<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
【 aChar ライブレポ '08/04/28 @吉祥寺 Black & Blue 】

[GW]突入企画にご来場いただきましたみなさま
ありがとうございました。

では、セットリストのご紹介から…


-------------------
Finger
Smoky

空模様のかげんが悪くなるまえに
Navy Blue

逆光線

Song In My Heart
Tokyo Night

[アンコール]
闘牛士
Head Song
-------------------


この日のタイバンさんは
[Strange Stew]
という、ちょっとプログレ入った、ジミヘン系インストバンド
といった感じの実力派バンド。


まあ、うまいんだわ!
そして、ドラムが外人さんなんですよ。
そのパワーたるや凄まじくて、サウンドの迫力が違う!

しかも、お客さんも外人さんがいっぱい!
さらにそのお知り合いも英語を話す方ばかり…

その中で英語歌詞の曲を歌うのは非常に勇気がいりました。(苦笑)

とはいえ、さすがにみなさん、「ライブ&バー」の
楽しみ方を知っているといった感じで
大変雰囲気のいい中で演奏させていただき、
ありがたい限りでございました。

さて、今回の目玉はなんと言っても
「Toky Night」…

一緒に歌っていただいたのも非常にうれしかったですね。

最後には、アンコールまでしていただいて、
大変素敵な夜を過ごさせていただきました。

なんて…

もう楽しくてしょうがなかったわ!(笑)

「YouTubeを見て来ました」
と、おっしゃるお客さんもいらしていただいて、
大変ありがたかったですね。

予告通り、ライブ後はかなりの「飲み会」状態にも
なりまして、「GW突入企画」大成功と言った感じでした。


この勢いを維持しながら、5/5のライブに突入したいと
思っております。

ぜひご来場いただきまして、一緒に楽しみましょうよ!
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-30 08:50 | LIVE レビュー
【 aChar(アチャー) ライブ情報 2008/04/28 @吉祥寺】

再度、次回のライブの告知です。

-----------------
日時:4月28日(金) 21:00頃~
場所:吉祥寺Black&Blue
チャージ:1600円 + ドリンク代別途
-----------------

ゴールデンウィーク突入企画です。

この日の出演バンドは2バンド…

ごゆっくりと、Live & Bar タイムをお楽しみください。

aCharの出演は21:00頃~と若干遅めですが、
翌日は休日ですからね。

ぜひ、仕事帰りに飲み会気分で遊びに来てください。

又すでにGWに突入している方は、
今年のGWの予定のひとつに追加してください(笑)

今回も、Charの楽曲とaCharの軽妙な漫談とおしゃべりにて
吉祥寺の夜を満喫していただきます。(苦笑)

みなさまお誘いあわせてのご来場をお待ち申し上げております。
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-27 00:22 | LIVE 情報
【「-J.N.S- Birthday Celebration Tour 2008」@米沢 [おしょうしなレポート ゴ之巻] 】

それでは、ここでライブの会場となる

米沢の 「 Cafe ARB 」

について説明せねばなりますまい。(笑)

場所を探すのは簡単…

Googleマップとか
Yahoo地図にて、

「ホテル サンルート米沢」を探してください。

同じ建物の中、一階にあるのが

「Cafe ARB」
です。

「Rock Cafe Bar」と言う感じのお店なのですが、
店内にはステージがありそこでライブが出来るんですね。

なのですが…
と言う形態も、実はちょっと前までの事だったらしいんです。
今はそのステージも客席になってます。

「じゃ、今はどうなってんの?」

と言いますと、道を挟んで反対側に、
別館のような形で、単体のライブハウスが新しく
出来ちゃってるんです。

結構縦長の長方形…
奥側がステージ…
さらにその奥が楽屋…

この楽屋もかなり広くて快適です。
PA卓や、ドリンクコーナーは
一番手前側になるので、両サイドは障害物のない作り。

キャパ的には、スタンディングで目一杯詰め込めば
120位はいくかな… もう少しいけるかも?

