<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
【Char Tribute Band [Smoky] 2007夏 ライブ情報 】
ページトップにて、告知しておりますとおり、
2007年夏は、ライブ3連発企画を行う事になりました。

せっかくですので、

[2007 夏! 都内ライブツアー」

と銘打ちまして、つつましく、古式ゆかしく、盛大に、
執り行いたいと思っております。(笑)


たぶん… ですが、一般の方はこう思われる事でしょう…

「ひと月に3回ライブ? また無謀な事を…」と…


はいそうです! (笑) まさにそのとおり!!


若干無謀かとも思うのですが、(いや「かなり」だな…)

誘われちゃったんだもぉ~~~~~~~ん!!

しょうがないじゃんねえ?


あれ? なんか俺ってこんなキャラだっけ?(苦笑)


当初は兼ねてからの希望の
「夏の野外イベントに出た===い」
と言うのを実現するために、8/26(日)の日比谷野外小音楽堂のみが
ライブの予定でした。

ところが、あれよあれよと言う間に2本の追加ライブ…

「夏祭り」と言う事で、どぉ~~んとライブやっちゃいます。


では、各ライブの詳細なご案内をさせていただきます。


<<第一弾>>
日時:2007/08/15(水)
   OPEN 18:00 START 19:00
場所:渋谷 クロコダイル
入場料:¥2000 ドリンク代別 出入り自由
出演バンド:
・海馬(19:00~)
・DOMESTIX(19:30~)
・SMOKY(20:00~)
・ASGARD(20:30~)
・TheOldWays(from 徳島)(21:00~)
・THERACCOONDOGS(21:30~)
・クッキーサトナカ&ヘンゼルとグレーテル(22:00~)
・BlackEyes(22:30~)

2月に行われた日刊スポーツ主催「おやじバンドフェスティバル」東日本大会に
出場したバンドが7バンド出演します。

さらに、8/16に「神宮外苑」で行われる大花火大会のイベントのひとつ
「おやじバンドフェスティバル」決勝大会の西日本大会優勝バンドが出演!

総勢 8バンドのおやじたちによる「宴」…
付いたタイトルが「~"盆"TO BE WILD!~ 」…(爆笑)

まあ、決勝大会の前夜祭イベントの様なものが行われるって事なんです。
これに当「CTB Smoky」も出演いたします。





<<第二弾>>
日時:2007/08/17(金) 
場所:吉祥寺 Black&Blue
   OPEN 19:00 START 19:30(頃)
入場料:¥1600 + ドリンク代(¥500~)
出演バンド:
1.Tommy&Johnson
2.JHONNY AND THE BAD BOYS
3.SMOKY

「お盆休み」を見越してのFriday Nightライブ(笑)
前回のライブに引き続き「吉祥寺」に乗り込みます。

「CTB Smoky」は最後なので、
21:00過ぎ頃に登場予定となっています。



<<ツアー最終>>
日時:2007/08/26(日) 
   OPEN 11:40 START 12:00
場所:日比谷野外音楽堂(小) 
入場料:無料

いろんなジャンルのバンド、5バンドが出演します。
この日、「CTB Smoky」はトップバッター!
夏の野外! どんなステージになるか楽しみです。




それでは引き続きまして、

「一体どれに行けばいいんだよ!」

と言う、お客様からの声にお答えいたしまして、
ニーズ別に、お奨めのライブをナビゲートさせていただきましょう!(笑)


まずは
2月24日の「おやじバンドフェスティバル 東日本大会」
惜しくも見逃してしまった方、又は
「おやじバンドってどんな程度なの?」
なんて方にお奨めするのが、
8/15(水)の「渋谷 クロコダイル」です。

おやじバンドがたくさん出ます(笑)
ちょっとひとバンドの持ち時間が短いのが難点といえば難点…
でも、たくさんバンドでますからね。仕方のないところです。

最新情報によりますと、結構な長丁場なので「出入り自由」になるそうです。
「おやじ」をたっぷり堪能するもよし、お目当てのバンドまでの待ち時間は
原宿をウロウロするもよし、渋谷に出かけるのもよし、
まさに「夏のRock Fes.」と同等の楽しみ方ができる(?)イベント
ととなるようでございます。


次に「Char Tribute Band Smoky」をたっぷり堪能したい!
と言うお客様にお奨めするのが、
8/17(金)の「吉祥寺 Black & Blue」です。

割とゆったりとしたタイムテーブルとなっております。
何度も言っておりますが「Black & Blue」は
Barとしての機能も、非常に充実!!

