<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
【Smoky ライブレポ '07/08/25 @日比谷野外小音楽堂 】
驚いた! とても驚いた!!

「木陰」の威力に、驚愕いたしました。(笑)

「木陰」って本当にすごいんですね。
あの「猛暑」とも「激暑」とも言える 昨日にあって、
木陰に守られた「日比谷野外小音楽堂」の涼しいこと…

客席のほぼ90%位が、木々の庇護のおかげで
直射日光からの攻撃にさらされず、非常に快適な空間を
提供してくれていました。

「自然」ってのは、ほんとうに凄いんですね!

と言うのを再認識しながらの、日比谷野外小音楽堂での
ライブとなりました。(笑)

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。(多謝)

では、セットリストのご紹介…


『Smoky セットリスト』

「空模様のかげんが悪くなる前に」
「Finger」
「Smoky」

「Thrill」
「かげろう」

「逆光線」
「闘牛士」

「Shinin' You Shinin' Day」


日比谷&無料という事で、JL&C 「Free Sprits」
を意識したセットリストというのもアリかとも思ったのですが、
ここはあえて、初期ソロ時代の曲を多めに構成してみました。

もう3曲目が終わる頃には、

「もしかして Charがライブを??」

と勘違いした方々が、
大挙して「大音楽堂」の方に押し寄せてしまったらしいです。(大嘘)(笑)


オープニングは いきなりの「空模様…」…
勝手に「野外向け曲だ!」と言う独断の元に、1曲目にやっちゃいました。
イントロとエンディングは、Char本人も最近のライブでやっている
リフのパターンを組み入れてアレンジしてみました。

そして、この日のメインは「Shinin’…」…
まあ、打って付けの曲ですね(笑)
演奏しながらも、かなり「その気」にさせてくれる選曲でした。(更笑)

噴水広場をバックにして、まさに「逆光線」な感じのステージは
こんな具合…

c0032353_22481056.jpg


そして、脇から見ると完全に「グリーンバック」と言う感じ…

c0032353_22494045.jpg


「やりたかった夏の野外ライブ」も満足して終えることができました。
これにて「2007 サマーライブツアー」も全日程を終了

ご来場いただきました皆様には、重ね重ね御礼を申し上げます。

そんな中! 以前ご案内申し上げた、
「全日程制覇者」へのプレゼントを発表させていただきます。

「Smoky ライブ終了後の打ち上げ無料参加券(権)」

を差し上げます。

え? 「いたのか?」って?

それがですね、大変ありがたいことに 1名様いらっしゃいました。
びっくりですよね?

という事で、この権利は1年間有効とさせていただきます。


この日は、終演後にほんとうにたくさんの方に声をかけていただきました。
ありがたいことじゃありませんか!

その中でも感動したのが、
しゃべるイントネーションや、身なりからすると
中国か、韓国からの留学生と言った感じの方だと思うんですが…

実は、演奏している途中もほぼ最前列で見ているこの方の事は
視界に入っており、意識してました。
「ネットの情報かなにかで、見に来てくれたのかな?」
と、思っていたのですが、どうやら偶然小音楽堂を訪れたらしいんですね。
Char自体も知らないと言うことでした。

で、この方が非常に興奮した口調で、「感動しました」とおっしゃるんですよ。
「3人でのあの演奏はすごいです」と…(恥&嬉)

いやいやいや、「大感動」なのはこっちですから!!
そんな風に言ってもらっちゃ~…(号泣)

このBlogの事もお教えしたんですが、
たどり着いてくれてるかなぁ~…

きっと、これを機会にCharの音楽を聴いてくれるはず!
という事で、二重にうれしい出来事でありました。
[PR]
by smoky_achar | 2007-08-27 13:47 | LIVE レビュー
【Smoky ライブレポ '07/08/17 @吉祥寺 Black & Blue 】
連日の猛暑の中のご来場、誠にありがとうございました。(多謝)

なんか「特に暑い日」にぶち当たってるような気がしますが…(笑)

前回の「クロコダイル」の時も書いてますが、
この日も「自家製麦茶」をギターケースに入れまして、
移動をしたんですよ。

この「自家製麦茶」ですが、「特製麦茶」と言ってもいいかな?
って位の麦茶でして…

なにが違うかと言いますと、実は「クロコダイル」の日に初めて
やったのですが、あの暑さだったでしょ? 水分だけでなく
ミネラル分も補給したほうがいいんじゃないかと思った俺は、
麦茶に少量の「食塩」を入れることを思いつきました!(笑)

これが特に塩分を感じることもなく、普通の麦茶として飲めて、
なかなかいい感じじゃん!と本人も悦にいっていたんです。

味をしめたのでこの日も、「特製麦茶」を作ったのですが、
前回あまりにもなんともなかったので、
若干「食塩」の量を増やしたんです。

そしたらですねぇ、しょっぱくて飲めませんでした。
アハハハ…

てな、コントも挟みながらの吉祥寺でのライブになりました。(笑)

では、セットリストをば…


『Smoky セットリスト』

「Drive Me Nuts」 (日本テレビ Rock鳴缶 Ver.)
「Head Song」 (日本テレビ Rock鳴缶 Ver.)
「Finger」 (日本テレビ Rock鳴缶 Ver.)

