<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
【 Char ライブレポ [Flying Toy's] @ 日比谷野音 '07/06/24 】
とうとう体験しました。 うわさの…


「雨の野音」


を…(笑)

当日の朝まで、まったく天気の事なんか気にしてませんでした(笑)

朝起きて、いや昼頃起きて(苦笑)初めて

「あ!」

と思いました。

でも、夕方には止むもんだと勝手に思ってました。

止みませんでしたねえ (泣)
仕方ないので、一応家からきちんと重装備を携えて野音に向かいました。

噴水広場を抜けると、野音の入り口付近を包み込む心躍る喧騒…

「だれもが了承済み」

それぞれに雨対策をしながら、集結してくるCharフリーク達を見て
なんかそんな感じを受けました。

会場に足を踏み入れ、最初に目に付いたのが、

「白のムスタング」

くそぉ~~! いやがおうにも期待は高まるじゃねえか!

「Flying Toy’s」と銘打たれた今回のツアー
「インストベスト盤」に伴うツアーである事から

「インスト曲が多いのでは?」と言う巷の予想…

しかし、メンバー見ると「3ピース構成」」…

「3人でインストメインはねえんじゃねえの?」

と、期待と不安がごっそりと入り混じってました。(笑)



今回の席は Bブロック7列 78番
2004年に見た時とほぼ同じ位置
ちょっと端の方だけど、結構見やすい!

しかも! 周辺の木々の枝が席の上位まで張り出して、
若干の雨よけになってくれたりして…


さあ、そんな中始まった「雨の野音」…

一言で言うならば、

「大人のRockコンサート」

でした。


選曲に若干のこだわりを感じましたね。

詳細なセットリストは、どうぞネットを徘徊して探してください(笑)


不思議だったのは、
「Guiters」とか「No Genaration Gap」とか…
今まで自分の中では「全体の1曲」的に感じていた曲が、
このセットリスト全体の雰囲気の中に入ると
妙にいい感じに聞こえた事なんですね。


途中の「アコースティックコーナー」も飽きせない構成って事でGood!
特に「All Around Me」はよかったなぁ…
アゴキ、なんであんないい音するん?(笑)

そして、なんと言っても

「Get High」

まぁ、かっちょいいこと、かっちょいいこと…

当然と言ってはなんなんですが、当バンド「Smoky」の
ベースのとっつあんも横で見ていたわけですが、
狂喜乱舞してました(笑)(ちょっと周りに恥ずかしい位に…(笑))

いつもの様にカメラ入ってたみたいだけど、
もし、なんらかの形であのライブが映像として見られるのなら、
絶対にカットして欲しくない曲ですね。
も一回見たい、聞きたい!

とまあ、この曲聞けただけでも「大満足かな?」と思っていたその直後…

更にそれを凌駕するとんでも無い曲が飛び出しました。

とは言っても、正統的に、Charの曲を聞きに来ていた方々からすれば
「どうってことない」な部類に入るかもしれません。
実際、俺だって知らない曲をあの位置でやられていたら、
ちょっと興ざめだったかもしれません。

しかし! 「コンクリートの壁にはさまれて」には、泣きました。
それまで、さびの合唱は付き合ってましたが、
全部を歌うと言うことのなかった俺も、この曲は一緒に涙しながら歌いました。

約30年ぶりに聞いたあの曲が、まさかCharの生歌生演奏で聞けるとはね。

しかも、(単なる気のせいかもしれませんが)ギターソロの部分、
あの「NSPのライブ盤」とかなり近いフレーズを弾いていたんじゃないでしょうか?
なんか聞き覚えのあるフレーズだったような気がします。

いやもう、ほんと参った… それまでのライブが全部吹き飛ぶ位のインパクトでした。


まあ、非常に個人的な好みの問題になりますが、
これで最後に「Smoky」をやらなかったら、
もう、すばらしいライブだったと、大絶賛したところでした(苦笑)

更に言うなら、「Apple Juice」、
「Natural Vibration」、
「からまわり」、
がなかったら、なんと「引き締まったライブ」だった事でしょう!

まあそれは贅沢か?(笑)


なかなかの「硬派ぶり」を感じるこのセットリストにおいて、
「白のムスタング」は非常にいい仕事してました。

ストラトだめだ!(笑)

音が上品過ぎるわ!


