<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
【Charトリビュートバンド [Smoky]  '06/12/31(日)ライブ情報! 】

前回のライブ情報

【Charトリビュートバンド [Smoky]  '07/01/19(金)ライブ情報!(速報) 】
では、こんな事を書きました。


>特に、「今年最後のライブ!」と銘打ったライブもなく…(苦笑)


しかし! 嵐と言うのは突然やってくるものです。
とは言っても全く「嵐」ではないのですが…(笑)

「今年最後のライブ!」を決行いたします。

まぁライブと言っても数バンドが集まって、

「バンドマンの忘年会モドキ&ライブ」

と言った趣の企画です。

俺としてはですね、非常に「大晦日&元旦」と言うのは
「家で過ごすもの」って感じが強くてですね、
所謂「カウントダウンライブ」だの、あっちの海の近い方にあって、
とてもじゃないけど、寒くていられないんじゃないか?って感じの
某ねずみ王国で年明けを迎えたりと言うのは、経験もないし、
あまり経験したくない側の人間だったわけですが…

わけですが… (笑)

折角のお誘いですので、参加させていただく事に相成りました。


では、そのライブのご案内を…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「2006年 忘年会ライブ」

日時:'06年12月31(日)
    Smokyの出演時間は20:30を予定しています。
場所:渋谷 NOB(ノブ)
    〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-3 イノハナビルB1
    TEL/FAX  03-3464-9593

お楽しみ代:入場料¥1500 (2ドリンク付)

なんと、2ドリンクが付いてこのお値段!
かなりお得ですよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


基本的には演奏付の飲み会です(笑)
まあ、電車も終夜動いている様ですし、
(利用したことありませんが…)
今わかっている範囲では、大晦日の夜のテレビ番組も
おもしろそうなものありません…(苦笑)

たまにゃ、外で過ごすのもおもしろいか?とか…
どうせ、外に出てるから寄ってみるか?
と言った、感じの皆様… お待ちしております。

30日は、ホンモノのCharのライブ…
まぁ、二日続けてってのも…って感じですが、(笑)
ホンモノがやらなかった曲もやりますので
ご検討いただけたらと思います。

又、今年1年「Smoky」をご愛顧いただきまして、
ありがとうございました!

特に、今年はたくさんの方とお知り合いになれました。
その皆々様には更に感謝の念で一杯でございます。

又来年もよろしくお願いいたします。

「Smoky」一同
[PR]
by smoky_achar | 2006-12-29 11:52 | LIVE 情報
【アンコールの後こそ、アンコール!】

一応
【 ライブレポ [Since 1976] @ 横浜BLIZ '06/12/27 】
(↑はネタバレありです。ご注意を)
の続きです。

以下には、セットリスト等の情報はありませんが、
ある出来事に付いてかかれております。
(Charの一言)
ある意味では「ネタバレ」とも言えますので、ご注意ください。
でも、読んで欲しいけど… (苦笑)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アンコールの後こそ、本当のアンコール…

最初のアンコールは、社交辞令です。大人の対応を…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



てなスローガンを作ってみました。

実は昨日('06/12/27)の「横浜BLIZ]でのCharのライブでの出来事…

割とノリノリで非常にいい雰囲気だった「横浜BLIZ」のライブ。

本編が終わり、Charの挨拶と共にメンバーも舞台袖に下がると、
1Fのお客さんは、用意されたいす席にパラパラと座り始めたんですね。
それがいけなかったのか?
通常なら、ここは「アンコールの嵐」タイムなわけです。