「Navy Blue」(オリジナル Ver.)
「Thrill」 (オリジナル Ver.)
「かげろう」(2004年 日比谷野外音楽堂 Ver.)

「Grir」(夜のヒットスタジオ Ver.)
「気絶するほど悩ましい」(ライブ用イントロ+オリジナルVer.)
「逆光線」(オリジナルVer.)

「The Leading of Leaving」( CTB Smoky Ver.)
「Smoky」(オリジナル Ver.)



予告どおり、たっぷり11曲お送りいたしました。

しばらく「CBA ライブ」ヴァージョンでやっていた
「Drive Me Nuts」を1992年に日本テレビで放送された
「Rock鳴缶」での演奏ヴァージョンに変更

オープニング3曲は、JL&Cのお馴染みナンバーを
この放送でのヴァージョンでお送りいたしました。

そして、今回の目玉はなんと言っても「Girl」のギターソロ…

1977年 夜のヒットスタジオに出演した時のギターソロをコピーしてみました。

1コーラスをピアノの弾き語り、途中からギタースタンドに固定された
Mustangを弾きながらの演奏に切り替えると言う、
なかなか珍しい形態での演奏を披露したこの時のギターソロ…

とにかく素晴らしい! 「鬼気迫る」とでもいいましょうか…
数あるCharのアドリブギターソロの中でも「名演中の名演」
と言ってもいい位に個人的には思っていたギターソロなんですね。

ちょうど俺がギター始めた頃なんですよ。

それから、ちょうど30年! (改めて書くと恐ろしいですね。この数字)

念願かなってと言うか、なんと言うか、あの名演をコピーして
演奏することができました。
はっきり言って自己満足の世界ですが(笑)かなり満足しております(更笑)

しかし、ほんとに瞬間的な思いつきで
あんな凄いメロディ弾けるものなのでしょうか?(悩)
う~~~ん、すごすぎるよなぁ~~


さて、とうとう「Smoky 2007 サマーライブツアー」も
残すところ、最後の「8/26 野音」を残すのみ!!

また、少々雰囲気を変えての構成を考えております。
そして、なんと言っても「Free Live」ですからね。

ご遠慮なさらずに、遊びに来てください(笑)

では、「日比谷野音(小)」にて、お待ちしております。
[PR]
by smoky_achar | 2007-08-20 09:22 | LIVE レビュー
【Smoky ライブレポ '07/08/15 @渋谷 クロコダイル その2】
ご存知かと思いますが、当 「Char Tribute Band Smoky」 は
本日もライブがございます。

吉祥寺 Live Bar Black & Blue
にて 21:00過ぎくらいからたっぷりとCharの名曲を
演奏させていただきますので、ぜひ遊びに来てください。

終演後は軽く飲み会なんぞもご用意しておりますので、
Char話で盛り上がりたいと言う方のご参加も
お待ちしておりますよお!

では、8/15のクロコダイルのお話の続きです。

お恥ずかしい事に、俺はクロコダイルに行ったのって
3/21が初めてだったんです。

うちのとっつあん@ベースや、山さん@ドラムは
「出演した事がある」との事なのに…(恥)

しかも、3/21の記事を読んでいただければ分かるように
あの時は、朝の通勤電車君も言葉を失うほどのすし詰め状態…

中の構造やら、設備をじっくり見る余裕などまったく
なかったわけでして、今回はじめて、ほんとうのクロコダイルの
全容を確認できたわけなんですね(笑)

「え? こんな風になっていたんだ…」
って思わずつぶやいてしまいました。(苦笑)

同じようにびっくりしたのが、楽屋…
3畳強ほどの広さなんですよ。
余程の大所帯じゃない限り、
ふつうに使う分には特に問題はなさそうなんですが…

そうなんです、すぐに3/21とリンクしてしまうんですね。
ここに、あのChar、ジョニー、マーチャンがいたと思うとね。

いやね、単純にそこにいたって事の感慨もあるわけですが、
振り返りますと、あの日リハーサルが終了してから、
演奏が始まるまで、かなりの時間があったわけじゃないですか?