そういう意味でも3人で演奏した「Flying Toy’s」は圧巻でした。

結局終わってみれば、あの雨も(まああの程度で済んだからですが)、
ある意味「ライブのアクセント」になっていたような気がしてます。

野音にこだわるCharを見に行く身だからこそ
体験できる様なもんじゃないですか?(笑) 普通いまどきありえねえもんな…


と言うことで、「ったく、Char足ほせぇなぁ」と言う思いを残し、
野音を後にいたしました。

あぁ~、楽しかった(笑)
[PR]
by smoky_achar | 2007-06-25 13:20 | Charな話題♪
【Smoky ライブレポ '07/06/10 @吉祥寺 Black&Blue(2)】
前回の記事で最後に掲載した写真の彼…
誰だかわかりましたか?

そうなんですよ、「瑠璃ちゃんバンド」のドラマーけんしん君なんです。


けんしん君の事については、何度か書きました。


【 からくり 瑠璃ちゃんバンド 「脅威のドラマー現る」の巻 】とか…

【 からくり 瑠璃ちゃんバンド 「ドラマー決定!」の巻 】とか…


完全にイチ視聴者としてけんしん君をTVで見ていたわけです。


そんな中、ライブを目前にして、けんしん君のパパさんからメールが届きました。

「突然ですが、ライブ見に行きます」

と…


パソコンの画面に向かって、思わず
「えぇ=========!!」
と叫んでしまいました。(笑)

わざわざ遠いところから来てくれるわけです。
もうなんだか非常に恐縮なわけですよ。

でも、「あの脅威のドラマーに会える…」 ちょっとドキドキ、ワクワクです。

最初は、けんしん君とパパさんだけでみえられるとの事だったのですが、
ママさん、妹さんも一緒に、ご家族揃ってライブに来ていただきました。

リハサールの時に既に到着されて、ご挨拶させていただいたのですが、
とにかく驚いたのが、その幼さなんですね。

TVだと、キャップをかぶり、かなりクールな感じで黙々とドラムを叩く…

そんな感じじゃないですか?

あのリズムを聞く限り、普通に大人を見るような目で見ちゃっていたんですね。
もちろん例の「おむつ」の話もありますんで、頭ではわかっているものの
それと「出す音」からのイメージってなんか別の次元で捕らえちゃってるわけです。

衝撃でした。

瑠璃ちゃん、ゆうと君、れい君… 実際に会ってみて、その凄さに度肝を抜かれました。
しかし、このけんしん君の幼さに至っては…
なんというか、言葉では言い表せませんね。
ほんとうに、普通の幼児なんですから…
いいですか? 「子供」じゃないんです「幼児」なんです。

それがなんであんな凄いことになっちゃったんでしょう?(笑)


なんと、その秘密を今回ママさんから聞く事に成功いたしました。(笑)

もうねえ、なんて言うんでしょう…

ドラマや漫画の世界にいきなり放り込まれた様な感じの話なんですよ! みなさん!

その話も機会があれば、してみたいと思います。


さてこの時のけんしん君は、おもちゃのウクレレに、砂遊び用の熊手の様なものを
アーム代わりに取り付けたモノを持って登場!!

今はすっかりCharにはまっているんだとか… (笑)

「天邪鬼ツアーのDVD」を繰り返し繰り返し見ては真似してるんだってさ!


でね、そのウクレレを抱えてはひとりでブツブツつぶやいてるの…

「アーム使いすぎるとチューニング狂っちゃうから…」

とかなんとか…
もうおかしくておかしてく…

なもので、すいません… 俺、ずっとけんしん君と遊んでました。(笑)


でね、前回載せた写真あるでしょ?
もう一度載せちゃうけど… (笑)

c0032353_0505468.jpg


これ、フェンダーのロゴが入ったBarカウンター用っぽい椅子なんだけど、
よくある座るところがクルクル回るタイプなのね。

で、これをドラム代わりに叩き始めたんですね。
それだけでも「さすがだなぁ~」とか思うわけですが…

8ビートを刻みながら、「椅子を回す動作」も入るわけ…

チチドチ、チチドチ、ぐるぅ~~~~うぅぅぅ
チチドチ、チチドチ、ぐるぅ~~~~うぅぅぅ
チチドチ、チチドチ、ぐるぅ~~~~うぅぅぅ
チチドチ、チチドチ、ぐるぅ~~~~うぅぅぅ

この、「ぐるぅ~~~~うぅぅぅ」もちゃんとリズムに合ってるんですね。


同年代のお子さんが、こういうのバンバン叩いて喜んでる構図ってよくあります。
でも、それがきちんとした8ビートになっている…

う~~~ん… なんか変です(笑)


半年後、1年後、どうなってるんでしょう?