最近はどのライブに行っても「アンコール」と言うのは形骸化してしまっていて、
本来の「アンコール」とは程遠いモノになってしまっています。

頭の中で、それがわかっているので、
「大したアンコールがなくても、どうせ出てくるんだから…」
と、思ってしまうのも仕方のない事です。

実際、俺だってそう思います。

その事について、言及されている方もチラホラ見受けられます。

「横浜BLIZ」は正にその悪い例だったのかもしれません。

せっかくそれまでいい雰囲気だったのに、妙にアンコールの拍手がまばら…
その内盛り上がるかな?と思っていても、状況は若干悪くなった感じ…

そんな中登場したCharが一言…

「そりゃ出てくるのわかってるだろうけど、」
「なんだよ、そのまばらなアンコールは!」
「帰ろうかと思ったよ!」

だってさ!(笑)

俺はね、この一言で今までモヤモヤしていたこの問題について、
なんかすっきりした感じがしたんですよ。

「そりゃそうだ、わかってやってるんだよな」

と言うのを、はっきりさせてくれたって事ですよ。
引導を渡してくれたといってもいいでしょう!(苦笑)

「そうだ、これは大人の社交辞令なんだ!」

って、思ったら急に肩の力が抜けました。(笑)

とは言え、本質的に、そういう「社交辞令」やら「暗黙の了解」的なものは
好きじゃないわけでして、そのストレスを
「お約束アンコールの後のアンコール」で発散したらいいじゃないか!
と思ったわけです。

アーティストによっては「お決まりのアンコール」が終われば
その後は絶対にステージに出て来ることはない様なアーティストもいます。

でも、Charは違います。
最近は、「アンコールの後の、アンコール」位は織り込み済な感じも
なきにしもあらずですが(苦笑)、割とその時の気分に
左右されてくれる方じゃないですか?(笑)

昨夜もね、引っ込み掛けた後、いきなり戻ってきて
リクエストがあった、あの曲を演奏してくれたのね。
その直前に、最前列の人がプレゼントを渡したのさ…
そんな事も影響してるんじゃないかと思って、
そのプレゼント渡してくれた人に、ちょっと感謝してしまいましたよ。


だからと言って、やはり「一人」は無力です。

もちろんお金を払っている客であることは間違いないわけですが、
それでも、「いい演奏」を聞かせてくれたらやっぱり、
それには答えないと…とは思うわけですよ。
「もっと聞きたい」と思ったら、
素直に表現しないといけないな…と思うわけですよ。


なので、もう一度いいますね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アンコールの後こそ、本当のアンコール…

最初のアンコールは、社交辞令です。大人の対応を…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ご賛同いただける方は、ぜひ実線していただきたいと思います。

もちろん、こんな事強制されるものでもありませんし、
俺自身がそういう事強制されたりするのは、大嫌いです。

でも、同じ様な事思ってる方は結構いらっしゃるんじゃないかな?
と、思いますし、せっかく高いお金を払って見に行くわけですから、
ステージとのコミュニケーションとか、サプライズとか、
得したな…って気分で帰れたら、数倍の価値があるじゃないですか!

ぜひぜひ、
「アンコールの後の 本当のアンコール」
に期待しませんか?

Charに「お前ら盛り上がりすぎだから…」って言わせたいと思いません?(笑)

渋谷AXにて、それが現実になることを祈って…
[PR]
by smoky_achar | 2006-12-28 14:14 | Charな話題♪
【 ライブレポ [Since 1976] @ 横浜BLIZ '06/12/27 】


※ネタバレありですので、ご注意ください

突然、チケットが手に入る事になってしまいました。
あまりに突然、しかも平日と言うことで、
[Smoky]のメンバーは参戦できず…

そこで考えました。
「プレゼントしてしまえ!」と…(笑)

と言うことで、前回の記事の企画になったわけです。
あまりにも怪しい企画にもかかわらず、
メールを頂いたみなさま、ありがとうございました。

正直言いますと、申込者は「来ても一人かな?」位に思っていました。
ところが、複数の方から申し込みのメールが届いたんですね。

しかし、困りました。
考えてみたら、みなさん行きたくて申し込んできてくれてるわけです。
そう言った文面のメールなわけです。
一人でくじを作って抽選するのも、妙に後ろめたい気がしてきました。
異常なまでの重責を感じる事となってしまったわけです。

