか
「味の素を振り掛けるといい」
とか
いろんな話がありますが、実際にやる気にはなりません(笑)
鉛筆の芯なんて汚れそうでやだもん!(爆)

とは言え、非常に細かい事ですが、
「弦はきっちりときれいにある程度の回数巻いてあげる」
とか
「チューニングは糸巻き部に緩みが出ないように徹底的にやる」
とか
「ナットの部分はいつもきれいにしてあげる」
とか
「ブリッジの部分もみがいてあげる」
とか
そんな事も結構影響するんじゃないかな?と思っているんですね。

で、このあたりはある意味「予防策」

もうひとつ、アームを使った後に人為的に弦が元に戻る手伝いを
してあげるという方法があります。

A Long time ago in a galaxy for, far away...

昔… 昔…

の話です。「ヤングギター」なる雑誌の増刊号…
「ロックギター教室」だと思ったのですが、
かのリッチー・ブラックモア師匠は、
「アームを使ったあと、必ずチョーキングを入れている」
という、解説があったのですよ。

つまり、アームの後のたわみを無理やりチョーキングで
元にもどしてやろうって事なんですね。

なかなか理屈にあったテクニックですよね(笑)

更に、Charのインタビューで
「アームダウンした後は、軽くアームアップしている」
と言っていたというウワサをどこかで読みました(笑)

これも、チョーキングと理屈は同じ…
チョーキングよりも、全ての弦を一度に処理できるわけですから
こちらの方が理に叶ってるような気もします。

もしも、この話が本当なら、Charのムスタングは
アームダウンもアームアップもできる状態という事ですよね?

なぜこんな事を言うのかといいますと…

いろんなムスタングの解説をしているサイトなどを読みますと必ず出て来るのが、

「アームダウンしか出来ない状態が一番チューニングが狂わない」

という話なんですよ。
更に、どこかには「Charもそうしている」みたいな事が書かれていたような
気もするんですね。

上の話と矛盾しますよね(笑)

どっちが本当なのでしょうか?(悩)

ムスタングの場合、アームユニットの張力を調整する事によって、
アームダウンしか出来ない状態にも、
アップダウンどちらも出来る状態にもする事ができるんですね。

で、どちらもできる状態を「フローティング状態」と言うわけです。
前回の記事で出てきましたよね(笑)

1号機は最初から、この「フローティング状態」になっていたんです。

所が!

2号機は最初にケースを開けたときは、「アームダウンしか出来ない状態」
にされていたんです。

さて、困りました。(笑)

自分なりの結論をだし、きちんと1号機、2号機とも
調整しなければなりません。

う~~~む… なんせ40年も前のギターですからね。
あんまりいじりたくなんいんだよな…(笑)

という事で、次回はこの疑問に結論を出すお話…
と言っても、間にCharのライブのレポートが入るんでしょうね。(笑)

つづく
[PR]
by smoky_achar | 2005-07-22 11:28 | Fender Mustang
【ライブ決定! 新大久保 Club Voice 8/28(日) (速報)】
Char トリビュートバンド 「Smoky」…
夏のライブが決定いたしました。(笑)

野外のイベントもいろいろあったのですが、条件的なものも含め、
うまくスケジューリングできませんでした(苦笑)

ですので、普通のライブハウスでライブやっちゃいます。
(って、あえて言う程の事でもありませんが(爆))


「BiG Welcome」と言う名前でいろんなジャンルの
イベントを企画されている方のイベントに混ぜていただく事になりました。

個人で運営されていらっしゃるようなのですが、
非常に精力的に活動されているようでして、凄いです!

しかも、メインに掲げているキーワードが、

「楽しくなければLIVEではない!」

というモノなんですよ。

いいじゃないですか!

そのあたりの運営方針の様なモノにも非常に共感できる所多々!
でしたので、参加させていただく事にしました。

特に「コピーバンド」「トリビュートバンド」のイベントではありませんが、
前回の「ザボンインテリジェンス」の様に、思いがけず「いいバンド」に
出会えるかもしれないと言う楽しみもありますからね。


もちろん、今回もレパートリー増えてます。
みなさんの聞きたいあの曲が今回は入るかもしれませんよ(笑)


日時:05/08/28(日)
場所:新大久保 CLUB voice
        〒169-0073
         東京都新宿区百人町1-10-7
         一番街ビルB1F
         TEL/03-5338-0938
出演:「Smoky」他、全5バンド
チケット:前売り ¥1500
     当日 ¥1800
        別にドリンク代¥500が必要です。
         (※たぶん…です(笑))

HPを見ていただければお気付きでしょうが、
あの楽器屋さんの向かいです。(笑)

これも縁なのでしょうか?