余計なもののないシンプルな「箱」と言った感じです。

冒頭にも書きましたが、元々のCafeの方は
サンルートの建物の中にあるわけでして、
ライブハウスの方からも、
サンルートへは数分とかからない距離

つまり、「サンルート米沢」を楽屋代わりに使えると言う
便利さ加減なんです。

なので当然 、
ジョニーさん、鮫島さん、西山さんもこのホテルに部屋を取っているとの事。

加えて、「Buzz House」のメンバーも
ベースの金田さん、ドラムの早川さんはこのホテルに部屋を予約、
もちろん俺もこのホテルに泊まる事にしてあったんですね。


なので、楽器屋さんでのリハーサルを終えた俺たちが向かったのは
「ライブ会場」とも言えるし、
「宿泊場所」とも言えるって状態だったわけです。(笑)

「荷物もあるし、先にチェックイン済ませちゃいましょう」
と言う金田さんの提案で、まずは「サンルート米沢」へのチェックイン…

この「サンルート米沢」、今までのところ最高の立地&条件
だったのですが、唯一の難点が… (笑)

それは、フロントが 4階なんです。

「一度部屋に戻る」と言う状況が生じた場合…

一階のエレベーター前に辿り着き…

エレベーター待って…

一度4階に行って…

鍵をもらって…

エレベーター待って…

自分の部屋の階に行って…

用事を済ませて…

エレベーター待って…

一度4階に行って…

鍵を預けて…

エレベーター待って…

やっと、一階…

と言う手順を踏むことになってしまうんです。(苦笑)


まずはとにかくチェックイン!

俺と金田さんの部屋は同じ8階だそうで、
4階のフロントから、8階に向かいます。

8階で止まったエレベーター…
ドアが開くと、そこにはエレベータを待っていた一人の男性…

「うわああああ~~~~わわわぁぁぁぁ…」

思わず、いわゆる、「素っ頓狂な声」をあげてしまいました。(笑)

「さ、さ、さ、さ、鮫島さんんん!!!」

「きょ、きょ、きょ、きょ、きょ、きょう」
「ご、ご、ご、ご、ご、ご、一緒させて」
「い、い、い、い、い、いただく、」
「モ、モ、モ、モ、モ、モ、モノです。」
「よ、よ、よ、よ、よ、よ、よろしく」
「お、お、お、お、お願いします」

と、実際にはこんなどもっていたわけではないのですが

まあ、「それくらい驚いた」と言う雰囲気は
ご理解いただけたのではないかと…(笑)


「ああ、びっくりした…」
と、この思いがけない状況を
しばし金田さんと分かち合い、

「じゃ、30分後位に…」

と言う事で、各自の部屋に荷物を置きに行ったのです。

そこに思いもよらない地獄が待っているとも知らずに…
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-25 10:30 | LIVE レビュー
【「-J.N.S- Birthday Celebration Tour 2008」@米沢 [おしょうしなレポート ヨン之巻] 】
オープニングアクトとしての「Buzz House」の持ち時間は30分

セットリストは

・「Pink Cloud」
・「All Around Me」
・「The Night Of Leonid」
・「Smoky」

あまりにもわかりやすいと思いますが、
俺は最後の「Smoky」を一緒に演奏させて頂く事になっていたわけです。

そして、俺的にはあまりにわかりにくかったのが
「The Night Of Leonid」…
えっと… 知りませんでした。(笑)
もぉ~~しわけございません。(反省)

そのあたりのアルバム、
Charを聞いてなかった時期なんです。(苦笑)

この曲は、あの[夜空の向こう]を作曲した、川村結花さんの作品なんですね。

さて、初顔合わせの挨拶&楽器のセッティングが済んだところで
まずは、「Smoky」以外の曲のリハをやっていただくことに…

お借りした「BC-60」に軽く腰掛け、
「Buzz House」の生演奏を体感します。


なんていうんでしょうねえ~
さっきまで全く知らなかった方々…
何百キロも離れた所に住んでいる人達が
「Char」と言う共通項にて、音楽を演奏して楽しんでいる。

その事実になんか、結構感動してしまいました。

よく「音楽は世界共通の言語だ」なんていいますけど、
そのひとつの方言(?)である「Charの音楽」ってモノに携わることで、
距離や時間を超越して、、それまでの別々の人生のラインが
突然交わるなんてねえ?

そりゃ感動モノですよ!


なんて、浸っている間に
いよいよいっしょに「Smoky」をあわせる瞬間がやってきました。

実は、事前に曲の構成等を確認するために「MP3」で録音した
音源をメールで送ってもらっていたんです。

なんという便利な世の中になったものなんでしょう???