そこで、もう単純に最初にメールを送ってくれた方に決めさせていただきました。
たまたま早い段階で、この企画を見つけたってのもあるでしょうが、
そこですぐに行動したその行動力を決め手とさせていただきました。

と言うことで、「実家に帰るので30日のAXもあきらめていた」と
おっしゃっていた、Iさんをご招待いたしました。

さて、この突然手に入ったチケットですが、なんと、2階の指定席でして、
非常にゆったりと、Charのライブを堪能する事ができました。

「横浜 BLIZ」も初めて行ったのですが、音がいいですねぇ~

最初に感じたのは、
「VocalのPA処理がいつも違っていたのではないか?」
と言う事です。
なんか違ったんですよ。悪く言うとちょっと昔風と言うか、
結構作ってる感じのサウンド処理だったんですね。
箱の音作りの問題なんでしょうか?

ところがこれがいい!
特にアイドル時代の曲とは、このVocal処理が非常にマッチしてまして。
ギターもさることながらいつもにも増して、歌で感動しました!

まぁ、セットリストは他の掲示板等に譲る事にいたしまして、
楽器や会場の雰囲気などをお伝えしたいと思います。

この日メインで使用したのはオレンジの、所謂「コンペティションライン」の
入ったムスタングでした。

「渋谷節」では、白のムスタングを使っていたので、
ちょっと期待していたのですが、オレンジでした(笑)

エフェクター&アンプはいつも通りですかね。
ただ、初期の曲が多かったせいかコーラスを多用していた様な気がします。
いつもより、足数が随分と多かったような気がするんですが…

途中で使ったのが、ゴールドトップのレスポール…
これがねぇ、いい音してました。
アイドル時代のシングル版、「逆光線」とか「マドンナを堕落させよう」の
ギターソロの音そのままの感じ! これはねぇ、ちょっと鳥肌もんでしたよ。

で、後半は最近のメインギターのブルーのストラト…
しかしこのギターの音の良さにはびっくりするね。
ウォームな感じなのに、枯れた様な味も加わって…
中域がでてるのかなぁ?
この日、特に感じたことなんだけど、このストラトの後にムスタング弾くと、
ムスタングの音が非常に薄っぺらく味気ないものに思えちゃいました。(苦笑)

いつもは、そこまで感じないんだけどなぁ
ムスタングのジャキジャキ感も感動するんだけどなぁ(笑)

ある掲示板では、「大阪公演は盛り上がりが今ひとつだった」と言う様な
書き込みもありまして、ちょっと心配していたのですが、
横浜は盛り上がってましたねぇ~
スタンディングだったのが急遽いす席になったにも関わらず、
3時間以上、みなさん立ちっぱなし、乗りっ放しって感じでした。

2階席から見てもそれが伝わってきました。


ただ残念だったのが、「アンコール」…
これに付いては別記事にしたいと思います。
=>【アンコールの後こそ、アンコール!】

いつもながらたっぷりと堪能させていただきました。
ヒットパレード的な構成も非常に楽しめました。

難を言うならば、「天邪鬼」以降の曲は1曲位にして欲しかった。(苦笑)
今年は結構Charのライブ見ちゃったからなぁ(薄笑)

あ! まだAXが残ってるんだった。
[PR]
by smoky_achar | 2006-12-28 13:22 | Charな話題♪
【[Smoky]からX’masプレゼント Charライブご招待!】
大変突然ではありますが、

「Char Tribute Band 【Smoky】]から
日頃の御愛顧に感謝いたしまして、
クリスマスプレゼントを差し上げる事になりました。

Charのライブのご招待いたします。


日時:12/27(水) 18:00開場 19:00開演
場所:横浜 BLIZ


1名様をご招待します。

当日、17:50までに開場に到着できる方
さらには、当日携帯メール等で連絡が取れる方

に限らせていただきます。
ご希望の方は、togyushi@hotmail.comまで
当日連絡の取れる連絡先を明記して、
前日、12/26(火)25:00位までにメールをください。

