<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
【 アレンジ曲を演奏する事のジレンマ 】
前回のライブでも演奏しました曲に

「マドンナを堕落させよう CTB Smoky Ver.」

というのがあります。

以前書いたとおり、この曲はある必要に迫られて原曲にアレンジを施しました。


しかし、散々とこのBlogでも言ってますとおり、
我が「Char Tribute Band Smoky」が目指すところは

Charの楽曲&ギターソロ完全コピー

なんですね。

決して「カバーバンド」ではなく「完全コピーバンド」でありたいわけです。

それはなぜか?
これも繰り返しになりますが、やっぱり普段レコードやらCDで聴いていた
イントロやギターソロをそのまま生で聞きたいと言う欲求があるからなんですね。

本人がやってくれないなら、自分でやっちゃおう!
そして、自分と同じ欲求を持っている人に楽しんでもらおう!

と言うのが基本のコンセプトなわけです。

だって、Char本人だってよくインタビューとかで語ってますよね。

ギターを始めた頃、ある外国ミュージシャンのライブを見た際に、
必死にコピーしたレコードのギターソロとは
違うギターソロ(アドリブ)が演奏されて
ものすごくショックを受けた

と…

結局これに尽きるわけですよね(笑)

自分の知っているフレーズ、聞きなれたフレーズ、好きなフレーズ…
これが生の演奏によって目の前で再現される感動と言うのは
わかっていてもジ~~~ンと来るものなんです。

そこにコピーバンドたるもの価値を見出しているわけなんですね。


そんな中にあっても、「闘牛士」B面「マドンナを堕落させよう」は
あれだけスリリングなギターソロがあるのに、今まで一度もライブでは演奏されない
と言う不幸な境遇だったわけです。

生で聞きたいと言う欲求がかなえられない代表曲でもあったんですね。(苦笑)


なので、当バンドは割りと早い段階からこの曲に取り組み
「生演奏」を体験したことのないCharファンの方々に
少しでも楽しんでいただければと、ライブでも演奏してきたわけです。

あのギターソロの生演奏は、自分で演奏しているにもかかわらず
やっぱりゾクゾクする位のインパクトがあるわけですよ。

それを今回敢えて壊したわけです。

イントロ、バッキング、コード進行、ギターソロ、構成、コーラス

変えたり、削ったり、くっつけたり…


そして、3人で取り組むこの作業の楽しい事、楽しい事!

この3人で作り上げてる感がなんとも言えない充実した
時間を提供してくれるわけなんですね。

最終的には、一応納得のいく形で仕上がるわけじゃないですか?

とすると…

そうなんですよねぇ、やっぱり「聞いてもらいたい」
と言う欲求がでてくるわけです。


しかし、ここで大問題!(笑)
あれだけ、「完全コピーにこだわる」とか言っていたものを、
どの面下げて、「アレンジしました」なんていえるでしょうか?(苦笑)

オリジナルのイントロ、ギターソロを生演奏する事に価値があるんだ!

なんて散々言っていたのに…

とはいえ、前にも言いましたが実は
「Charっぽいオリジナル」
「JL&Cっぽいオリジナル」
の作成と言うのも当初から課題にしておりまして、
その一貫という解釈も無理やりできるかな?
なんて都合のいい言い訳をつけたりして…

とまあ、こんなジレンマの中で
「マドンナを堕落させよう CTB Smoky Ver.」
はライブで演奏されているわけなんですね(笑)


でもさあ、これって元ねたの「マドンナを堕落させよう」を
知ってる方に聞いてもらわないと、あんまり意味がないっちゅうか…(笑)

「ぜひ比べて欲しい」ってのがあるんですよねえ


なので! 「マドンナを堕落させよう」を聞いたことのあるあなた!
ぜひ機会がありましたら「CTB Smoky」のライブに足をお運びください。

そして、感想などを教えていただけると、大変ありがたいと思います。
[PR]
by smoky_achar | 2007-10-18 14:33 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 竜之介バンド@からくりTV 2007/9/30 放送分より】
「さんまのスーパーからくりTV」ご覧になりましたでしょうか?


諸事情から今までこのBlogにも書いていませんでしたが、
実は今年の春、一度竜之介君に会っているんです。

同じ時間帯に、同じ場所に向かっていたとは言え、
同じ電車の、同じ車両に乗り合わせると言う
なんとも不思議な初対面のシチュエーションでした。

そりゃそうですよ。
だって、たとえ同じ時間の電車に乗ったとしても
同じ車両に乗り合わせるなんて…

「なんか不思議なもの」を感じずにはいられませんでした。

しかも、ドラマーのレン君もいっしょに…


そして、

「アチャーさん、ギター何本もってるん?」

これが会話の始まりでした。
いくら共通の話題はそこしかないとは言え… ですよね?(笑)

結構ギターもらうんだそうです。(羨)
置き場所大変みたい。(笑)

なんかねえ、テレビで見てたそのまんま!
2次元でしか見てなかったものが、
3次元になると妙な感動があるものなんですが、
竜之介君はもうほんとそのまま…(笑)

しかもテレビでしか見た事ない人が自分の事を知っていて
普通に「アチャーさん」と呼びかけてくる違和感…(笑)

昔から知ってる子の様に、普通に話せてる自分にもびっくり!

変なもんですね。(苦笑)

そして、横にいたレン君はなんかカッコいいのさ…
思わず言っちゃった…

「レン君! テレビで見るより随分かっこいいなぁ~」って…

レン君、軽く照れ笑いです。(笑)
なんか地元ではすごく人気があるんだってよ。
あのルックスであのドラムじゃそれも納得の行くところです。


そんな竜之介バンドのオリジナル曲が遂に完成しました。

なんか以前瑠璃ちゃんパパに会ったときにちらっと言ってたんですよ。

「2,3曲自分たちで作ってるみたい」って…
「Charはアドバイスする様な形になるんじゃないかな?」って…

今思うと、あの時点で既にこの展開に流れていたって事なんですね。

しかし、なんなんでしょ? この半年位での上達振りは…
ほんと恐ろしいです。

「竜之介バンド vs 瑠璃ちゃんバンド」の時は、
それはもう悔し涙をながさんばかりの感じだったのに…

楽曲のクオリティはもちろんなのですが、
演奏能力、そして歌唱力が格段にアップしてましたね。

スタジオでの演奏の時は、
「ん? もしかしてカラオケ?」
って、思わず手元と出音を確認したくなってしまう位の
演奏クオリティでした。

一言… 「うまいわ!」…

ですよ!


本格的なレコーディングスタジオでのレコーディング…
しかも、Charがアドバイザーよ?
アドバイザーって言うより、なんか手取り足取りじゃん?

なんちゅううらやましいことじゃ!(笑)

技術面だけでなく、曲作りや演奏部分でのアドバイスもしてくれるわけでしょ?

すばらしい体験だよなぁ~!! ったく!

又、Charの対応がなんともほほえましくていいです。
竜之介君達といるChar… 好きです(笑)

音楽的な面ではほんと真剣に向き合ってるし、
ちゃんと突っ込むところは突っ込むし…(笑)

これで竜之介バンドとしては、ひと段落なんでしょうか?

さあ、次は瑠璃ちゃんの番だね。

どんな企画を引っさげて登場してくれるのか楽しみです。

まだまだ「熱中少年物語」目が離せませんね。
[PR]
by smoky_achar | 2007-10-02 10:15 | からくりTV&瑠璃ちゃんバンド