<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
【 [Morley(モーリー)]を探せ! [基礎知識編] 】
この話題を書くにあたって…

ちょっと悩みがあります。

たいした事ではありません。

今まであまり考えずにきてしまいました。


それは…

「一体このBlogの読者層ってどんなんなの?」

って事…

ありがたい読者様に向かって「どんなんなの?」とは
失礼極まりないわけですが、わかりやすい表現をしたかったもので…
お許しください。(侘)&(苦笑)

最初の頃、一生懸命「Mustang」の話題なんかを書いている時は、
ある程度、Charに興味のある方、Charの楽器に興味のある方、
ひいては「実は楽器やってます」みたいな感じの読者層を勝手に
イメージしていたのかもしれません。

でも今って、もしかすると、

「Mustang」ってなに?

「エフェクター」ってなに?


って方も多いのかもしれない…

なんて事がふと頭をもたげますと、いきなり

「【ワウ】は【Morley】で…」

などと言っても、サッパリ…なのではないでしょうか?

なので、そういう方にもこの話題がある程度通じるように、
基本的な所から話を進めたいと思います(笑)


エレキギターと言うものは、アンプがなきゃ音が出ません。

ややこしいのは、通常単につなげただけでは済まないという問題があります。

エレキギターの音質と言うのは割りと、演奏するジャンルによって結構
お決まりの音色があるわけです。

ジャズやフュージョン系のジャンルだと割とギター&アンプだけに
近いシンプルな音を使うのが多いような気がします。

これがハードロックやヘヴィメタルになりますと、
ギュンギュン言うような、いわゆる歪んだ音になったり…

アンプ自体でこの音色を変えることも出来るのですが、
手っ取り早いのが、エレキギターとアンプの間に電気的に音色を変える
機械をつないでやるって手段なんですね。

この途中につなぐ機械の総称を「エフェクター」又は「アタッチメント」と言います。


昔はけっこう「アタッチメント」なんて単語も聞きましたが、
今は死語に近いのかな? (笑)
「エフェクター」って言葉しか聞かなくなった様な気がしますね。

テレビなんかでも、ギターリストの足元になんだか
いろいろ並んでいて、足で操作しているの見た事ありませんか?

あれが「エフェクター」です。


大きくわけると、このエフェクターは

★「音質系」
★「装飾系」

に分けられると思うんですね。

「音質系」は、そのまんま基本となる「音質」を変える系…(笑)

・Fuzz(ファズ)
・Distortion(ディストーション)
・OverDrive(オーヴァードライブ)
・Equalizer(イコライザー)

等々…

ハードロックやりたかったらこのあたりの物を使って
若干うるさい系の音にするのが常套手段

更には、ギターソロの時に音量や歪み具合がアップするように
使ったりもするわけです。

レゲェで使われてるような、ギターのコードカッティングなんかは
逆に音質が歪むようなエフェクターは使わないですよね。

もうひとつの「装飾系」は、基本の音質を変えるのではなく、
「特殊効果系」とでも言ったほうがいいような役割があります。

・Delay(ディレイ)
・Echo(エコー)
・Chorus(コーラス)

等々…

「空間系」とも呼ばれるだけあって、
音に広がりをつけたり、音を繰り返したり、
音を揺らしたり…


これに加えて、「音質系」「装飾系」のどちらにも属さない
特殊なものや、いろんな「エフェクター」がひとつになった
「マルチエフェクター」というもの等…

そのジャンル、その種類たるや、まさに星の数ほどあるわけなんですね。

そして、どのメーカーの、どのエフェクターを、どう組み合わせるか?
と言うのもギタリストの特徴だったりするわけなんです。


と言うことで「エフェクター」と言うもの、
少しご理解いただけましたでしょうか?


これを踏まえて、次回「本編」に突入いたします。(笑)
[PR]
by smoky_achar | 2008-02-26 15:51 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 aChar ライブレポ '08/02/09 @吉祥寺 Black & Blue [続編]】
2月9日のライブレポートの続編です。

c0032353_21285711.jpg


この日も前回のライブと同様に、ライブハウスでのリハーサルの前に
吉祥寺のスタジオにて2時間ほど調整をしていたんです。

所が! ここで問題発生!
エフェクター用のACアダプターがない事に気が付きました(大泣)

普段はエフェクターボードに入れっぱなしにしてあるのですが、
今回ある事情により、珍しく自宅にてエフェクターボードを開けて
ちょっといじったんですね。

その時に取り出したまま忘れてきたようです。(情無)

実は、「Black&Blue」でのライブ、
2度続けて大きな忘れ物をしてるんです(苦笑)

今回こそは忘れ物しないようにと、チェックしてきたつもりがこの有様…
参りました。(続泣)

この事の詳細は、そのうち
「Morlyを探せ!」
といったタイトルにでもして書いてみたいと思っています。(笑)