それを聞いた結果判明したのが、一番大きな特徴とも言える
曲途中のギターコードカッティング後の再度のギターソロ…

そのメールにも一応、
「こんな風に考えている」と言う構成案が添えられていたのですが、
再度、現場にて確認作業を行います。

「最初のギターのメロディ部分はどうしましょ?」

から始まりまして、検討の結果…

最初のギターメロディ部分:ジュンペーさん
1コーラス目:アチャー
2コーラス目:ジュンペーさん
ギターソロ:アチャー
3コーラス目:ジュンペーさん
コードカッティングの入り:アチャー
そのままアドリブソロ:アチャー
途中でアドリブソロ交代:ジュンペーさん
4コーラス目:ジュンペーさん&アチャー Wボーカル
最後の、ダブルチョーキング上昇部分:ジュンペーさん

って事になりました。
あっと、すいません、完全に「Smoky」の曲構成を
知っていると言う前提にて説明しちゃいました。(笑)


そしてカウントと共に初めての「合奏(笑)」が始まって…
そして…終わったわけですが…

「別に大きな違和感ないですけど…」(笑)


まさに、「音楽は共通言語」=>「Charは共通言語」
ってのを肌で感じる瞬間でしたね。


「できちゃいましたが、なにか?(苦笑)」

と言ったらわかりやすいでしょうか?(笑)


しかも、
「なんかアチャーさん入ったらそれだけでリズムにしまりがでましたよ」
なんて、おだてていただいてしまってですねぇ …(喜)

そりゃね、あまり「のぼり棒」とか得意じゃなかったですけど、
どんどんと木にのぼってしまう感じが否めない状態じゃないですか?(苦笑)

後半のアドリブソロの交代のタイミングも、やっていくうちに
ジャストで交代できるようにジュンペーさん調整してくるし…
「これぞセッションじゃん?」みたいな? (笑)
そんな雰囲気が漂ってましたねぇ~

そしてなにより一番価値があるな…と思ったのが、「楽しい」と言う事。

「初めてあわせる」と言う事で、やっぱりお互いが呼吸を合わせようとしてるのが
なんとなくわかるし、そういう心境、精神状態の中でひとつの曲を作り上げると言う
一体感もあるわけじゃないですか?

そりゃ楽しいよね?

あっという間の1時間でした。
でも、とても中身の濃い1時間でした。

「あああああ、もうこれで満足しちゃったかも??」

なんて、みんなが口にする程楽しい時間でした。


時間前に、スタジオに入れて準備できた事も大きかったと思います。
調整していただいた、金田さんのお友達、そして楽器屋さんにも感謝いたします。

さあ、不思議な満足感に浸りながら、いよいよ会場のライブハウスに向かいます。


まだ降り続く雨の中、再度アンプやら楽器やらを車に積んで出発です。


つづく…
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-24 10:46 | LIVE レビュー
【「-J.N.S- Birthday Celebration Tour 2008」@米沢 [おしょうしなレポート サン之巻] 】
スタジオ練習開始時刻の14:00までは結構時間があったのですが…

そのスタジオと言うのが、スタジオと言っても
楽器屋さんの中に音楽教室ありいの、ついでにスタジオもありいの、
と言った感じの所でして…

「楽器でも見て時間をつぶせばいいや」と言うことで、
ラーメン食べた後、すぐに向かうことになったわけです。

なかなかきれいな楽器屋さんでした。新しいのかな?

ピアノからギターから、ドラム、管楽器、楽譜、音楽教室と
至れり尽くせり感のある楽器屋さん。

ウロウロ、ウロウロ…
2人でギターを見たり、ベースを眺めたり…(笑)

そこへ、詰襟を着た中学生の男の子がご両親と一緒に来店…

ベースコーナーにて店員さんと話をしています。

傍で見ているだけで微笑ましくなる光景です。

彼の今の気持ちを考えるとねぇ?
こっちまで、ワクワク、ドキドキですよ。(笑)

30年前の自分がそこにいるようなもんです。

ギターじゃなくて、ベースって所もいいじゃない?
彼がベースを選んだ過程にはきっといろんなドラマがあったんでしょう!

「入学祝? 進級祝い? 買ってもらえるなんていいねぇ~」って感じですよね。

そして、次に気が付いたときは、もうベースのソフトケースを抱えて
店を出るところでした。

「即買いかよ!」(笑)

ちょっとうらやましかった。(羨望)

更にウロウロしていると、
一人の店員さんがこちらに寄ってきて

「スタジオご利用の方ですか?」
「もう中に入れますのでどうぞ…」

と…

「なんと言うサービスのいい楽器屋さん&スタジオだ!」

と思ったのですが、後で聞いたら
お店の関係者が金田さんの知り合いとかで、
「早くついちゃったんだけど、なんとかなんない?」
って電話したんだってさ! (笑)

単に「なんとかなっちゃった」と言うお話… (笑)


入り口脇の防音扉からスタジオに入りますと、
なんと、スリッパに履き替えるんです。

初めてのパターンでした(苦笑)

実は、もうひとつはじめてのパターンが…

それは、ライブハウスで使うギターアンプ、ベースアンプ、ドラム…
通常、出演者の持ち込みなんだそうです。

すごいでしょ?