一杯やりながら楽しむ本来のライブハウスの雰囲気を
味わいたいなら、もうこの日しかありません(笑)

久々に蔵から出した曲、「CTB Smoky」ならではの
「あの曲、あのギターソロ」等々、いろいろとご用意しております。


そして、「夏の野外ライブを楽しみたい」「開放的な雰囲気でバンドサウンドを!」
と言う方にお奨めするのが、
8/26(日)の「日比谷野外小音楽堂」です。

この日の一番のウリはなんと言っても「無料」だと言うこと(苦笑)
(「野外」って事じゃねぇのかよ!(笑))

「平日はちょっと…」と言う方にもこちらがお奨め!

「小」とは言え、「日比谷の野外」、あの開放的な雰囲気が忘れられない方は
ぜひお弁当持って、日比谷公園に遊びに来てください。
こちらも、時間は若干短めです。


最後に…
「それでもどれに行こうか迷ってしまう」
「Smokyの大ファンだ!」(そんな人おるん?(笑))

と言う方にお奨めなのが、「全部盛り」(爆)

「この際、全部見にきなよ!」 って事…

さすがに、全て違う曲を用意するのは若干の無理があるので、
共通の曲もありますが、それぞれに固有の曲をご用意してですねえ
あんな責め方、こんなテクニックを駆使しまして、
お楽しみいただけるよう構成を考えております。

「なんだ、あっちの日に行けばよかったなぁ~」と後悔しない為にも
「全部盛り」も「ありと言えばあり」です。

実際問題! そんな奇特な方はいらっしゃらないと思いますが(苦笑)
もし、いらっしゃいましたらなにかプレゼントを考えますよ!
ご期待ください!


「渋谷 クロコダイル」から始まって、
最後が「日比谷の野音(小だけど)」と言う
なんだか出来すぎなこのシチュエーション!

やる方も、やられる方も見る方も楽しめる 2007夏にできればと
思っております。 お時間のある方、ぜひご参加下さいませませ。
[PR]
by smoky_achar | 2007-07-31 08:48 | LIVE 情報
【「おやじバンドフェスティバル」ご報告 「最終回」 】
まったくもって、呑気なもんです(笑)
既に、あれから半年も経ってようやくの最終回…

まあ、本人もこんなにかかるとは思ってませんでしたから…


さあ、いよいよこのイベントのオオトリを飾る
「ザ・ワイルドワンズ」のライブが始まりました。

もうなんといいましょうか、さすがです!

ライブと言うか、エンターテイメントショーになってますね。

お客さんを楽しませようと言う、プロ根性の塊の様なライブでした。
加えて、俺なんかが子供の頃から一線で活躍されているわけでしょ?
それを考えると、ほんと凄いです!

グループサンウズの名曲の数々…
楽しいおしゃべり…
そして極めつけは「思い出の渚」…

やっぱり生演奏で本物の演奏聴くと、ジ~~ンと来るものがありますよね。
ほんと楽しいステージでした。

この時点で、もうほんと満足です。
なんと充実した一日だった事でしょう!!

いやあ~ほんと楽しかったです。

この日起こった事の全て、ひとつひとつが貴重に感じられます。

「えぇ!! そりゃないよ」とか…
「なんだよ!」とか…
「くそぉ!」とか…

そう言う、不満やらがっかりする事がまったくないと言う
世にも珍しい一日を過ごしました。

なので、本当に負け惜しみじゃなく、別に賞とかにこだわる
意識って全くなかったんですね。 充分でした。(笑)

そして、最後の結果発表…

【優勝】
「The Drop Traps」

【準優勝】
「クッキーサトナカ&ヘンデルとグレーテル」

【審査員特別賞】
「SWETT PAPA」

と言う結果になりました。

副賞でお米かなんかもらってたのは、
ちょっとうらやましかった。(笑)

