<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
【Smoky ライブレポ '07/09/24 @吉祥寺 Black & Blue 】
ご来場いただきました皆様ありがとうございました。


そして、タイバンの皆様、関係者の皆様、
大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。(平謝)


すいません、俺、大変重大な忘れ物をしてしまいました(大冷汗)

その為に、開演時刻が遅れました事を、深くお詫び申し上げます。


では、いつもの様にセットリストから…


『Smoky セットリスト』

「Smoky」

「You Keep Snowin’」
「Finger」

「タモリの音楽は世界だ」よりCharのテケテケ講座再現
~ 「Diamond Head」

「Girl」(Wギターソロ)
「Amano-Jack(天邪鬼)」

「マドンナを堕落させよう」(CTB Smoky Ver.)
「闘牛士」
「So Much In Love」

「ウルトラセブンのテーマ」(いいとこだけ)

「Shinin' You Shinin' Day」



以上、純粋な曲は9曲お送りいたしました(笑)


2年半ぶりに、「Charのテケテケ講座」が復活!!
もう10年位前に、「タモリの音楽は世界だ」と言う番組に
Charが出演した時に披露したネタを再現しました。

「Girl」は前回、Charが「夜のヒットスタジオ」
に出演した時のギターソロにて演奏したわけですが、
「シングル版のギターソロも聞きたいぞ」とのコメントを頂いたり
しましたので、今回に限りまして、

「Wギターソロ」…

つまり、一曲の中で、両方のギターソロをノーカットにて
詰め込んで演奏すると言う暴挙に挑んだという事なんですね(笑)

ハイ、ギターソロ!! 更に倍! ドン!

みたいな…


そして、散々このBlogでも解説いたしました。
「マドンナを堕落させよう」(CTB Smoky Ver.)
を、ご披露させていただきました。

ご来場の皆様、ぜひぜひご感想をお寄せくださいませ。

「どう考えてもオリジナルのほうがいいぞ!」 とか…
「あれ? もしかすると、オリジナル超えてるぞ!」 とか…(笑)

これからの、ひとつのバンドの方向性も決め兼ねない重要な
事項ですので、忌憚(きたん)のないご意見、ご感想をお寄せください。

にしても! 「マドンナを堕落させよう」 想像以上に知名度が低いです(苦笑)


あ、「Amano-Jack(天邪鬼)」も今回初披露でしたね。
ほんとライブ向けの曲です。
長さも歌謡曲っぽい感じだしね。ちょうどいいです。


更に! 今巷で非常に話題の「ウルトラセブン」!(どこで?(笑))

「一体何をやったのか?」
「なぜそんなものが飛び出したのか?」

は、ご来場いただきました皆様だけのお楽しみという事で…(笑)


と言うわけで、いつもの様に

涙あり! 笑いあり! 感動あり!

の総合エンターテイメントライブをお送りしました(笑)

では、またまた次回をお楽しみぃ~~~~~!!
[PR]
by smoky_achar | 2007-09-25 09:36 | LIVE レビュー
【CharTribute Band [Smoky] ライブ情報 9/24(祝)】

日時:2007/09/24(祝) 
    Opne:18:30 Start:19:00頃
場所:吉祥寺 ライブバー BlacK&Blue (HPはこちら)
入場料:1600円+ドリンク代 500円~


夏の日比谷野音から、ちょうどひと月のインターバルで、
またもや吉祥寺に乗り込みます(笑)

実はこの日のライブも結構「急遽」って感じで決まったんですよ。

それは 8/17の「Black&Blue」でのライブの後…

実はこの日のライブの後は、Rock居酒屋 「黒やぎ」と言うお店で
打ち上げをやったんですね。

この「黒やぎ」と言うお店は、実は「Black&Blue」の
姉妹店というか、前身というか、生みの親というか、そんな感じのお店なんですよ。

作りは「和」な普通の居酒屋さんといった感じなのですが、
BGMは、ガンガンROCKをかけると言うお店…

「Black&Blue」のスタッフのみなさんも、
仕事の後はこのお店で一杯やっていくって感じなんです。

最初に「Black&Blue」に行った時から、
このお店の話は聞いていたんで、
今回打ち上げもかねましてお邪魔する事にしたんです。

でですね、「黒やぎ」でワイワイやっている中から出てきた話が
今度の9/24のライブなんです(笑)


もともと、この日は当Smokyのドラムの山さんが
所属している「ジーザス花園&フラワーズ」と言うバンド
(このBlogでも何度か登場してますが…)のライブが
先に決まっていたんですよ。

「じゃ、みんなでワイワイパーティみたいな感じでやっちゃおうか?」

なんて話でもりあがりまして…

あっという間にライブがきまってしまったのですが!