そして、5年後、10年後… ドキドキする位楽しみですよね。


瑠璃ちゃんのパパさんが言ってました。

「からくりTV」のおかげで、日本のミュージックシーンも変わるかもしれない…

と…

「あながち大袈裟ではない」と思わずにはいられません。


と言うわけで、次回はそんな渦中の一人、ゆうと君の怒涛のライブの話をば…
[PR]
by smoky_achar | 2007-06-19 11:22 | LIVE レビュー
【Smoky ライブレポ '07/06/10 @吉祥寺 Black&Blue】
「Smoky」ライブ、無事終了いたしました。

ご来場いただいた皆様、ほんとうありがとうございました。


では、恒例のセットリストから…


『Smoky セットリスト』

「VoodooChile~からまわり」

「The Leading Of Leaving」
「Wasted」

「Thrill」
「かげろう」
「Song In My Heart」


「気絶するほど悩ましい」
「闘牛士」

「All Around Me」
「Smoky」




では、順に解説を… (笑)



・VoodooChile~からまわり

当然のごとく、「Free Spirits完全版」を意識してのオープニングです。
当時の「JL&C」と言えばやっぱりこれから始まるのが王道…
しかし、「からまわり」はちょっと超初期は歌詞とかが違うんですよね。
なので、そこは後期の「完成版」とでも言うバージョンでつないでみました。


・The Leading Of Leaving

更に、「Free Sprits 完全版」は続きます。
おなじみ、ぐっとくるインストナンバーです。
初のご披露となりました。
正直、ライブでインストナンバーってあまり好きではないのですが、
今回、某パーティに参加した際に、リクエストをいただきまして。
お答えした形になりました。

なのに! そのリクエストした本人来ないんだもんなあ… もう!(笑)

しかし、この曲… コピーした方はおわかりかと思いますが、
「なんだその指の開きは!」って曲でして…
でもって、実はそれがあの曲の「味」にもなってるわけでして、
コピーして尚更好きになってしまいました。

とはいえ、フルにやると長いので、途中のアドリブ部分はかなり
カットしまして、お送りいたしました。



・「Wasted」

久々にセットリストに入れました。
「The Leadeing~」から
この曲につながりますと、なんといいますか
単純にかっこいいです! (笑)




・Thrill

MCでも言いましたが、妙に夏を感じさせる曲です。
そして、これもコピーして更に好きになった曲ですね。
ギターソロは若干短めですが、まさにスリリングな感じ…
コーラスも3声にて、かなりオリジナルアルバムヴァージョンを
再現したつもりでございます。



・かげろう

夏の曲連続です。
「2005年 日比谷野外音楽堂 ライブヴァージョン」
で、演奏させていただきました。
この時のChar…結構ギターソロ長めに弾いています。
しかも、このときのCharのアドリブはまさにChar節の真骨頂…
1度で終わりにしてしまうのはあまりにもったいないので、
完全コピーさせていただきました。
これからもしばらく、このヴァージョンにて演奏させていただきます。(笑)


・Song In My Heart

実はこの曲も夏っぽいんですよね。歌詞なんかよく聞くと…
と言うことで、若干無理やり感もありながらの、
夏向き曲3連発でお送りしました。
もちろん、[オリジナル アルバムヴァージョン」です。


・気絶するほど悩ましい

今回、イントロを変更しました。
あの「夜のヒットスタジオ」とかに、ほんとうに初期の頃
出演していた時にこの曲を演奏する時のイントロに変更しました。
「盛り上がり」と言う点では、このヴァージョン、かなりいいです!(笑)



・闘牛士

もう、説明不要でして…(笑)
いつもどおり、いつもの「オリジナルシングルヴァージョン」にて
お送りいたしました。


・All Around Me

実は、この曲もリクエストをいただいていた曲でして…
こちらのリクエストをいただいたお客様は、
ちゃんとお見えになってくれていました。(喜)
ありがとうございました。
今回も「20周年記念コンサートヴァージョン」で
お送りいたしました。



・「Smoky」

もう説明もいいか…(笑)