あまりに気前のいい話で、「なんか裏があるんじゃねぇの?」
なんて思うかもしれませんが、なにもありません。
大きな壷を売りつけたり、
英会話の教材をいきなり出したり、
[世の中を変える団体]に勧誘したりはありませんのでご安心を…(笑)

ただし!前のほうで見られる可能性はほとんどありませんので、
その辺りはご了承の上申し込んでくださいね。

応募者多数の場合は、なんか考えて当選者の方にのみ連絡します。

あ、それと世間の流れに乗りまして、
ご応募いただいた情報は「個人情報保護法」則りまして、
この件以外で使用することは一切ありません。
Smokyのライブ告知メールとかもしませんから…(笑)

※プレゼンターの急病、事故、あるいは当日なにかのトラブルがあった際は
プレゼントの実行が出来ない可能性がある事も一応お断りしておきますね。

では、ご応募お待ちしております。
[PR]
by smoky_achar | 2006-12-25 09:06 | Charな話題♪
【 [Player] [ROCK DAD] [Tom Sawyer World] 】
噂どおり(誰の?)連日の更新です。(笑)

ここを訪れる位ですから、ご存知の方の方が多いと思いますが、
この、一瞬見るとわけのわからない横文字が並んだ本日のタイトルですが、
これは、実は全て雑誌のタイトルなんですね。

今月! 2006年 12月はなんと、Charの記事が載っている雑誌が
3誌もあるんです。(後で書きますが、本当は4誌)

「なにもこんなに集中させなくても…」と言う感じですが、
「そうならざるを得ないモノ」又は「それが必然」と言った感じなんでしょう!
今のCharを取り巻く環境は!(喜)

☆【Player】(プレイヤーコーポレーション)
もうこれは説明不要でしょう!(笑)
音楽雑誌では超メジャー級…
なんと言ったって、今の「Smoky」が存在するのも
この雑誌のおかげですからね。(苦笑)
そうです、うちのバンドのDrの山さんは、俺の出したこの雑誌の
「メンバー募集」の投稿を見て連絡して来てくれたんですよ。

そんな【Player】の今月号の記事は布袋さんとの
コラボレーション企画「Stereocaster」に付いての記事…

曲作りのきっかけや、アイディアの話に始まり、機材の話、実際のプレイの話と
ギター弾いてる人間にとっては、興味津々の話題が満載でしたね。

某MIXIの投稿でも書きましたが、


"一発撃ってる間に1000発位撃てそう"

って所では、Charの機材知ってるし、
布袋さんの機材想像できるし、大笑い…


"アンプとエフェクター蹴飛ばしだして"

って所では、やっぱり機材の値段知ってるだけに、
「俺だったら、けとばせねぇ~~」とか思って…


"ハモリの所で一箇所ありえない指使いがあって"

なんて所では、「あのCharでもって、どんな指使いやねん!?」とか…


思わずニンマリしてしまうような箇所が一杯!
CS放送のフジテレビ721とかでやっている
「Char meets~」って番組の誌上版みたいな感じでしたね。






☆【Tom Sawyer World】(ワールドフォトプレス)

「トムソーヤー・ワールド」と言う雑誌なのですが、
俺、知りませんでした。(苦笑)

中身を見て、「知らないわけだ…」と思いましたね。
だって、まったく関係のない世界の雑誌だったから…(大・爆・笑)

ピックアップしてるアイテムが「灰皿」なんだけど、6万円とかね(苦笑)

「次に欲しい時計」とか言って、
リストアップされてるのが全部100万以上とかね。(泣笑)

広告ページの時計が、なぜか、2億だったり…
(何度も桁を数え直してしまいました。)