「置きチケ」(もしかしたらいけるかもしれないので、一応予約しておくよチケット)
を御所望の方は、togyushi@hotmail.comまでメールくださいませ。


詳細は、判明次第随時お知らせさせて頂きます。
[PR]
by smoky_achar | 2005-07-13 10:41 | LIVE 情報
【Fender Mustang その9】
現在、8/28(日)あたりを最有力候補として、
ライブのブッキング調整中でございます。
早くライブの告知が出来るように、がんばっております(笑)

さて、アームの話の続きです。
【Fender Mustang その8】の最後の部分 ですが、
ここで、お詫びと訂正をさせていただきます。

Charを真似て、
「ギュィ~~~~ンン!!」
とアームダウンしたと書いてますが、

どっちかと言うと、アームダウンですから、
「ドォウ~~~~~ンン!!」
ですよね?

すいません、勢いにまかせて適当な事書いてしまいました(笑)
あ、どっちでもいいですか?(笑)

さて、この後コードをジャラーンと弾いたり、
適当なフレーズを弾いたりした感じ、


「ん? 言う程狂ってないじゃん!」

と言うのが正直な感想でした。

その後も、結構ウニウニと、アームをいじっても、
「そんなに狂わない」んですね。

この時点で、1号機のダイナッミックトレモロは所謂
「フローティング状態」でして、(これは次回あたりに話題にしますが)
早い話、アームダウンも、アームアップも出来る状態なんですね。

そりゃ、めちゃめちゃにグニョグニョやったら勿論チューニングは狂いますが、
それでも、普通にCharのフレーズをコピーしたソロとかを引いている分には
殆ど狂わなかったんです。

思いましたね!
例の、ブリッジの駒にスペーサーが仕込んである所等から見ても、
「こいつを買った、あのお店でかなり調整してくれていたのかも?」って…

このアームを使いこなすのは、とにかく「調整」が大事だって
散々言われてますからね(笑)
「やっぱり、プロの調整は違うんだな」と、勝手に思い込んだわけです。

そしたら、もう俺なんぞが調整できるわけはありません(笑)
「ちょっとでも今の状態を変えてしまったら、いったいどうなるか?」
そんな事を考えたらいじれるわけありませんよね?(泣)


c0032353_1215529.jpg
とまあ、それはそれでよかったのですが、ここで大問題が発生!!
1弦の弦高がやっぱり気になって気になって…(苦笑)

前回の記事でも、上の方でも言ってますが、弦毎の弦高調整ができず、
1弦と6弦が若干低いわけです。
6弦はそんなにチョーキングなんて事はないからいいのですが、
1弦をチョーキングした時に、あまり弦高が低いと
指の引っ掛かりが浅く、押さえた弦が指から外れてしまって
音が途切れてしまうと言う状況になってしまうわけです。

まあ、少しでもE・ギターを弾いた事ある方ならわかると思いますが、
この失態はひじょ~~に、かっこ悪い!(笑)

いくらなんでも、もう少し1弦の高さがないと
この失態を繰り返す羽目になってしまう可能性が高くなってしまうんですね。
特に、ハイポジションではね。
ま、他のギターでは多少弦高が低くても、そういう感じはないのですが、
このMustangと来たら、そのあたりも微妙に弾き難かったりするんです。


結局、自分の手で調整するしかありません。
しかも!
このブリッジ周りの調整をするには、チィ~~~コイ六角レンチを使うわけでして、
ネジが固くて、山をつぶしたりしたらどうしよう…(泣)
などと言う更に余計な心配もしなければならず、
小心者の俺はびくびくしながら、レンチを回さなければならなかったわけです。

思っていたよりは、わりとスムーズにこの六角ネジは回ってくれてですねぇ、
ブリッジは簡単に上下してくれたんです。(喜)
c0032353_12153456.jpg
1弦がある程度の高さを確保できるくらいまで、ブリッジを上げまして、
さて、チューニングのしなおしです。
何度も何度もアームを使いながら、チューニングを繰り返します。

さ、吉と出るか?凶と出るか?