と言うわけで、以前より出演したかったライブハウスと言う事も
手伝ったせいか、非常に気分よく演奏することができました。
ありがとうございました。


と言うことで、次回は ごく旨カレーやら、ゆうと君バンドの話や、突然現れた↓彼のお話等…
ネタは尽きません… (笑)


c0032353_0505468.jpg

[PR]
by smoky_achar | 2007-06-11 09:54 | LIVE レビュー
【 いよいよ今週末! CharTribute Band [Smoky] ライブ 】
さあ! いよいよ今週末、「CTB Smoky」のライブとなっております。


「野音に向けて、テンション高める為にもチケット一枚予約します」

なんて言う、もう半分泣きそうな位ありがたいメールもいただいておりまして、
こちらも本番に向けてテンション上がってきております。


今日は会場となります、
「LIVE BAR BLACK&BLUE」
に付いて少々…

ご存知の方も多いと思いますが、今や「吉祥寺」と言えば、
「住みたい街 No1」
で有名ですよね。

その吉祥寺駅の目と鼻の先に位置するのが、
この「Black&Blue」なんですね。
とにかく、アクセスが非常に楽チン!

「駅出れば、そこ」なんですから…

ロータリーがある分、本当の駅前より駅に近いんじゃないか?
って位の立地なんですよ。

あんな所にお店をもてるなんて、ほんとうにうらやましい…(垂涎)


実はこちらのお店…俺自身、去年、某バンドを見に行ってるんです。

「LIVE BAR」と銘打つだけあって、
普通のライブハウスとは一線を画したお店です。

今、そういうお店ほんと増えてるんですよね。
所が一般的なそういうお店って、割とステージらしいステージがなかったり
妙に雑然としていたりと言うパターンが多いのですが、
ここは出来たばかりと言う事もあり、とてもきれいでいい雰囲気なんですね。

ちゃんとしたステージもあります。

更にうれしいのが、食事のメニューも充実している所…
と言っても、そういう所って品数は多くてもすべてが冷凍やレトルトだったり
するのですが、ここは違います!!

カウンター専属のお兄さんがちゃんとした手作り料理を提供してくれます。
手作りビーフシチューだったかなぁ?
お勧めのメニューが書いてあったりする位ですから…

そして目を引くのが厨房の清潔さ…
厨房を異常なまでにきれいに使っているんですね。
レードルひとつとってもピカピカでした。
これって、ちゃんと仕事してるのがわかる一番のポイントですよね。

思わず言っちゃいましたもの…
(あ、そうそう、このときはカウンターに座ったんです)
「厨房きれいにしてますねぇ~~」って…

「いやいや新しいからですよ」
なんて謙遜してましたが、それだけじゃあそこまできれいになってません。
使ってないってならいざしらず…

ところがその後なのですが…
まあ、「そんなこと、しったこっちゃない」
と言われそうですが、俺ってば割と週末に複数の予定を
いれちゃったりするものですから、その時もライブを見た後に
なにか予定をいれてたんですね。(苦笑)

始まりの時間は明記されています。
ひとバンドの持ち時間ってのもだいたいわかるじゃないですか?

そこから逆算して予定を立てていったのですが…

まあ予告開始時間になっても一向に始まらないんですね。
30分近く予定の時間を過ぎた頃でしょうか… イライラもピークに…

「もう帰ろう…」

とも思ったんですが、既にお金を払っちゃってますからねえ
それも悔しいじゃん?(笑)

なので、大変申し訳ないとは思いましたが、すぐそこにあったPAブースに
いたスッタフのお兄さんに文句を言ってしまいました。(苦笑)

「いつ始まんの?」

って…

「もうすぐ始まりますから」

と言う言葉どおり、まもなくライブは始まりました。


で、ここからが本題です。(笑)

その後、そのPAのお兄さん話しかけてきてくれたんです。

「え?」 と思いました。

「おぬしやるな!」(笑)と思いました。

だって、普通そんな文句たれてるような客相手にしないのが「吉」じゃないですか?
ほっときますよね。(苦笑)
「触らぬ神に…」ですよ。

それを普通に話しかけてきてくれましたからねえ

まあ正直「ライブハウス」と言えば昔から「接客」なんて概念自体
なかったと思えてしまうような感じもなきにしもあらずですからね。
(もちろん全部が全部とは言いませんが…)

そこで、思いがけずそんな気の利いたことされてしまうと、
びっくりしてしまいますよ(笑)

不思議なものですね。おかげで、そのPA担当のHさんとは
時々メールのやり取りする仲になってしまったりして… (爆笑)

しかも、縁と言うのはさらにアンビリーバボーな出来事を提供してくれます。


先日の「おやじばんどフェスティバル」に出演したバンドのひとつが
Hさんのお友達のバンドだったんですよ。 気味悪い位でしょ?