「万年筆で手紙を書こう」とか言って、
リストアップされてるのが、ウン万円の高級万年筆だったり…

勝手な想像だけど…

すばらしい夜景の広がるベイフロントの高層マンションで、
黒の革張りのソファに、バスローブのまま深く腰掛け、
ブランデーかスコッチを片手に、葉巻を燻(くゆ)らすおっさんの姿を
どうしても想像しちゃう…

実際にそういう事できる位金持ってる人は、逆に雑誌見て
アイテムやファッションなんか見繕わないんじゃないかなぁ?
なんていろいろ考えてみたりして…(笑)

更には、記事の見出しとか、一言とかがどうも俺の性には合わない(爆笑)
俺程度の人間には必要のない世界の様です。
(いや、やっかみじゃなくてほんとに(笑))

だからなんだろうけど、結局ファッションブランドの「Char」と言う
扱いに近い記事かな?と思ってしまいました。

でも、Char本人のインタビューより、
昔からのCharを知っている、Charとのかかわりの深い人物の
インタビューの方は非常に読み応えがありました。

外から見た、竹中尚人少年がそこには居ました。
アイドル時代の顔が浮かび、そして最近の竜之介君を相手にするCharや
「渋谷節」あたりで息子のジェシーと共演するCharの顔が浮かびました。

ほんとカッコよく歳とりたいもんだな…と思いますよね。(笑)







☆【ROCK DAD】(実業之日本社)

今月号がなんと「創刊号」なんですね。

創刊号がCharの特集…
しかも、タイトルが凄い!

「Charと言う生き方」と来たもんだ!
最近非常に、「Charが音楽を始めた頃の話」と言うのを
見たり聞いたりする機会が多くてですね。

かなりダブる部分もあるのですが、それでも、新しい発見がいつもあるんですね。
特にこの雑誌では「家族」が非常にクローズアップされてまして、
Charの育った家庭の環境ってのがよくわかるんですよね。

「50のキーワード」ってのがあってですね。
これが非常にいい構成だなと思いました。読みやすいし…

一応音楽雑誌だけあって、楽器の紹介も若干マニアックだし…

創刊号にCharの特集を持ってくるところなんぞはすばらしいわけですが、
この雑誌… 微妙です。(苦笑)

なんせ高い!(続・苦笑)
1100円ですよ。

本屋のガラスケースに、頬を擦り付ける様にして
眺めるしかない位の高級品です。
ヘタしたら、そこへ高級外車を乗りつけた恰幅のいい
いかにも金持ちそうなオヤジが「ぼうず!その雑誌が欲しいのか?」
なんて言ってきそうな雰囲気さえあります。(笑)


確かに、写真ページが多いし、装丁もちゃんとしてるし
値段なりの事はあるような気がするものの…

あっ! それと、Charのピックが付いてるんだった。(笑)
これいいですねえ、 Charのピックの固さがわかった!
いつも使ってるのと同じだった。ふぅ=よかった。(爆)

結局狙いは、昔ちょっと音楽をやっていた現オヤジさん…
「やっぱり、ギター弾く事にあこがれるよな!」と言う現オヤジさん…
「ROCK な親父ってかっこいいだろ?」と家族に言わせたい現オヤジさん…
と言った方々をどうやらターゲットにしている様なんですね。

だからの値段設定か?(笑) でも、俺なんかにすると高いぞ!(笑)

やっぱり、そういう需要ってマーケット的にOKなんでしょうか?
今、中古楽器屋さんとか、オヤジさんマーケットすごいらしいじゃないですか!
満を持しての、この雑誌なんでしょうか?