ラッキーでした。 いろいろラッキーでした。

やっぱり、「第一回」に参加できたと言うのはよかったですね。

例えば、このBlogとかを読んで、
「よし、次は俺たちも…」と思う方って
結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

もしかしたら、第二回は応募総数が二倍、三倍になるかも
しれないわけじゃないですか?(苦笑)


さて、以前記事にした「ROCK DAD」と言う雑誌があります。
それの第二号にこの「おやじバンドフェスティバル」の事が載っています。

しかし、本当に「おやじバンドブーム」なんですね(笑)

俺なんか、これだけどっぷりと楽しんでおきながら
いまだに「おやじ」と言う冠詞には、異常なまでに
他人事を装っているのに、世の中、
「おやじバンドフェスティバル」系のコンテストの多いこと多いこと…

びっくりするくらいの多さです。

そして、その中でも全国規模で行われたこの
「おやじバンドフェスティバル」の決勝大会が

8/16(木)、「神宮外苑花火大会」にて行われます。

公式ホームページはこちら=>2007 神宮外苑花火大会

なんと、この花火大会自体が、「日刊スポーツ主催」なんですね。

各所で行われるイベントの豪華な事…

今頃になって、若干うらやましくなりました(笑)


と言うわけで、「おやじバンドフェスティバル」の体験記も終了です。

とはいえ、8/16には決戦大会が…
8/15には、渋谷のクロコダイルにて
まさに前夜祭ともいえるイベントが企画されています。
(詳細は決まり次第お知らせします)

まだまだ、「おやじバンド」の「宴」はしばらく続きそうです。(苦笑)
[PR]
by smoky_achar | 2007-07-24 08:36 | LIVE レビュー
【 [THE TARGIE SHOW]更なる発展を願って… 】
【 [THE TARGIE SHOW]結果発表!! 】
の続きです。

さて、前回の繰り返しになりますが、
「CTB Smoky」が演奏するギターソロに対して、Char本人が、
「今はあんな風には弾けない」って言ってるってくだりの話題から…

「そんなわけないよな」って思う理由がいくつかあるわけです。(笑)

かなり個人的な意見、また、感覚的な話になりますが、
あの曲って、ギターソロより、イントロの方が難易度高いんじゃないの?
って思ってるんですよ。俺は…


さぁ! ここからは、本邦初の試み… ギター演奏の部分を
口三味線で言ったとしたら?… を更に文字にしての説明です。

これだったら、著作権問題はだいじょうぶ? じゃない?(苦笑)

まぁ、もし問題あるようだったら言ってください。 (笑)

行きますよ! イントロのアームダウンの所からね。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ギュィ~~~ン!

チャァ~~~~~~ チャラララァ…(アーム)

チャラララァ~~(アーム)

チャラララァ~~(アーム)

チャァ~ チャララ ラァ~

(※1)チャララ ラララァ~(アーム)

(※2)チャラララァ~ (※3)チャララ ララララァ~

チャララ ラァ~アァ~アァ~(アーム)

チャララチャラララァ~~(トリル)&(アーム)
チャララチャラララァ~~(トリル)&(アーム)

ウィン(アーム) ウィン(アーム) ウィン(アーム) ウィン (アーム)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


って事で、わかる人にはわかると思いますが、
わからない人には、まったくわからないかもしれないと言う… (笑)

でですね、第一関門が(※1)の所なんですよ。

あのサンプル画像を見ていただければわかると思いますが、
見事に、俺、ミスってます(泣)

(※1)チャララ ラララァ~(アーム)

の、3番目の「ラ」と4番目の「ラ」が同じ音になっちゃってますね。
その前のフレーズからのポジション移動と、その後の指使いの難易度もあり
結構難しい所ではあるのですが… ダメですねぇ


そして次の難関が(※3)の所…

ちょっと聞いただけでは(※2)の所と同じフレーズの様に聞こえるのですが、
実は音数も違うし、若干フレーズが違うんです。

個人的には、ここがこの曲の最大の難関だと思っているんです。

別に同じフレーズ二回繰り返せばいい所なのに、敢えて「小難しく」して、
アクセントを加えてるところなんぞが、さすがCharだとも言えるわけですが…(笑)