つまりみんな個人で「ライブハウス使用」に耐えられる
機材を所有しているって事なんです。


なので、今回自分の使うアンプは、金田さん所有の
「Roland BC-60」を貸してもらえる事になっていたんですね。

当然、この練習スタジオにもそのアンプを持ち込みまして、
音作りからスタート!!

車からアンプを降ろし、スタジオに搬入…
持ってきた最小編成エフェクターBOXと接続しまして
「ぽい音」の作成に取り掛かっていると…

ご一緒させていただく「Buzz House」のメンバー
G&Voのジュンペーさん
Drの早川さん
が揃っててスタジオに入ってきたのです。

なんせ初顔合わせですからねぇ
こっちも緊張、当然お2人も若干緊張の面持ちでした。

「どうも 始めまして アチャーです。」と…

なんか、最近知り合う方って
「アチャーです。」って自己紹介する事多いです(笑)

自分の名前、忘れそうです (嘘)
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-23 13:03 | LIVE レビュー
【「-J.N.S- Birthday Celebration Tour 2008」@米沢 [おしょうしなレポート ニ之巻] 】
出発の前日…

東京はひどい雨でした。
「翌日の朝もこの雨は残る」と言う予報でした。

「傘差して、機材持って駅までいくのやだな…」
と前日は思っていたのですが…

しかし! 当日になると、最近は若干なりを潜めていた「晴男」の実力発揮!

家を出る時には、若干曇りながらも傘のいらない状況でした。


でも俺は知っていたんです。
東京は雨が上がっても、北の方は雨が続くことを…
(天気予報で言ってましたから…(笑))

なので、これからの出来事はすべて雨の中で行われていると言うことを
一応認識していてくださいね。(苦笑)


米沢ー山形と言えばまず思いつくのはおいしいものじゃないですか?

・さくらんぼ
・米沢牛

加えて、
・米沢ラーメン

さらには、
・そば
も有名&おいしいのだそうで…

そこで、山形の金田さん食事には
ほんと申し訳ないくらい気を使ってくださってですね。

俺が、「麺類大好き」って事を伝えると
「まずは米沢ラーメン」って事で、地元では相当に有名な
お店に真っ先に連れて行ってくれたんです。

それが「熊文」と言うお店…

「米沢ラーメン」の特徴は、「極細縮れ麺」、基本は鶏がらしょうゆスープ

この「熊文」はその中でも「麺が細い」ってのが特徴なんですって…
ほんとうに有名店らしく最初は並ぶ覚悟でいたらしいのですが、
これもラッキーなことに全く待つことなく席につけました。


まず驚いたのが、「ラーメン 500円」…

行列店のラーメンが500円…
なんて人にやさしい街なんでしょうか…

と言うか、ある意味それが妥当な気もしますけどね(苦笑)

変な気を使ってるとか何とかじゃなくて、
単純においしかったです。

「トリガラ醤油」が単純に好みだって事もありますが
それでもかなりおいしいと思いましたね。

麺はほんとうに細いです。
後からきいたのですが、本来なら
「のびちゃうから、しゃべりながら食べちゃいけない」
って言われる位らしいのです。

なので、最初から「麺固めで…」
なんてお願いした方がいいのかもしれません。

「ナルト」が入ってるってのもちょっとうれしかったですね(笑)


掛け値なしにおいしいと思いました。

ぜひ、又食べたいです。

と、この時点で13:00過ぎ位だったでしょうか?