「Rockなオヤジのファッション入門」みたいなコーナーには
ちょっと苦笑しちゃうのよね。
ほんとに「(苦笑)」みたいな…(苦笑)

最後にギタースコアが載ってるんだけど、
「Smoke On The Water」よ?
「Hotel California」よ?
「PANAMA」よ?
凄いよ! 30年前の「ヤングギター」の再来みたいな…

でもね。採譜してる方はコピーにはこだわってるんですよ。
「Smok On The Water」のリフの解説なんて
思わずうなずいちゃうもんな…

お名前を失念してしまったのですが、
誰もが弾いたことある、「あのリフ」を
「8分音符ではなく、四分音符のスタッカートで表現しました。」とか…
そうなんだよね。あれって、きっちり八分音符じゃない感じだもんね。

だから、「どんなポジショニングでコピーしてるのかなぁ??」なんて
TAB譜見ながら確認しちゃったりして…(笑)

今からギター始めたい親父さんにはちょっと入門記事が少ないし、
ある程度弾ける人には「今更感」あるし、
高いし(笑)、
ちょっと狙い所が中途半端な気もしますね。


しかし、こうやって「ちょい悪オヤジ」なんて言葉に代表される様に
今のオヤジ世代って大注目なわけじゃないですか?
どこかのコンビニのお弁当のマーケット対象にされる位なわけじゃないですか?

カッコよく年取ればって事で、「Char」が担ぎ出されたりして…
でも「Char」なんて特別ですよねぇ?
だれもがカッコよく年取れるわけじゃないし、だから憧れるんだしね。
まあ、それでも目指すってのは、いい事だよね!

今は、一時よりは「女子高生」のブランド価値ってほんと急落してるじゃない?
ヘタしたら「ROCK DAD」の方がブランド価値あるかもしれないよ?

オヤジが女子高生に追いかけられる日が来るかもしれないからね。

みなさん、いっしょにがんばりましょう!(笑)

この「ROCK DAD」は、今後どうなって行くのか、
とても、興味あります。

あ、言い忘れました。
もう1つ、「Grazia」(講談社)って雑誌にCharが載るらしいのですが
今Webサイト見たら、完全なる女性誌なんですよ。
しかも、次号の予告見ても「Char」の文字は発見できず…

どんな扱いになるんでしょうか?

聞くところによると、
40歳位の大人の女性をターゲットにした雑誌だとか…
なお更興味ありますね。(笑) 更に、
「本屋でこの雑誌を俺が勇気を持って買えるのか?」
と言うのも興味がある所です。
[PR]
by smoky_achar | 2006-12-19 09:42 | Charな話題♪
【 竜之介バンド vs Char 】
ここんところのBlogの性質上取り上げないわけにはいかない話題
から行って見ましょうかね(笑)

昨夜放送された「からくりTVスペシャル」に
御大Charが出演してましたね。

さんまさんも行ってましたが、
Charの存在に気づいた竜之介君の表情は
まあなんとも言えないですよね。
まだはっきりと思い出すことが出来ますよ。

更には、レン君、堀君ともに始めて目の当たりにする
本物のCharを見る表情…

こっちがドキドキするっちゅうねん! (笑)

しかし、あんな展開を用意していたとは…

Charに会うって言うのは番組の予告でチラッと映る
映像からもわかっていたのですが、
「会う目的」はなんだろうな?と言うのはちょっと考えていたんですね。

冒頭の流れからして、竜之介君が
「誰かの曲のコピーじゃないモノを…」
って言った時、俺はてっきり竜之介君が曲を作るって話なのかと思ったんですね。

それはそれで、「まじかよ!」って位衝撃的な展開なわけですが、
まさか「Charに曲を作ってもらう」って所に持って行くとは…

「開いた口がふさがらない」と言う、ドラマや漫画でしかあまり
お目にかかれないような事を、俺も体験させてもらいました。(爆笑)

ちょうど「曲を提供する事」に付いて、最近発売された雑誌「ROCK DAD」にて
Charが語っている部分があるんですね。

そこを読んでいただけに、この展開は「すごい事だ」と言う意識が
更に強くなっていたんですよ。俺は!