あのギャラリーのいる中、フラフラと外へ出るわけにもいかず
じぃ~~~っとあの部屋に3人が籠っていたと思うと…

ちょっと苦笑しちゃう位に、きつかったんじゃないかな?と…(笑)

なんかね、そんな観察もできちゃったんで、
今回のクロコダイルでのライブは楽しかったな…
って感じなわけなんです(笑)

集合したのが、14:30頃…
「若干のマキ状態」と言う事で、15:00の予定だった
俺達のリハも程無く始り、滞りなく終了…
本番まで、5時間… う~~む、困った… (小泣)

いや、通常ならば原宿なり、渋谷なりをウロウロすればいいのですが
あの暑さでしょ? とてもそんな気にはなれないんですね。

そこで! 3/21にも利用した、すぐ近くのデニーズにこもりました。
男三人、2時間半位いたかなあ? いい迷惑です(苦笑)


と言う事で、やっと本番まで辿り着きましたね。(笑)

一番思ったのは、各バンドさん、中野サンプラザの時より
なんかノビノビと演奏してるなあ~って事…

本来の、普段やっている音楽活動をがっつりと見せてきた!
と言った感じですね。

さすがに、120組から選ばれた面々と言った感じですよ。

残念ながら、リハーサルしか見られなかったのですが

"クッキーサトナカ&
   ヘンデルとグレーテル"

なんて、サンプラザの時より数倍その実力を見せつけてる感じでした。
さすがに、準優勝って感じでしたよ。

そして、なんと言っても 西日本代表、徳島から来た
「The Old Ways」
のパフォーマンス…

ロカビリーバンドなんですが、まぁかっこいいしうまい!

よくある、60年代のオールディーズの生演奏をウリにしてる
お店あるじゃないですか?

ああいうところの、ショータイムで普通に演奏しても
まったく問題ないというか、お客さん十分に楽しめるんじゃないかな?
というクオリティでした。

あと、地元の言葉ってやっぱりいいよなぁ~ってのを妙に感じました。
別に自分の出身地じゃないわけですが、普通に地元の言葉で会話しているのを
そばで聞いているだけで、郷愁を誘うというか、懐かしい気分になる
みたいな感覚を感じましたね。

年取ったってことかねぇ(笑)


と言うわけで、「おやじたちの宴」は大盛況でしたね。

なんかねえ、こういう繋がりができたと言うのはうれしいですよねぇ~
また何かの機会にこのつながりのイベントがあれば
ぜひぜひ参加させていただきたいものです。

関係者の皆様、おつかれさまでした! そして、ありがとうございました!


おっと!ここでニュースが…

昨日、神宮大花火大会で行われた「おやじバンドフェスティバル」の
決勝大会で、東日本代表の「The Drop Traps」が優勝した模様!!

100万円Get!! すげぇ~~~!!

あの場にいたバンドが現実に100万もらったという事実…

今、又、再度、改めて、
中野サンプラザに出演できた事だけでもよかった感
が、ジワジワと来ておりますよお~(笑)


さってと、今日のライブもがんばろっと…
[PR]
by smoky_achar | 2007-08-17 11:14 | LIVE レビュー
【Smoky ライブレポ '07/08/15 @渋谷 クロコダイル その1】

朝からのテレビのニュースで、
予想最高気温が「38度」などというとんでもない地域が
存在する事を知り、運搬する荷物の事を考えるとですね、
非常に空恐ろしいもの感じる、ライブ当日の午前中だったわけでして…

メンバーに、
「熱中症にならないように水分補給しながら移動してくださいねぇ~」
なんてメールをした手前、自分もしっかりとペットボトルに自家製麦茶を
詰め込みましてですねぇ~ いざ、「渋谷 クロコダイル」を目指して
出発したわけなんですが、家を出た瞬間!

あの、サウナの入り際に鼻腔がツーーーンとなる感覚がいきなり
襲ってきまして…(笑)

自分の周りのごく一般的な空気も、灼熱空気と化していたんですねぇ~
恐ろしいことです。

とまぁ、そんな激暑の中、ご来場いただきました皆様ありがとうございました。
「おやじばんどの宴」はお楽しみいただけましたでしょうか?