実は、14:00からステージをご一緒させてもらう
「BUZZ HOUSE」のメンバーさんとの顔合わせと
リハーサルが、近くのスタジオにて行われる予定だったんです。

なので
「ちょっと早いですけど…」
と言う事で、そのスタジオ目指して移動を始めたのでありました。

でも、ラーメンうまかった… あ、しつこい?(笑)
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-22 09:45 | LIVE レビュー
【「-J.N.S- Birthday Celebration Tour 2008」@米沢 [おしょうしなレポート イチ之巻] 】
と言うわけで、米沢に行ってまいりました。

無事に帰ってきております(笑)

関わっていただいた全ての方に感謝いたいます。

ほんとぉ~~に、ありがとうございました(多謝)


で、前回の記事をざっと今読んでみたのですが、その中に

----------------------------
「これも何かの啓示だぞ!」と、行くことにしたんです。
----------------------------

なんて書いてあるのを見つけて、
変な話ですが、なんだ胸が苦しくなるような思いに駆られました。
ジィ~~~ンと、感動に襲われたんですね。

「ほんとうに啓示だったのか?」と…(苦笑)


なんと!

ななんと!

ななななんと!


ジョニーさん、
鮫島さん、
西山さん…
お三方と、
セッションしちゃいましたぁ~~~~~~~~~!! (感涙)


どうしたらいいんすかね? この状況… (笑)



更にセッションする前には…

「ちょっと弾かせてよ…」

と、西山さんが俺のムスタングにて「Smoky」を弾くと言う
「ありえへんぞぉ~~!!」と言う状況にも遭遇したり…

c0032353_10422418.jpg


↑これ、俺のムスタングだからねっ!


と言うわけで、しばらくはそのあたりの自慢話が続きますので(爆笑)
我慢してくださいね。(笑)


最初は、ギター、エフェクター等、現地にて用意していただける
と言う話もあったのですが…

やはり「aChar」として呼ばれている以上、
「フル装備にて、参加すべき」との結論の元に(笑)
最小編成のエフェクターBOX…
なぜかIbanezのソフトケースに入れた「ムスタング」…
そして、通勤にも使用しているデイバッグに着替え等を入れて、
米沢を目指したんです。

「新幹線なんて何年ぶりだよ?」
と、自分に問いかけ…
「山形新幹線はじめてだよなあ」
と自分に語りかけ…
結構ワクワクしながら向かった東京駅…


そんなに電車に興味のない俺でさえ、
居並ぶ新幹線達をみると、さすがに
「かっこいいなぁ~」と…(笑)

なので思わず、東北新幹線と山形新幹線の連結部分の
写真を撮ったりしてね。(笑)

c0032353_1043125.jpg
c0032353_10431957.jpg


東京~米沢は約2時間半…

車窓はすぐに、北関東~東北の特徴ある景色に…
そして東京より遅れて満開を迎えた桜並木があちらこちらに…

年に2度桜も見られるなんてのもラッキーじゃありません?

そんな事を思いながら、割とあっという間に
「山形新幹線 つばさ 111号」は米沢駅のホームに到着したんです。


ムスタングとエフェクター持って、米沢駅に降り立つ俺…

我ながら、この思いもよらぬシチュエーションに
「なんだか不思議なもんだな…」と…(笑)

そんな事を経験するなんて思ったこともありませんからねえ。

そして改札を抜けると、すぐに今回の話を進めてくれた
金田さんが目の前に登場!!

「いやぁ~~ ほんとにギター抱えて山形に来るとは思いませんでした。」
と、ほんとうに自分でも不思議な感覚をまず報告しました(笑)

1年ぶりの再会の挨拶も済ませまして、

さあ!

そして!

いよいよ!

あの!

「米沢ラーメン」を食べに出発です!(爆)


いやまあお腹すいてますし… (笑)

一応そこから「旅は始まる」って事で…


次回は 米沢ラーメンの有名店 「熊文」のお話から… (笑)
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-21 10:41 | LIVE レビュー
【 <aChar> ライブ情報 4月19日(米沢) & 4月28日(吉祥寺) 】
さて、一大イベントだった「ギタスタ」も終わり、
次のイベントのお知らせでございます。


まずは、セッション参加でのライブのお知らせから…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2008年 4月 19日(土)

「CAFE ARB(アーブ)」

〒992-0039山形県米沢市門東町3丁目3-1
TEL : 0238-23-9695

「-J.N.S- Birthday Celebration Tour 2008」

ジョニー吉長/鮫島秀樹&西山毅(ハウンドドッグ)

exピンククラウドのドラマーであり、
ロックドラマーの金字塔ジョニー吉長&鮫島、
西山のexハウンドドッグコンビが脇を固める
ブルーズロックの王道!!

