<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
【「Smoky合宿 in 北志賀」を振り返って… (笑)(Part2) 】
【「Smoky合宿 in 北志賀」を振り返って… (笑)(Part1) 】
からのつづきとなっております。

えっと、「歌謡曲時代の曲をコピーする時の問題」の話でしたね。

既にお察しの方もおられると思いますが、「歌謡曲時代」は特に
バックでホーンが鳴っていたり、ストリングスが鳴っていたり、
割とゴージャスな仕上がりになっているわけです。

今回課題の「ブルークリスマス」も、ホーンやストリングスはないものの
バックに聞こえるキーボードの音が、
割りと重要なポジションを占めていると言ってもいいのではないでしょうか?

と言うのも、イントロから聞こえてくるギターのフレーズは
コードかき鳴らしとか、リフっぽいものではなくて、
単音メロディですよね?

こういう場合、3人編成だと非常に辛いんです。(苦笑)

最初から「3人用の作り」になっていればそうでもないのですが、
オリジナル音源がそういう編成になっている以上、
そっちの方を聞き慣れていると、どうしても演奏が寂しく聞こえてしまうんです。
言い方を変えると「ショボクキコエル」んですよ。

ギターはなるべくそのまま弾きたいんですね。

ベース、ドラムを多少変えるとしても、
なるべくオリジナルの雰囲気を損なわないように
この問題を克服したいわけです。

更にこの曲固有の問題として、1コーラスの歌の終わりと、
ギターの単音フレーズが重なる部分がありますよね?

♪事がぁ、できるぅかぁいぃ~?♪

の最後の伸ばしと、ギターのフレーズの始まりを
同時にやらなければならないんです。

これが、そこまで弾いていたコードとかの近辺なら問題ないのですが、
かなりハイポジション側に大きな移動をしなければならないんです。
マイクに向かっている状態からだと、視線も大きく移さなくてはならないし…
「不可能」ではないんですが、「確率が悪い」んですね。(泣)
歌の最後を伸ばさないって手もあるんですが、それはイヤです(笑)

もうひとつ…
この曲は「フェードアウト」の曲なんです。
だから、エンディングを考えないといけない(苦笑)

とまあ、これらの問題が3人の前に大きく立ちはだかったわけです。
なんて…
実はこれらの問題に対処する為のアイディアを出し合ってる時が
一番楽しかったりしたんです。

「3人で創り上げる」と言う感覚がなんとも楽しいのです。

「オリジナルバンド」だと、常にこういう感覚が伴うんでしょうが、
コピーバンドだと、どうしても欠けてしまう要素ですよね。

で、とっつあんや山さんの出すアイディアがいいんだ!(笑)

「あ! それいい!」の連続です。
「それいい!」って言ってるのに、更に出て来るアイディアは
それを凌駕するようなアイディアだったりするんで、
さらに「それいい!」なんですね。

あっと、なんだかあまりに自賛になってきちゃいましたね(苦笑)
まぁ、それ位楽しかったって事なんです。


そうやって出来上がった「ブルークリスマス」を
12/23のライブで披露させて頂きました。

オリジナル音源をご存知で、なおかつこの日ライブをご覧になった方は
どんな仕上がりになっていたかおわかりいただけた事かと思います(笑)


それだけ楽しかったスタジオの時間も、
割と早めの21:00には一旦終了したんです。

合宿にしては少々早い切り上げだと思いませんか?

なぜそういう事になったのか?

それを説明するには、ちょっとばかり時間を戻さなければなりません。
という事で、夕飯の時まで時間を戻してみましょう…

という事で、つづきは又… (苦笑)
[PR]
by smoky_achar | 2006-02-22 14:58 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【Smoky ライブレポ '06/02/04 @六本木 EDGE (Part2)】

特になにか思い出したわけではありません(笑)

「今回はなし」だと思っていた、「ライブ画像」を
入手する事ができたので、一応ご披露させていただきます。

提供くださった撮影者の方、又、メンバー経由で送っていただいた
ジーザスさんに感謝いたします。 ありがとうございました。m(__)m


ど真ん中から、いいアングルで撮っていただけました。(悦)
c0032353_23175878.jpg



指の状態から見ると「Nave Blue」を演奏中の可能性大!(笑)
c0032353_23183282.jpg



雰囲気だけでもお楽しみください(苦笑)
画像をクリックすると大きくなります
c0032353_23181931.jpg

[PR]
by smoky_achar | 2006-02-13 10:31 | LIVE レビュー
【Smoky ライブレポ '06/02/04 @六本木 EDGE】
あまりにも急遽決まったライブ!

更に、とても寒い日にもかかわらず、
ご来場いただきました皆様ありがとうございました。(多謝)

早速ですが、今回のライブのセットリストです。


<Smoky セットリスト>

「からまわり」」(1982/9/19 日本テレビ「ザ・ライヴ」Ver.)
「Girl」 (オリジナル シングル Ver.)


「NAVY BLUE」(オリジナル シングル Ver.)
「逆光線」(オリジナル シングル Ver.)
「気絶するほど悩ましい」(オリジナル シングル Ver.)

「You Keep Snowin’」(オリジナル アルバム Ver.)
「Why Aren’t You Ready 」(「CBA LIVE」 Ver.)
「Share The Wonder」(「CBA LIVE」 Ver.)

「Song In My Heart」(オリジナル シングル Ver.)

「闘牛士」(オリジナル シングル Ver.)


「Smoky」」(1st アルバム オリジナル Ver.)