では、いつものようにセットリストから…



『Smoky セットリスト』

「VoodooChile~からまわり」
「Wasted」

「気絶するほど悩ましい」
「闘牛士」

「Smoky」



なんせ持ち時間が20分と言う事もありまして、
非常に選曲は困難を極めたわけですが(笑)

評判のよかった前回の「Black&Blue」でのセットリストを元に
構成してみました。


そもそも、今回のライブはあの
日刊スポーツ主催「おやじバンドフェスティバル」
西日本大会優勝バンド「The Old Ways」さんがですね、
本日(8/16)、神宮大花火大会のイベント内で行われる、「全国大会決勝」へ
出演するために上京する所から始まるわけなんですよ。

で、「The Old Ways」さんは、
「どうせ東京へ行くのならぜひあの[クロコダイル]でライブをやりたい!」
と言うことで、あの[クロコダイル]に直接交渉されたらしいんですね。

そうしましたら! あの[クロコダイル]店長さんは割とこういった「オヤジバンド」を
応援してくれているらしくてですね。
「それならオヤジバンドフェスティバルの出演バンドでイベントできないか?」
と言うことで、「おやじバンドフェスティバル 東日本大会」への出場バンドが
多数出演する今回のイベントが開催される事になったわけです。

「わたりにふね」とはよく言ったものです(笑)
あの「クロコダイル」ですよ?

今年の3/21…
夢のようなJLCのライブを体験したあの場所なわけですよ!
あのCharがいた同じステージに立てるって事じゃないですか!

「The Old Ways」さんありがとう! って事ですよ!
「クロコダイル」さんありがとう!  って事ですよ!
取り仕切ってくれた皆川さんありがとう! って事ですよ!
ご来場の皆々様ありがとう! って事なわけですよ!

あぁ~~~~~、気持ちよかった… (笑)
だってさぁ、やっぱり音がいいよ!
ステージも高いしさ…

3/21とは違って、おもいおもいのテーブル席に陣取り、
ビール飲みながら… 豊富なメニューの中からチョイスした
おつまみや食事を頬張りながら 
ゆったりとショータイムを楽しむがごとく
ライブを見られるあの雰囲気も、ひじょぉ~~にいい感じでした。

と言うことで、つづきは又後ほど… (笑)
[PR]
by smoky_achar | 2007-08-16 09:00 | LIVE レビュー
【 阿久 悠さん ありがとう! 】
訃報です。

あの 阿久 悠さんが他界されました。
俺なんぞが、「安らかに…」なんて言うのさえも
おこがましく感じるほど、偉大な方のような気がします。

あの Charのアイドル時代の 阿久 悠さん関係の曲を
あげて見ますと…

・気絶するほど悩ましい
・ふるえて眠れ
・逆光線
・闘牛士
・Girl
・マドンナを堕落させよう
・Blue Christmas

と、まあどれをとっても名曲揃い…
印象に残る歌詞の数々ではありませんか!

とまぁ、普通ならそれで終わるところではありますが、
俺がやっているのは、Charのトリビュートバンド。
しかも、「アイドル時代の曲にも力を入れてやりたい」
と言うのが、最初からのコンセプトとしてあるバンドです。

バンドを始めてからと言うもの、何度上記の曲を歌ったことでしょう。

まずは、歌詞を覚えるところから始まって、
家でシコシコと練習する時、
スタジオに入ってメンバーと練習する時、
そして、ライブ…

ここ数年、本当に毎日の様に聞き、毎日の様に歌ってきた作品達です。

メロディーや、ギターソロももちろん最大の魅力ではありますが、
これらの作品の歌詞の卓越したセンスやそこに広がる情景、心情…

そう言ったものを感じられるからこそ、やっぱりこれらの曲を
コピーしたい、演奏したい、みんなに生で聞かせたいって
思ってコピーバンドをやってるんだと思うんですね。

もしかしたら、Char本人よりここ数年これらの作品に触れてきた
時間が長いかも知れないわけですよ。

なんかそれを考えると、この訃報は喪失感が非常に大きいです。

加えて、Charの作品に限らず、なんと数多くの名作を
世に送り出したことでしょうか?

歌謡曲全盛期の あの歌、この歌、みんな阿久 悠さん作詞ですよ!

まさに「不世出」と言う言葉がぴったりだと思います。
もう、こんな偉大な作詞家は出てこないんじゃないかな?
だって、今はもう音楽業界も仕組みや、構造が
全く変わってしまっているじゃないですか?

作曲家がいて、作詞家がいて、歌手がいて、誰もが口ずさむ大ヒット曲が生まれる
と言う構図は、もうありませんよね。

本人があまり生で演奏しなくなった名曲達を、語り継いでいくことができる
と言うのは、コピーバンドの存在意義のひとつだと思っています。

そういう意味で、これらの作品に携わっている事を
ちょっとうれしく感じてしまう程です。

今月控えているライブでも、これらの曲のいくつかを当然演奏します、歌います。

阿久 悠さん、あなたの詞は、こんなたかだかアマチュアのコピーバンドにさえも
影響を及ぼすほど、凄いんですよ。

おかげで、人生変わるくらいにいろいろな事を体験させてもらってます。

なので、やっぱり「ありがとう!」と言いたいです。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by smoky_achar | 2007-08-02 10:24