OPEN 18:30  
START 19:00
ADV ¥3,000    
DOOR ¥3,500 
(共にドリンク代¥500別)
oa
  BAZZHOUSE    
  FreestyleCompany
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記ライブのオープニングアクトを勤める
Char Tribute Band にセッション参加します。

なぜそんな事になったのか? (笑)

思い起こせば1年前…
「夢」を見た話を書きました。

【 ジョニー吉長 58th バースデー(JL&C)ライブ@クロコダイル】


その時にチケットを譲って頂いた「山形のKさん」こと
金田さんが(もうお名前出してもいいですよね?(笑))
参加しているバンドが、なんとそのオープニングアクトを
勤めるバンドなんです。

しかも! 昨年のライブに参加できなくなった張本人…
つまりその方の分のチケットを俺が使ったことになるのですが、
その方が、そのバンドのVo&Gだと言うんですよ。

先月の終わりに 金田さんからメールが来たんです。

「せっかくの機会なので、見に来ませんか?」と…

「え? 山形まで?」と最初は思ったのですが(苦笑)
これも何かの縁… なかなか米沢も行く機会ないですからね。

「これも何かの啓示だぞ!」と、行くことにしたんです。
正直、どちらかと言うとジョニーより、
金田さんのバンドと「米沢牛」を目当てに…(笑)

なので、「行きます」と言う事を伝えたのですが、
そしたら「では、せっかくなので一曲演りませんか?」と…

と言うわけで、若干「お邪魔」な感じもしなくもないのですが、
一曲参加させていただく事になりました。

お近くの方… ぜひ遊びに来てください。

夜の米沢に繰り出すぞ! おぅ!



そして、もうひとつは約三ヶ月ぶりになります。
「aCharライブ」のお知らせです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:2008年 4月 28日(月)
   19:00頃スタート
   「aChar」の出演は 21:00頃を予定しています。

場所:吉祥寺 ライブバー Black&Blue
お代:¥1600 (別途ドリンク代 ¥500~)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


一般的には 「GW」 突入期の様ですが、実際は月曜日なんですね。

まあ、普通に仕事帰りに飲みに行く感覚で遊びに来てください。
翌日は一応「みどりの日」なんでちょっと遅くなってもいいじゃん、
一緒に飲みましょうよ…

どっちかってぇと、
ライブの後に「みんな」で飲むのがメインなんじゃん?(笑)

「みんな」って言うのは、見に来てくれたあたなの事ね。
ぜひ、そんな感じでフラッと来てみてぇ~

新しい曲もやるよ♪
もちろん、アイドル時代のナンバーから…

お楽しみに…
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-16 10:04 | LIVE 情報
【 目指せ! 日テレ「Gスタ」スタジオ収録 8之巻 】
俺のサウンドチェックが終わるのとほぼ同時に
チュートリアルのお二人がスタジオに登場!

「M-1」チャンピオンですからねぇ
と言うか、それ以前から当然TVで見てましたし、
割とお笑いも好きですから、
「もしかして声を掛けることができるかも?」
なんて思っていたのですが、
全く接点なんてありませんでした。(笑)


サウンドチェック終了後、一旦控え室に戻ってしばしの
まったりタイム…

そして、21:00過ぎにいよいよ本番収録スタートとなったのでした。


先ずは、ダイアモンド☆ユカイ氏の登場シーンから…

のっけからユカイ氏の発言、一言一言でスタジオ内大爆笑ですよ。

もちろん、バラエティ系の番組によくあるバックに聞こえる
「スタッフの笑い声効果」もあるのでしょう…
若干大袈裟とも思える笑い声ではありますが(笑)
それを抜きにしてもユカイ氏の一言一言はとにかくおもしろい!

そして、それに突っ込む東野さんのコメントもまさに「当意即妙」…
「プロ」を感じましたねぇ~


1シーン1シーン毎に区切って撮影が行われるわけでして、
「オヤジギタリスト」登場の準備をしている間に
東野さんからユカイ氏に、番組の説明が行われたんですよ。


俺ね、実は多少の仕込みと言うか、設定と言うか
流れみたいなものが既に出来ていると思っていたんです。

でも、ほんとうに「ガチンコ」でした。(苦笑)
ユカイ氏はほとんど何も知らない状態でスタジオ入りしてたんですね。
東野さんの説明にて、「はじめたわかった」と言う感じでした。

説明を受けながら、手に取ったテーブルの上の「オヤジギタリスト・リスト」
オンエアーでも時々映ってましたよね。

あれを手に取ったユカイ氏はこんな一言を漏らしました。

「DeepPurpleが3曲もあるじゃん! 勘弁してよ…」

と…

お分かりでしょうか? この時点で、
控えていたオヤジギタリスト…全滅… みたいな(爆笑)

リッチーブラックモアなんて好きじゃないんだってさ! (苦笑)
ハードロック系ギタリストダメなんだってさ!