さてそんなこんなで始まったライブですが…

実は、1バンド目の「コトワリ」以外の3バンドは
全て[Charのトリビュートバンド]だったんです。

なので普通にやったら「ネタカブリマクリ状態」だったのですが
多少のしばりを設けることでこれを回避する事になっていました。

特に、3バンド目の「Bamboo Joints」は
基本的にはCharの曲以外を演奏すると言うスタイルで望まれたんです。

あと、全体的には
[「Smoky」(曲の方ね)だけはダブってもいい]って事になってました。(笑)

では、各バンドの感想など少々…

☆「コトワリ」
まさに「若い衆」と言った感じでしたね。
Vo,Dr,B,Key,G×2と言う構成で
非常に厚みのある音を作ってました。

メタルと言うかHR的な音作りで、
ギターは二人ともかなりの速弾き派でして…

「うお! すげえじゃん!」と思わず言ってしまいたくなりました。

オリジナルバンドと言うことで、きちんとコンセプトがあって
がんばってるようですね。

そして特筆すべき点は、その集客力…すばらしいです!

加えてそのお客さんの質がまた素晴らしい!

若いバンドって事は、やはり学校関係の友達とかがお客さんで
来てくれる事って多いと思うんですよ。

そういう時って、えてして知り合いのバンドが終われば
すぐに帰ってしまう事が多いんです。
いやいや、これは学生さんに限らずなんですけどね。(苦笑)

しかし!「コトワリ」のお客さんは殆どと言ってもいい位の人数が
最後までイベントに参加していってくれました。
しかも、ジャンルが全然違うのにそれなりに楽しんでいるようにも
見えたんですね。

非常にうらやましく思いましたよ! ほんとに…



☆「aChar(アチャー)」

前回のレポートでセットリストもご報告したので、
特に自分で言うこともないのですが…(笑)

事前の予告どおり割と耳慣れた曲を選んだつもりだったので、

「Char ヒットパレードよかったですよ」

的な感想もいただいておりまして、よかったなぁ~と…(喜)



☆「BAMBOO JOINTS」
いわずと知れた、Charのカヴァーバンドです。
例の「TARGIE SHOW」でも「日比谷野音」の映像にて
度肝を抜いてくれた、あのバンドです。

今回はあえて、CREAMやBBAのカヴァーでのライブでした。
「TARGIE SHOW」の映像見たときから思ってたんですが
やっぱりギター持ってステージに立っているG&VのAnikyさんは
なんか雰囲気Charっぽいですよね。

[Jeff’s Boogie」あたりに至っては圧倒されました。

俺たちとしてもはじめてのCharカヴァーバンドとのタイバンでしたが、
ムスタングの話とか出来て非常に有意義でした。

DrのTakeshiさんは随分とお若い方でしてねぇ~
その割には結構音楽的な話も合ったりして…
いろんな話ができました。

もともとこのイベントはBassのToshikoさんから
声をかけてもらったものでして、いろんな意味で感謝でございます。


☆「如来仏」
ライブ案内でお知らせしましたとおり、
あの伝説のバンド「Smoky Medicin」のドラマー
藤井さんが在籍するバンドです。

とここでタイムリーと言いましょうか、なんとその
「Smoky Medicin」のライブが発表になりました。

公演日:4/20(日) 
会場:MEETS PORT JCBホール

だそうです。 なんかすごい…

更に驚くことが! このバンドのギターの方…
実は面識のある方だったんです。
以前、aChar(アチャー)のライブを見に来てくれて
その際に声をかけてくれた方だったんです。

散々このBlogでも言ってる事ですが、
不思議な縁が、ごろごろと転がっております。
「なんか きょわい…」とつぶやいてしまいそうですね。

で、言わずもがななのですが、演奏も凄い!
Charのナンバーから「I’ve Tried」を
演奏したのですが、オリジナルより
「更にBluesy]と言いましょうか
「更にJazzy」と言いましょうか
ちょっといいJazzBarかなんかにいるような
錯覚を起こしてしまいそうでした。



ライブの後の打ち上げでは、藤井さん含め
各バンドの方々と交流できたのも非常に楽しい時間でした。

今回のイベントに参加できなかった方々…
もしかしたらちょっと損しちゃったかもよ?(笑)


と言うわけで、自分たちにとっても盛りだくさんのライブでした。
[PR]
by smoky_achar | 2008-02-13 12:56 | LIVE レビュー
aChar ライブレポ '08/02/09 @吉祥寺 Black & Blue 】
「最悪」と言ってもいい悪天候の中、
ご来場いただきましたみなさま
本当にありがとうございました。

詳しいレポートは、またおいおいということで(笑)
とりあえず、セットリストと画像のみをアップさせていただきます。

まずは、お天気状況から…
c0032353_21255918.jpg


そしてセットリストは…

・逆光線
・天邪鬼(Amano-Jack)
・Wasted

・気絶するほど悩ましい
・Head Song
・VoodooChile ~ からまわり

・All Around Me
・闘牛士

以上 8曲お送りいたしました。

c0032353_21282040.jpg

[PR]
by smoky_achar | 2008-02-11 21:35 | LIVE レビュー