事前にお知らせしました、「日本語歌詞」&「シングル発売曲」 特集という事で
構成してみました。

「この中からやります」とか言っておきながら、全部やってしまいました。
いや、最初からそのつもりだったんですけどね…(笑)

さすがに、「Smoky」はシングルでも、日本語曲でもないのですが、
その辺りは「有無を言わさず」と言った感じでしょうか?(笑)


今回のライブですが、もちろん自分たちの演奏と言う目的もあったわけですが、
やはり、タイバンの「ジーザス花園とフラワーズ」のライブをみる事も
楽しみにしていたんですよ。

歌詞の内容はわかってるはずなのに、おもしろいんですよねぇ~
もうほんと「さすが!」としか言い様のない楽しいライブでした。

まだ、数回しか聞いた事ないのに、かなりの曲のサビを歌えるんですよ(笑)

「あの歌詞に、あのメロディをつけられるのはほんと凄い!」

って、ずっと思ってたんです。
しかも、そのメロディーがPOPで覚え易いわけでしょ?
「恐るべし!」って感じです。

ぜひぜひ、興味のある方はライブに足をお運びください。
ほんと楽しいです(^^)
次回のライブの情報は公式WEBサイトをチェックしてくださいね。

ライブの後の合同打ち上げも楽しかったぁ~~!

そうそう、もう一点…
ライブ会場となった「六本木 EDGE」ですが、
非常にすばらしいライブハウスです。

場所が一等地なのに、値段はリーズナブル…
更に! スタッフの対応が素晴らしいです!

「○○担当の △△です。 よろしくおねがいします。」

と、挨拶してくれるんですよ!
気遣いもすごくしてくれるし、とても気持ちよくライブができました。
ありがとうございました。(多謝)

更に更に! DVD録画が ハイビジョン(たぶん)です。
しかも、カメラ4台を使用し、デジタル効果もつかった本格的なもの…
これで、値段が他に比べて格安!
いたれりつくせりの設備、環境ですよ。 ほんとに…


と言うことで、3月のライブはまた違った雰囲気のセットリストに
しようと考えております。

ぜひ、横浜での「Smoky」に足をお運びください。
[PR]
by smoky_achar | 2006-02-06 10:55 | LIVE レビュー
【 Smoky緊急追加公演決定!! 2/4(土)@ 六本木 EDGE 】
えっと、なんに対する「追加公演」なのかよくわかりませんが(笑)

まぁ、聞こえがいいので、「緊急追加公演」などと気取ってみました。(爆)


人生いろいろあるものです。
六本木でライブができるとはねえ… (笑)


どんな事情のライブかといいますと…

「花園バンドの前座」としての出演です。


まぁ、正確には「ジーザス花園とフラワーズ」と言うバンドなのですが、
世間一般的には「花園バンド」と言ったほうが認知度は高いことでしょう!

みなさん覚えてますか? 「花園バンド」

そうです、あの「イカ天」にも出演し、その独特の世界観から、
20年近くたった今でも一部には絶大な人気を誇っているあのバンドです。

嘘だと思ったら、ネットで「花園バンド」を検索してみてください。

ね? ほんとでしょ?

その「花園バンド」の進化形… 「ジーザス花園とフラワーズ」との
タイバンが突然決定しました!

決定したのは昨夜… (爆笑)
だいじょうぶなんでしょうか? (苦笑)


と言うことで、いきなり決まったライブのご案内です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:2006年 2月 4日(土)
   Open  18:00
   Start 18:30

場所:六本木 LIVE MUSIC EDGE
    東京都港区六本木5-18-21 FIVE PLAZA B2F
    TEL/FAX 03-3505-4561 

タイトル:「EDGE SHOW」

出演: Smoky、 ジーザス花園とフラワーズ

Entry Fee: ¥1500 + Drink代

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


となっております。

で、「ジーザス花園とフラワーズ」ですが、
実は去年、一度ライブにお邪魔してるんですよ。

よかった! 楽しかった!

しかし、歌詞がですね。 あまりにも独自な世界を持っておりまして、
俺の様なものは、手放しで大喜びなのですが、一部の方は若干引くかも?(笑)

と言うのも、相当な… そして、かなりの「エッチ系」です。(爆笑)

以前のHPには音源もあったのですが、新しいHPはまだ構築途中でして、
残念ながらまだ聞けないんですよね。

曲調は非常にファンキー! まさに FUNKY!!
レゲエっぽいものから、昭和POPSっぽいものまで…
みょぉ===に、歌詞とマッチ(実はアンマッチの妙?)していいです!

「めっちゃFUNKY! だけど、魂はジミヘン! 」

という感じなんですよ。
ぜひ体験してみていただきたいものです。


そこで、これにいかに「Smoky」は対抗しようかと考えた末…

もう今回はやる曲を事前告知しちゃいます!(笑)

だって、練習は既に次のライブのセットリストを重点にやってますからねえ
まさか、まったく同じというのもつまらないじゃないですか?!

考えました…

【[日本語歌詞 ]& [シングル発売曲]特集】

はいかがなものか?と…

・「NAVY BLUE」
・「気絶するほど悩ましい」
・「逆光線」
・「闘牛士」
・「Girl」
・「Song In My Heart」
・「からまわり」
・「Why Arn’t You Ready」
・「You Keep Snowin’」
・「Share The Wonder」
・And More

この中からやります。
(※状況によっては当然変更もやむを得ませんが…)

急ではありますが、この辺りに興味ある方ぜひ遊びに来てください。
話題の「六本木ヒルズ」も近いです(笑)

普段から六本木がテリトリーの方はもちろん、

「用事がなきゃ六本木なんていかねぇよ!」

って方! 用事を作りました!(笑)

たまには大江戸線も利用してやってください(笑)


それでは、おまちしてますねえ!
[PR]
by smoky_achar | 2006-02-02 09:27 | LIVE 情報