とまあ、実はそんな感じでユカイ氏のコメントは絶好調だったんですよ。(笑)

オンエアーではたぶん9割以上カットされていたんじゃないかな?


なので、「Burn」を演奏したトップバッターの深澤さんが終わった時点で

「俺、マーシャルの音嫌いなんだよね」とのコメント…


当然用意されているアンプは「マーシャル」なわけでして、

「じゃぁどうすりゃいんだ!」

と、控えブースも大盛り上がりなわけですよ。

控えブースにも大きなモニターと音声用スピーカーが用意されてまして、
なんだか普通に自宅にてテレビを見て大笑いしてるのと
ほぼ同じ状況になりつつありました。

しかもユカイ氏のコメント「フルヴァージョン」ですからね(笑)

それがテレビ番組と言うものなのでしょうが、
あれだけの爆笑トークがばっさりとカットになって、
消えてしまったかと思うとほんともったいない気がしますねえ。


と言うわけでチャレンジしたギタリストは…

<出場オヤジギタリスト>
出場者①相模原のアドリブマスター! 深澤靖生
            DEEP PURPLE 「BURN」
出場者②新橋のゴールドフィンガー! 竹本眞章
            DEEP PURPLE 「Highway Star」
出場者③原宿のメタル社長! 結城信久
            Ozzy Osbourne 「Crazy Train」
出場者④さすらいのV小僧! 清水秀樹
            Roxette 「Hot Blooded」
出場者⑤練馬の完コピマスター! アチャー
            DEEP PURPLE「Highway Star」

の5人…

結果はご存知の通り、「玉砕」…(笑)


全員が全員と言っていいほど、

東野さん:「よかったんじゃないですか?」
ユカイ氏:「う~~ん、よかったんだけどねぇ 云々かんぬん…」

と言った感じ(笑)

オンエアーでは、俺の演奏終了と同時エンドロールが流れてましたからね。
ほとんどコメントらしきものはなかったでしょ?

でも… ほんとうは違うんですよ。(笑)

「<うたスタ>もそうなんだけどさぁ~ モノマネはダメなんだよ!」
「Charでしょ?」
「Charとか、リッチーブッラクモアじゃなくてさぁ、オリジナルなんだよね」
「しかも、ムスタング音悪いね!」


とまぁ、わかり安い言葉でいいますと「ボロクソ」…(爆笑)

あの上下動するステージの下がりきった場所で、
さめざめと泣いていた俺の姿を想像してください…

なぁ~~んて、うっそぴょ~~ん♪ (笑)

全て織り込み済みで「アチャー」の格好で出たのですから、
そのあたりは別にいいんです。

でも… ほんとギターの音はイマイチ納得いかない所ですね。
普段はあそこまでペラペラの音じゃないんすけどね(笑)

そして、本番で自分で納得できる演奏が出来なかったのも
「選ばれる/選ばれない」に関係なく悔やまれるところです。
まぁ、それが実力と言えば実力なんでしょうけどね。


と言うわけで、とにかく楽しませていただきました。
1次審査、そして本番収録、貴重な経験をさせていただきました。


割とイベント好きじゃないですか?(笑)
「テレビに出た」なんてほんといいネタですよね。
その瞬間も文字通りワクワク感一杯で楽しませてもらいます。

でも、もっと貴重だなと思うのはそういうイベントとか
なんやらに参加すると、不思議なネットワークと言うか
人とのつながりが出来ることなんですよね。


収録が終わり、「電車帰宅組」と「マイカー帰宅組」に別れました。
でも、同じ話題が出たんです。

「このメンバーで飲み会やりましょう!」と… (笑)


と言うわけで、「鉄は熱いうちに…」って事で、
2008年 4月12日に決行されました。

その模様に付いては、また機会を改めて…(笑)



さてさて、これにて【 目指せ! 日テレ「Gスタ」スタジオ収録 】
のお話は一旦終了でございます。

収録の内容についてもっと知りたいと言う方は、
どうぞ「aChar(アチャー)」のライブにいらして、
声を掛けてください。
たっぷりとお話いたしますよ(笑)
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-14 13:02 | バンドの三方山(ミモヤマ)話
【 目指せ! 日テレ「Gスタ」スタジオ収録 7之巻 】
2008年 4月 5日(土)

日本テレビ 「うたスタ」特番、「Gスタ」最後のコーナー

「ギタスタ」

ご覧いただけましたでしょうか? (笑)


まさに、最後の最後の2分間位だったでしょうか?