これねぇ、たぶん断ってもCharのイメージダウンとかには
全くならない話だと思ったんですよ。

それを敢えて快諾しちゃうChar… う~~む… すごい…

「熱中少年」… ちょっと停滞気味かと思っていた所に来て、
すごい事になってきました。

一応デビューしちゃうんだろうね。(苦笑)

すげぇはなしだな、おい!(笑)
(って誰に言ってんだ?(爆))



P.S.-
一応一週間に一度の更新を目標に始めたこのBlogですが、
一時、間が空いてしまったものの、ここに来て
書く事一杯あるんですよ。(苦笑)

それだけ、Char周辺&Smoky周辺が
慌しくなってきてるんですね。

急に連荘で更新するかもしれないので、
要チェック! お願いしますよ。(笑)
[PR]
by smoky_achar | 2006-12-18 11:14 | からくりTV&瑠璃ちゃんバンド
【 竜之介バンド@からくりTV 】
前回の「さんまのスーパーからくりTV」ご覧になりましたでしょうか?

俺はねえ、ほんと参りましたよ。

思い起こせばちょうど2年前でしたよね。
「さんま玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかスペシャル」
にて、初めて竜之介君を見たあの衝撃!

しかも、Char絡みの話でしたからねえ
不思議な事に、当バンド「Smoky」が、本格的に活動を開始した時期と
符合してるわけでして、瑠璃ちゃんの事も含めまして、なんか不思議な…
ほんとうに不思議な縁を感じるわけなんです。あの番組には…

あらから二年… いよいよ自分のバンドを結成しての初ライブのお話でした。

もう「びっくりした」を通り越して、怖くなる位の衝撃映像でした。

●びっくりポイントその1ー竜之介君のギター奏法
完全に、ボトルネック奏法は卒業していました。
に留まらず… 通常のスケールにてアドリブ(と思われる)演奏を
ガンガンかましてましたよね。
既に彼は、頭の中に浮かんだイメージやメロディを
そのままギターで演奏する事ができるレベルだと俺は見ているんですが、
恐ろしすぎます。


●びっくりポイントその2ー竜之介君の音楽知識
理論やスケールと言ったものにどれ位の知識を持っているのか?の
詳細はわからないのですが、「Smoke On The Water」
での「最後のCが云々…」の一言で、コードと言うものに関しての
それなりの知識を持ち合わせていると言うことがわかりますよね。


●びっくりポイントその3ー竜之介君の音楽感性
「その2」と若干かぶりますが、「Smoke On The Water」の
エンディングをどうするかについて、きちんと他のメンバーに説明しています。
しかも、すごい事にオリジナル音源ではない、「自分なりのエンディング」を
作っています。「アレンジ」してるわけです。
このあたりはバンドの醍醐味のひとつでもあるわけですが、
既にそれをやっていると言う事実が…(笑)


●びっくりポイントその4ー竜之介君の自分なりのオリジナリティ
これも「その3」とかぶるのですが、自分のオリジナリティ…
音楽に対する自分のスタンスを既に打ち出してるわけです。
「元は英語の曲だけど、日本語で自分の歌詞をつけて歌う」
これ聞いた時には、めまいを起こしそうな位の衝撃でした。
完全に「自分」を持ってる発言ですからね。
しかも、実際にその歌詞を聞いて、二度びっくりしました。
まったく違和感のない、彼のソウルを感じさせる歌詞がついてました。


●びっくりポイントその5ー竜之介君のリズム感
これは一言…
「Jonny Be Good 」のイントロリフ!