なんと、肝心の「ジーザス花園&フラワーズ」が
急遽出演できなくなってしまいまして…(泣)

本来なら、もうひとつのタイバンである
イーグルスのコピーバンドの「EAGLEZ」のみなさん、
お客さんを巻き込んで、OFF会の様な、宴会の様な、パーティの様な、
ステージと客席が一体となって楽しめるちょっと通常のライブとは
違った雰囲気を楽しんでもらえる企画を考えていたんですが、
実現できなくなってしまったんです。(大泣)

なので、「Black&Blue」は普段どおりの雰囲気のままですが、
「CTB Smoky」としてはその流れもちょっと意識しまして、
ご来場の皆様に楽しんでいただける構成も考えております。

初披露の曲もございますので、
お時間のある方はぜひ吉祥寺まで足をお運びください。
[PR]
by smoky_achar | 2007-09-18 09:31 | LIVE 情報
【 「マドンナを堕落させよう」 CTB Smokyバージョン (後編)】
一般的に「アレンジ」と言ってもいろんな意味合いがあるように思います。

一番高等といいましょうか、普通じゃできなさそうなアレンジは
「フルオーケストラによる伴奏部分を付ける事」ってな感じでしょうか…

だから、プロの世界の「アレンジャー」と言ったら、そりゃもう
凄い人達ばかりなわけです。

歌謡曲にフルオーケストラのアレンジをつける。
しかもそれが曲自体の売り上げに左右するなんて言う状況では、
音楽理論はもちろん、その感性やらセンスやらが非常に
モノをいう世界なわけですよね。

そこまでいかずとも、バンド演奏の曲を、アコースティックバージョンにしてみたり
ちょっとコードを変えてみたり、リズムを変えてみたりと言うのもアレンジで
あることには変わりありません。

もう一度募集要項を見てみましょう。


「応募要綱」
●カバー:既成曲に楽器での演奏表現を高めるために若干アレンジを加えた演奏


額面どおり受け取れば、フルオーケストラの伴奏を3人で演奏するために
つぎはぎにしても、十分この条件を満たしてるような気がします。


しかし! それじゃぁ、おもしろくない!(笑)


っていうか、それだと「コピー」と「カバー」の境界線は限りなく微妙に
なってくる感じがしませんか?

しかも、曲がりなりにも「コンテスト形式」なわけですから、
多少なりとも「CTB Smokyらしさ」みたいなものを
出さなきゃ話になりません。


これを踏まえて、あの「マドンナを堕落させよう」を吟味いたします。(笑)


前回も言いましたが、俺的には非常にCharの楽曲の中でも思い入れの
ある曲ではありますが、若干のマイナー感があるのも否めない所なんですよね。

割と単調なんですね。一番の盛り上がりはギターソロみたいな…
使用しているコードもオーソドックスな感じだし…

そのあたり総合すると、確かに「B面」に甘んじてるの
もわからなくもないともいえなくもないわけです(笑)

それともうひとつ! 曲が短い! あっという間に終わっちゃう!

あの当時の歌謡曲ってのはだいたいそんな感じなのですが、
その中にあっても短い…

募集曲の時間的制限は5分ですからね。
これは、目一杯使わないと損です! 大損です!

それとイントロにも問題があります。
原曲をライブでやる時に思うのですが、あのイントロを3人でやるのは
じゃっかんの「ショボさ」を伴ってしまうわけです。

他の曲でもそうですが、ギターの単音メロディで始まるイントロは
キーボードでもいないと、妙に寂しくなってしまうんですね。

さあ、問題点はだいたい洗い出せましたでしょうかね?(笑)

以上の様な事を一応頭に入れまして、「マドンナを堕落させよう」を
ギターを弾きながらいじくり回しました。

なんだかしらんけど、違う曲みたいになっちゃいました(笑)


まずいわゆる「Aメロ」とかいわれる部分ですが、
通常の倍の小節数を消費するような譜割りにしました。
(♪時には道を…♪の所ね)

これにより、更にメロウな感じに…
ひとつ間違うと、ちょっとフォークソングっぽいわけですが、
ここはひとつ、山さん@ドラムと、とっつぁん@ベースの力を借りて、
雰囲気でカバー… (笑)


「Bメロ」は、ほぼそのままかな…
(♪つまらない話だ…♪の所ね)


そしてサビの部分は…
完全に作り変えちゃいました。
「これってアレンジの範疇に収まるのかな?」って位に
変えちゃったというか、変わっちゃいました。

これはもう、自然な流れなのでどうしようもありませんでした。(苦笑)
更に原曲にはない、バックコーラスをサビの部分に追加…
コーラスと言っても、歌メロにハモルコーラスではない、
別の旋律で後ろに流れる感じのコーラスをつけました。

そして、原曲では、1コーラスと2コーラスの間にギターソロが
入っていますが、2コーラス終わった後にギターソロ、
そこから、「からまわり」を意識した、
ギター&ベースのユニゾンプレイになだれ込みます。

声を大にしていいますが、こんなものは所詮自己満足の塊です。(笑)
それを思いっきりわかった上で、踏まえた上で、言わせてもらうと、

なんかすごくいい感じのアレンジに仕上がりました。(爆)