「aChar(アチャー)」出演してましたね。(苦笑)


しかし! 申し訳ありません。(激謝)

演奏イマイチでしたね。(笑)

あの場のプレッシャーの方が、21対5 位のスコアで勝っていたようです。
ほんとはそれじゃダメなんだけどね。

瑠璃ちゃん達を見習え! って話よね。(笑)


と言うわけで、せっかくの「当事者」なので裏話なども差し支えない程度に少々…


収録は、最初の予定通り 3/28(金)の夕方から行われました。
場所は麹町の旧日本テレビのスタジオです。

最初は世田谷の方の某有名収録スタジオが予定されていたらしいのですが、
変更されて麹町の日本テレビに…

入ってすぐのスタジオでは、
春の特番 「世界の超決定的瞬間!」とか言う番組の収録が行われている様子…

キョロキョロとあたりを見回しながら、控え室へ…

さっそく収録の流れの説明&質問タイム、その後すぐにお弁当タイム!

バンド関係にて、只でありつける弁当第三弾! (笑)


若干のまったりタイムを過ごす間、収録スタジオでは
バックで演奏を担当していただけるミュージシャンの方々の
サウンドチェックが行われているとか…

うっすらと音が聞こえてくるんだよね。

いよいよ… って感じです。

それが終わると順番に一人ずつサウンドチェックが行われる予定でした。

「カメラのチェックとかもあるので本番と同じ格好で」

との事でした。

なので、着替えようとしたのですが、ここで大問題発覚!

またですよ。(苦笑)

最近、そんなのばっかり…(泣)

あまりにもみっともないので、この大問題の詳細は公表しません(笑)


さあ、いよいよサウンドチェック… 実際の収録スタジオに入ります。

収録スタジオには実は、2つのコーナー分のセットが組まれていました。

「Gスタ」の最初のコーナー、「わだスタ」のセットと「ギタスタ」のセットは
ちょうど向かい合わせのような位置関係にて組まれていたんですね。

しかしまあ、どちらもきらびやかですよ。
テレビを見ていても豪華なスタジオセットって、なんとなく凄いんだろうなとは
思うものの、やはり本物を目の辺りにするとー その迫力にー 労力とかお金とか
考えちゃいますよね(笑)

出演者の控える場所は、そのセットからは幕で遮断されたスタジオの隅でして、
そこから順番に実際のセットに入って演奏するわけなんですね。

サウンドチェックも出演順と同じに行うと言うことで、俺は最後…

最初は、「Burn」を演奏した深澤さん…

最初はとにかく音のみのバランスを取るとの事でして、
いきなり「Burn」のイントロが…

かっこいい!! スタジオ内に響き渡る「Burn」のイントロ…

なんせバックは名だたるプロの方たちばかりなわけですから
それだけでも素晴らしい経験ですよね。

滞りなく進む、サウンドチェック…
あっという間に、自分の順番…

ご覧になった方はおわかりと思いますが、
本番は「せり上がり」で登場ですからね。
セット自体が、一段高い作りになっているわけなんです。

サウンドチェック時の最初はこの「せり上がり」は
あがりきった状態から始まります。

階段から楽器を抱えてセットに上がり、
ミュージシャンのみなさん、スタッフの皆さんにまずは挨拶…
そして、エフェクターのセッティング。

用意されたアンプは 「Marchall」の「JCM-2000」

「JCM-2000」って、ちょっと音質固めなんですかねぇ?

なんかモロに「Mustangの弱点露呈」みたいな感じになってしまって(苦笑)

結構ゲインあげてるんですが、ペラペラと言うかショボショボと言うか、
それに加えて最初に弾いたときは、自分の音しか聞こえなくて(泣)

モニターを上げてもらうようにお願いしたんですが、
若干結構不安の残るサウンドチェックとなったわけです。

貴重なプロの方との演奏を楽しむなんて余裕は、微塵も生まれてきませんでした。


こんなんで本番大丈夫なのかぁ? (笑)
[PR]
by smoky_achar | 2008-04-07 11:29 | バンドの三方山(ミモヤマ)話