Charを真似て、
「ドォウ~~~~~ンン!!」
と、アームダウンしてみました。

つづく…
[PR]
by smoky_achar | 2005-07-11 12:05 | Fender Mustang
【とっつあん@ベース ライブ at 秋葉原PAGODA】
c0032353_15115052.jpg
最初から言っていますが、ベースのとっつあんは元々
オリジナル曲をやっているバンドのメンバーでもあります。

当然のことながら、そちらのバンドの練習もあれば、ライブもあるわけです。
先週の土曜日の事ですが、
そんなとっつあんのバンドのライブにおじゃましてきました。
場所は秋葉原にあります「PAGODA」と言うライブハウス。

割とこの「PAGODA」では頻繁にライブを行っていた様なのですが、
今回は半年振りのライブとの事でして、
なぜそんなに間が開いてしまったのかと言うと、なんとレコーディングを
やっていたと言うのです。凄いですよね。

ま、レコーディングと言っても当然自主制作盤なのではありますが、
その様子の話などを聞くとはやり勉強になるんですね。
まがりなりにもCD一枚作るとなったら、それなりの事はしなければ
ならないわけですから…

さて、そういう訳で、そのCDもぜひみなさんに聞いてほしいのですが、
そのバンドの事をこのBlogで言っていいものなのか悪い物なのか?(笑)

以前にメンバー紹介の記事でも書いたのですが、
当のバンドから、特に要請がないので、公開していいものかためらっております(笑)

まあ、ライブハウスの名前も出してしまえば、
調べようと思えば調べられるのですがね(爆)

「バンド名もだしちゃってよ!」

と言われれば、こちらのBlogでも、このCDを
大々的に宣伝させていただきます。

さて、若干早めに時間を設定して、このライブハウスに到着しますと
一つ前のバンドの演奏がまだ行われていました。

女性ボーカルのバンドだったのですが、
中々よい!
POPな感じと、ちょっとアングラチックな音使いがとても
心地よくてですね。思いがけず楽しんでしまいました。

なんだかしらんが、ドラム&ベースのグルーブ感がよろしい!(笑)
でもって、ギターの音が妙にプロっぽいんですよ。
かなりの機材が足元に並んでいました。

只ねえ、ちょっとMCが…(笑)
これでMCをもちょっと勉強したら、結構オススメなバンドかもしれません…


そんな事を考えていると、いよいよとっつぁんのバンドの登場です。

あえて、始まる前に楽屋に挨拶にはいかず
ステージに登場した所から見させていただく事にいたしました(笑)

するとどうした事か! この日のとっつあんは、
今まで見たも事ないようなワインレッドスーツ姿!

しかも、頭の上の方から、そのスーツ全体にキラキラと光る物が…

俺はまた、宇宙人にさらわれて、妙な液体やら、光線やらを浴びてしまったのか?と
心配になるくらいに、全身がキラキラしておりました。

加えて! 地道なレコーディングの作業が功を奏したのでしょうか!
明らかに、前回見たときよりもパワーアップしておりまして。
なんと言うか「風格」の様なものさえ感じてしまった位…

そうそう、そういえば、先月は池袋の西武デパートで行われた
バンドコンテストで、準優勝すると言う快挙を成し遂げたとか…

その自信も演奏に現れていたのかもしれません。

いつもの耳慣れたノリノリの曲の中に、なんと今回とっつあんの
ベースソロから始まる曲があったりしてですねえ、
身内とは言え、いつもの様に楽しんでしまいました。(笑)

このバンド…
イギリスのちょっとパンクっぽいジャンルを意識している様な
事をおっしゃってますが、なんのなんの、レゲエやらアフリカっぽい曲やら
幅広くそのテイストを取り入れている上に、これは個人的な
感覚なのですが、そこはかとなく「GS」っぽい匂いがするんですね。

そのあたりが、妙に俺の好みにもあったりして、
今までも、特に身内だからと言う部分をなしにしても
ライブハウスに見に行ったりしていたわけなんです。

と言うわけで、最後にとっつあんの雄姿を…(笑)

加工前…
c0032353_1657085.jpg



加工後… みたいな…(笑)


c0032353_151128.jpg
[PR]
by smoky_achar | 2005-07-04 15:08 | メンバー