とまあ、何が言いたいかといいますと、

「お店自体お奨め」だって事です。

カクテル類も、ただ薄めるだけの原液使用系じゃありません。
普通にBARのひと時を楽しむ+ライブを楽しむ
と言った時間の使い方ができると思いますよ。


と言うわけで、

「LIVE BAR Black&Blue」

「CTB Smoky ライブ」

お奨めです!

って、すいません某Blogの真似してしまいました(笑)

今のところ、週間天気予報も今週末は大丈夫みたいです。
当日朝まで、「事前チケット予約」も受け付けております。

ご近所のCharファンお誘いあわせの上、
ご来場くださいますようお願い申し上げます。

では、会場でお会いしましょう!!
[PR]
by smoky_achar | 2007-06-05 09:55 | LIVE 情報
【 [THE TARGIE SHOW]結果発表!! 】
ようやく結果が発表されましたね。

当Charトリビュートバンド「Smoky」の演奏がサンプル画像として
掲載された、ギタリストの為のコンテストコンテンツがひと段落しました。

やっと書けますよ(笑)

いやね、結果が発表になったらあの撮影の裏話でもしようと思って、
ずっとタイミングを見計らっていたのですが、
なかなか発表にならなかったでしょ?

何度も先に書いちゃおうかと思ったのですが、
「じっと我慢の子」でございました。(笑)

「なりきり Char」部門のグランプリは、

山口県のおかまバンド?(苦笑) 「ケンコちゃん」でした。

最初見たときは、「単なる色物」かとも思ったのですが
どうしてどうして、かっこいいじゃないですか!
あの格好をしなくても充分なものだから、
かえってそのミスマッチがよかったりしてね。

大体、あのベースの人すごいよね。
まさか「Smoky」を完全チョッパーでやるとは…
「江川ホージン」かと思っちゃいました(笑)

本人コメントでは、
「完コピできたらプロやんっ!」
なんて言ってますが、かなり完コピに近いと思いますけど…

とまあ、何はともあれおめでとうございました。

他の各部門、各賞のみなさまもおめでとうございました。


さて、ではあのサンプル画像のお話…

都内某スタジオにて極秘裏に(笑)撮影は行われたわけですが、
俺…、いつもスタジオで練習する時に
あんな格好してるわけじゃありませんから…(笑)

「からくりTV」をご覧になった方はおわかりと思いますが、
通常はスタジオでも「ハットなし」「○○なし」で、普通にやってます(苦笑)

あれは、あくまでライブモードですので…

で、普通に見たらわからないのですが、あの映像かなり編集されてまして、
実は、ちゃんと丸々一曲フルに演奏したのですが、
あの長さに編集されてるんですね。

なので、もちろん途中の「Tulululu…」の所もあります。
実はその部分が「CTB Smoky」としては、
一番の見せ場なんですけどねえ(笑)残念です。

でも全く編集されてるなんてわかりませんよね?
さすがプロの仕事です。凄いです。

「音のバランス」といい、あのカメラワークといい、
あの狭いスタジオの中で、瞬時にベストを見つけ出して
いろいろやっちゃいますからねえ、
なんでも「プロ」ってのは、ほんとに凄いな…と…


さあ、そして「Char本人のコメント」に付いてです。

いや、初めて見たときは本当にびっくりしました。
「Char本人がコメントしてくれる」と言うのは
事前に教えてもらっていたのですが、
ほんとちょっぴりだと思ってました。

それがいきなり、画面いっぱいの「aChar」の文字でしょ?
ほんとおに、最初は「Char」って表示されてるのだと思ってましたから…

しかしあれですね、営業トークと言いましょうか(笑)
齢を重ねて、すっかり「ほめ上手」になってしまってますね。

「今はあんな風には弾けない」なんて言ってますが、

「そんなわきゃない」わけでして…(笑)

その辺りも含めまして、
書きたい事はたくさんあるので、又の機会にでも…


って、まだ「おやじバンドフェスティバル」も完結してないんですよね(苦笑)
[PR]
by smoky_achar | 2007-06-01 19:22 | Charな話題♪