と言うことでですね、とにかく俺は、イントロの方が難しいと思っているわけです。


そして、Charはよくジェフベックの事を

「あいつ絶対、影で必死に練習してる…」

とかって、ある意味尊敬を込めてちょっと皮肉っぽく言ったりするのですが、
俺が思うに、絶対にChar自身もそれに近いと思うんですね。

絶対的なもの凄い練習量だと思っています。
こんな事も言ってました。

「思いついたメロディーを、ギターで弾けないと言うのは悔しいじゃん!」
「だから、練習する」

ってね。
なので、最近のライブの映像とかみても、昔よりかなり高度な事をやっているような
部分も見受けられるような気がするんですね。

そんな人が、「昔は弾けたけど、今は弾けない」と言うのは
「ありえないんじゃないかな?」と、思うわけですよ!

だから、「そんなわけないよな!」って思っちゃうわけなんですね(苦笑)

とは言え、あのコメントと映像は本当に、俺の宝物ですね。

「Smoky」と言うバンドを始めた時に、
こんなことになるとは微塵も思ってませんでしたからね。

あの映像と、最初に「Smoky」のメンバーと顔を合わせた時の記憶が重なると、
なんかねえ、ドキュメンタリー番組を見てる気分ですよ(笑)


しかし!! 実は、ずっと気になっている事が…

あのCharのコメントの最後の方ですが、
メインのギターカッティングからギャウゥ~~ンとアームダウンして、
イントロのギターに入るまでの「間」に付いてコメントしてくれてますよねえ?

「敢えてなのかもしれないが、本当は2拍なのに、3拍半位間がある」と…

えっと…

「敢えて…」 です! (笑)

やっぱりねえ、このアームダウンの所っていきなりの山場なわけじゃないですか?
あのスリリング具合… たまらないわけです。

ちょっとでも、その感じを長く味わいたいじゃないですか?
だから、敢えて長いんです。 なので、本当は「4拍」あいてます(笑)

極端な話、「8拍」でもいいんじゃないの? 位に思ってますから…(笑)

で、問題はその後…

「そこはRockだから好きにやればいい でも…」

その「でも…」の後が知りたいんです!!

絶対に、なにか問題点を指摘してくれているはずなんです!

俺としてはですね、「ダメな所」を知りたいんです。

もし、その問題点を克服できたら、
多少なりともよくなる可能性があるわけじゃないですか?

なんとか関係者の方から聞きだそうと思っている次第でございます(望)



さて、この「TARGIE SHOW」ですが、
実は俺にとってはまだ秘密がありまして…

実はですね。一番最初にサイトを見た時…
まだ、投稿作品がなく「サンプル画像」だけだった時…

一目見てマジで驚きました。
だって、サンプル画像として載っている方々…
お一人を除いては、「面識のある方」だったからです。

見るまでまったく知りませんでしたからね。(苦笑)

いやはや世の中狭いモノです。
って言うか、業界が狭いのでしょうか? でも、なんの業界?(笑)

未だに、「ようやく、TARGIE SHOW みられたよ!」なんて
声をかけてくれる方もいらっしゃいます。

いろんな意味を含めまして、あの場所にいられる事に感謝いたします。
関わって頂いた皆様、ありがとうございました。(多謝)


すっかり、動画投稿のできるコミュニティやサイトが多くなってきました。
そんな中にあっても、ぜひ「TARGIE SHOW」は、
他とは一線を画した、ギタリストがたくさん集まるサイトになって
盛り上がってくれたらいいなと思っております。

だって、今度はぜひ「投稿者」として参加したいじゃないですか!

という事で「TARGIE SHOW」および「TARGIE」の
更なる発展と繁栄を願いまして…
[PR]
by smoky_achar | 2007-07-17 11:27 | Charな話題♪
【Smoky ライブレポ '07/06/10 @吉祥寺 Black&Blue(3)】

随分と間があいてしまいました。
既にひと月前の話になってしまいましたね(苦笑)

さて、いよいよ「ゆうと君バンド」のお話です。

まずは見ていただきたいのが、この画像…

c0032353_1851251.jpg


みよ! このギャラリーを!!