元ネタは俺がある程度のイメージを作って
スタジオに入ったのですが、そこから、山さん@ドラム&とっつあん@ベースと
3人で作り上げる過程がまあ~楽しかった事…

二人の引き出しから出てくるアイディアやアドバイス、
それが形になっていく瞬間… これたまんないですな…

まあ普段からオリジナルをやっているバンドの皆さんからしたら
いつもの事なのでしょうが、俺はいつもはコピー曲ですからねぇ

尚更楽しめてしまったのでしょうが、至福の時間でしたよ。ほんとに…
(山さん、とっつあんはそれぞれオリジナルのバンドに属しています)


さて、こうなってくると、
「マドンナを堕落させよう CTB Smokyバージョン」
をライブでご披露したい気持ちはつのるわけですが、
ここにひとつのジレンマがあります。

そのジレンマについては、又日を改めて…
[PR]
by smoky_achar | 2007-09-10 12:49 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 「マドンナを堕落させよう」 CTB Smokyバージョン 】
「2007 サマーライブ ツアー」も無事終了

しかし、息つく間もなく 「CTB Smoky」は新たなる局面を迎えているのでした。


どうですか? なかなかの冒頭ですか? (笑)


事の発端は、こんなくだり…


「応募要綱」
>募集楽曲
「オリジナル」または「カバー」の演奏曲
(インストゥルメンタル含む)でジャンルは問いません。
●オリジナル:オリジナル楽曲の演奏
(未発表で他のコンテストで受賞歴や特定の音楽出版社などと契約がないもの)
●カバー:既成曲に楽器での演奏表現を高めるために若干アレンジを加えた演奏



「オリジナル」か「カバー」か…
でも、俺ら「コピーバンド」だもんな…
どうすっぺか?

という事になるわけなんですね。


実は! バンド結成時より、あるひとつのプランがありました。

それは!

★Charっぽい オリジナル曲の作成
又は、
★JL&Cっぽい オリジナル曲の作成
又は、
★サイケデリックスっぽい オリジナル曲の作成


実際、これに向けて思いついたネタを多少ストックしていたり、
試しに曲として構成してみたり、という事も行われていたんです。

しかし、クォリティ的な事を考えると
正直「まだまだ」って感じは否めないわけです。


しかも、「CTB Smoky」と言うバンドキャラクターを前面に出すには、
いくら「っぽい」とは言え 完全オリジナルと言うのも微妙な線です。

単に披露するのではなく、今回は曲がりなりにも「応募」と言う形ですからね。

そこでもうひとつの選択肢、「カバー」と言う道を選択する事にしました。

Charの既存の楽曲を「CTB Smoky」らしくアレンジしちゃおう!

って事ですね。
これなら、「Char Tribute Band」の名に恥じぬ…って感じが
よりいっそう強くなりませんか? (笑)

次なる問題は、「曲の選定」です。

JL&Cの楽曲ですと、
3ピースで演奏するにはあまりにも完成度が高すぎるわけです。

「もうそれ以上いじりようがない」

と言うのが、もっともジャストフィットな表現じゃないでしょうか?(苦笑)

「Finger」なんかいじったら、
それこそ「Purple Haze」になりかねませんからね(爆笑)

そのあたり考えますと、やはり白羽の矢がたつのは「アイドル時代の曲」
加えて、シングルA面曲とかではないが、埋もれさせるには惜しい曲
という条件を満たしていれば非常にベターな感じです。

とまぁ、くどくど言わなくても既に記事のタイトルになってますからね(苦笑)

そうです。「マドンナを堕落させよう」をピックアップしました。


この曲ですが、なんか不憫でねぇ~ 不遇とでもいいましょうか…


以前もどこかに書きましたが、Char本人曰く…

「レコーディングの時以外、一度も演奏した事がない」

という事の様でして…

ね? かわいそうでしょ? だから、当「CTB Smoky」は
かなり早い段階からこの曲をコピーしてですね、
ライブでも演奏しているわけですよ。

なんと言っても、作詞が あの「阿久悠」さんです。

「マドンナを堕落させよう!!」

タイトルからして 阿久さんワールド全開ですからね。

当然ながら、曲もかっこいい! 最初のメロウな入りなんかゾクゾクします。
加えて、ギターソロがまたかっこいいんですよね。

あの大ヒット曲「闘牛士」のB面であるにもかかわらず、
つい最近まで、CDでの音源がなかったという不遇具合…

「かゎいそ! かぁわいそ!」 って感じでしょ?

割とCharの曲を知っている人にさえ、
「マドンナを堕落させよう」は知りませんでした
と言わしめる状態ですからね。

俺のこの曲への思い入れ度と、
曲の不遇さ加減のギャップの大きいこと大きいこと…


とまあ、そういう事でですね、この
「マドンナを堕落させよう」
を「CTB Smoky」流にアレンジする事にしました。


では、続きは又次回…
[PR]
by smoky_achar | 2007-09-04 10:39 | バンドの三方山(ミモヤマ)話