●びっくりポイントその6ーレン君のタイム感
俺はドラマーではないので、そんなに偉そうな事を言えないのですが、
言えないながらも、割とたくさんのバンドの生演奏を聞き、
普通の方よりはたくさんのドラマーも見て聞いているつもりではいるんですね。

そんな中あえていいますが、レン君程のドラムを叩ける人はそうそういません。
大きなポイントは「タイム感」と言うか、「グルーブ感」にあります。
ハイハットを四つ叩いただけで、彼は只者ではないのがわかってしまう位
特別なモノを感じます。

そういうドラムを叩く人って、ほんと少ないんですよ。
いくらミスが少なくても、技術的にレベルが高くても、
この感覚を持ったドラムの人ってたまぁにしか出会わないんですね。
もちろん好みもありますけど…

さらには、竜之介君の言ってる事に即座に対応して、
ドラムソロを入れたり、その部分のつなぎを考えたり…
すごい少年がいるもんです。


●びっくりポイントその7ー堀君の存在感
彼のキャラが又いいじゃありませんか?
龍之介君も言ってた様に
「自分からベースをやりたいと言って始めた」
と言う堀君…
やっぱり、ベースって支えの部分があるじゃないですか?
それを体現するかの様な朴訥とした感じ…
しかし演奏になると若干はじけ気味な…
いいっすよねえ


あのコーナー見てる間中、俺はほんと怖かったです。(笑)
もう、脅迫に近いよな、あれ…

おかげで、ずぅ~~と、
「もっと練習しなきゃ…もっと練習しなきゃ…」
「もっと勉強しなきゃ…もっと勉強しなきゃ…」
ロングタイムディレイかかりっぱなしです。(泣)

次回は、我らのCharも登場しますが、
あの演奏見せられたら、そりゃCharだって驚くと思うよ。
ほんとに…(笑)


ここだけの内緒の話なのですが…(笑)
実は、「龍之介君に会えるかも?」ってな話があったのですよ。
実際には実現しなかったのですが…
もしそんなことがあった時に、「おっちゃんぜんぜんだめやなあ」
なんていわれたら立ち直れないかもしれないもんなあ(泣笑)

とにかく、もっと練習しなきゃ…(切実)
[PR]
by smoky_achar | 2006-12-13 11:19 | からくりTV&瑠璃ちゃんバンド
【Charトリビュートバンド [Smoky]  '07/01/19(金)ライブ情報!(速報) 】
おまっとさんでございました。

Charトリビュートバンド【Smoky】久々のライブが決定しました。


特に、「今年最後のライブ!」と銘打ったライブもなく…(苦笑)
尻つぼみ的に2006年も終わろうとしておりますが、
若干の飛び越えた感を伴いながらも、来年のライブのお誘いです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:'07年1月19(金)
    みなさまお仕事帰りの時間に始めます。(笑)

場所:荻窪 Rooster NorthSide(ルースター ノースサイド)
    〒167-0043 東京都杉並区上荻 1-24-21 協立第51ビル B1
    電話・FAX:03-5397-5007

その他詳細は決まり次第又お知らせいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


思えば、年に一度の「ブルークリスマス」演奏機会を逃してしまいました。(笑)

そのリベンジも兼ねて、来年一発目、どぉ~~んとかまそうと思ったわけですが、
ライブハウスのHPをご覧いただければわかる様に、
「どぉ~~ん」とかますにはちょっと雰囲気が違うお店…(爆)


なんかこう、結婚式のミニ披露宴パーティ会場と言った趣ですよねえ?

ですので、若干、こうしっとりと… Wetな感じで…
だけどベトベトせず、湿っぽくならずに、と言うコンセプトの元に…(笑)

90%以上を「アイドル時代」の曲で構成しようと企んでおります。

普段は、JAZZセッションやら、ブルースセッションが行われている
お店の様ですので、いつもの「ライブハウス然」とした感じはありません。

ですので、ちょっと「ライブハウス」って感じを敬遠されていた方も
ぜひこの機会に「トリビュートバンド」ってなものにも触れ見てください。

おつまみ・食事のメニューも充実しているお店の様です。
軽く飲みに行く感覚でですねぇ、ぜひ新年早々の金曜の夜を荻窪にて
お過ごしいただきたいと思っておる次第でございます。
[PR]
by smoky_achar | 2006-12-04 13:30 | LIVE 情報