って感じでしょ?(笑)

すごいでしょ?(驚愕)

しかもメインのお客さんは、ゆうと君のお友達ですからね。
通常の「ライブハウス」ではありえない光景がそこにはありました。

まあ安易な言い方をしてしまえば、

「まるで学芸会のよう」

という事になるわけですが、
「学芸会」で「Deep Purple」とか、「Ozzy Osbourne」とかありえませんからね(笑)

妙なミスマッチが、さらに「不思議な感じ」をグレードアップさせているような
そんな感じの「Black & Blue」でございました。

さて、そんなミスマッチを誘発したセットリストとは…

「Detroit Rock City」 (KISS)
「Mr. Crowly」 (Ozzy Osbourne)
「A Fair Wind」 (Char)
「Cross Road」 (E.Clapton)
「High Way Star」 (Deep Purple)
「Smoke On The Water」 (Deep Purple)
「Born To Love You」 (Qeen)

まあ、「A Fair Wind」はインストですけど、
このセットリストすべての曲のイントロからバッキング、ギターソロ
そして、メインボーカルのすべてをゆうと君が担当しているわけです。

「すべてを…」ですよ?

みなさん、歌えますか?(笑)
念を押しておきますが、すべて英語の歌詞ですからねっ!

それは、リハーサルの時から顕著だったのですが、
この半年位ですかねえ、ギターの腕もとんでもないくらい上達しています。

「からくりTV」に出演し始めたころから、そりゃもう「ある一線を越えている」レベル
だったわけですが、さらにそれに磨きがかかってきました。

これは実際に目にしないとなかなか信じられない事ですが、
「Mr.Crowly」のギターソロなんかほとんど「完コピ」ですからね。
いや、もちろんほかの曲も「完コピ」に近いのですが、
特に「Mr. Crowly」のギターソロの盛り上がりの早弾きの所…

もうねえ「Black & Blue」のスタッフの方でさえ、
口あんぐり…、「まじかよ?」って表情で下向いて苦笑してしまう位ですから…

実は俺手が小さいんです。
ギターを始めた頃からのコンプレックスでした。

あのイングヴェイの手のでかさしってますか?(笑)
Charだって、手大きいですよね?

「もう少し、手が大きかったら… 指が長かったら…」

いっつも思っていました。

しかし、瑠璃ちゃんやゆうと君を見て思いました。

「あの小さな手であれだけ弾いてるんだぞ? ぜいたく言うな!」

ってね(笑)

あの小さな手でどうやったらあのフレーズが弾けるのか
不思議でなりません。

単なる「ちょうちん記事」ではない事を証明するために
一応いいますが、(苦笑)さすがに「歌」に関してはねえ、
そりゃ「じっくり聞かせる」ってわけにはいきませんが、
それにしたって、英語の歌詞を全曲ギター弾きながら歌っているわけです。
でも、まだ7歳ですよ! 7歳なんです! (笑)

たくさんコピーバンド見てます。
コピーバンドのイベントもたくさん行きました。
そんな俺が見ても、「ゆうと君」の演奏は、
普通に70年代のコピーバンドを見てるのと同等に楽しめました。

ここだけの話ですが、そういうイベントに行っても
「えぇ? そりゃないでしょ?」って言う
大人のバンドだっていますから…(苦笑)

というわけで、最後にそのゆうと君の雄姿を…

c0032353_18514118.jpg


もうねえ、後ろのほうにいたら見えないんですよ(笑)
手を高く上げて、背伸びして、やっと撮った写真です…(苦笑)

ご覧のとおり、「白ムス」使ってます。
別に俺が貸したわけじゃありません(笑)

ゆうと君のギターです。
最近のメインギターです。
「MG-65-86」です。
かなり弾きやすいんだそうです。

ゆうと君のライブ情報も随時アップしますので、
機会がありましたらみなさんもぜひご参加くださいませ。
[PR]
by smoky_achar | 2007-07-09 09:21 | からくりTV&瑠璃ちゃんバンド