<<*** [Smoky(アチャー) ライブ情報!! ] ***>>

[2011/02/02更新]

次回ライブ 決まり次第お知らせします。






<<*** [ゆうと君ライブ情報!! ] ***>>

[2011/03/01更新]

からくりTV 熱中少年物語
[瑠璃ちゃんバンド」のサイドギター担当
宮澤佑門君のライブ情報

ライブ情報じゃないけど…(笑)
ソニーのハンディカムのWebコマーシャルに出演しています。
ぜひぜひご覧ください。
「思い出THEATER」
http://www.sony.jp/handycam/theater/


佑門君が[iTunes Store]にてビデオデビューしました。
[Yuto Miyazawa]で検索してみてください。
曲は「Crazy Train」 価格は300円です。


<<*** [「Smoky」の演奏シーン公開中 ] ***>>

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「闘牛士 by aChar」

↓↓↓↓↓↓↓↓クリック
「Smoky by aChar」


【 ジョニー吉長 58th バースデー(JL&C)ライブ@クロコダイル(後編)】
[中編]の続きです。

ではいつもの様にセットリストから…(笑)

PINK CLOUD
WHY AREN'T YOU READY
YOU KEEP SNOWIN'
TODAY IS THE DAY
CLOUDY SKY
IN MY POCKET
WOULD YOU LIKE IT
OPEN YOUR EYES
風に吹かれてみませんか
金星のライオン
ONLY FOR LOVE
BABY YOU'RE MINE
CROSS ROADS
籠の鳥
SONG IN MY HEART
FINGER
WASTED
<アンコール1>
JEFF'S BOOGIE
<アンコール2>
FUTURE CHILD


aCHOさんから頂いたコメントより
全修正しました。
これが正解のようです。


実は!
移動した、マーちゃん前の位置から
モニターにに張り付けてあった
セットリストが見えてしまったんです。

その時数えたら、17曲ありました。
アンコールでやったJEFF'S BOOGIEが
入っていないで、17曲だったので
一曲足りませんね(苦笑)

(修正版を見て思ったのですが、「金星のライオン」は
見たセットリストには入ってなかったように思います)

とまあこのセットリストを見てもらえば分かるとおり
完全に「PINK CLOUD」の復活ライブでした。

見に行けるとは思っていなかった時に、
一番やって欲しくないパターンのセットリストでした。

会場に入ってすぐ、ドラムの後ろに燦然と輝く、
「JLC」のおなじみの三色旗が目に入りました。

これを見た瞬間、ライブの内容もちょっと予想できました。
ちらっとセットリストの紙が目に入ったとき、
内容を見ようか?見まいか?とても悩みました。
この苦悩わかりますよね?(笑)

でも、JLCのライブなのか?セッション的内容なのか?
をどうしても、確認せずにはいられなかったんです(苦笑)

このセットリスト、この近さで始まったライブ…
それはもうあまりに現実離れしていました。
終始「夢を見ているような感じ」でした。

去年あたりは、都内近郊のCharのライブには
ほとんど足を運びました。
JLC時代の曲を演奏されれば、かなりウルウルして見てました。

でも、不思議な事に今回「感動して目頭が熱くなる」
と言う事がほとんどなかったんです。
それは、やっぱりあまりにも現実離れした状況だったから
だと思うんですね。

チケットが手に入ったこと、そして自分の立っている位置…
「あれは夢だったんだよ」と言われても
まったく違和感がない感じです。

これがね、もっと大きな会場で、(武道館とかさ…)
「JLC復活ライブ!」と公式に銘打っていたなら
また違った感動の仕方だったと思うんですよ。
 
しかしまあ、あの人たちは凄いよ!(苦笑)
ジョニーの細いこと細いこと…
しかも、ジョニーもマーちゃんもかなり
飲んでいたんじゃないかなあ?(苦笑)

あれでよくライブができる…
マーちゃんなんか、4、5回は
「最初のコードなんだっけ?」
とか
「キーはなんだっけ?」
って、ローディの人や、Char本人に聞いてましたからね。
なのに、実際に曲が始まると、ほとんどミスなく
マーちゃん節のあのベースラインを弾くわけでしょ?
神がかってます。
なんか仙人みたいに飄々としたオーラを出してるしさ…

Charはストラト一本で通しました。
ムスタング使ってほしかったなぁ~
いつもの機材をそのまま使ってましたからね。

ギターサウンドとしては、JLCの音じゃなかったですね。
それがよかったのか?悪かったのか?微妙です。
とにかく、Charの音ではありましたが、
JLCの音ではありませんでした。

最初に見たセットリストでは、
FINGER
FUTURE CHILD
WASTED
となっていました。
でも、FINGERが終わったところで
Charが、「WASTED行きます」みたいな事を言って、
FUTURE CHILDはアンコールに回ったんですね。

ここでも、マーちゃんが「最初どんなだっけ?」
ってCharに聞いてましたね。(笑)
すると、Charは「ABCDです」って何度も…
そしたら、ジョニーがふざけて
「ドラムはどうだっけ?」って聞くもんだから
Charは最初真剣に答えたりして…
ジョニーは爆笑してましたけどね。

PAの音はボーカルだけ聞こえました。
ベースも、ギターも、ドラムも目の前の生音の
方が大きく聞こえました。

普通、ステージかぶりつきでアンプ直の音を聞くと
多少作りこまれたPAから出てる音と違って
ちょっとしょぼかったりすることもあるのですが、
そこはさすがですね。
卓越した演奏力がダイレクトに伝わってきました。

JEFF'S BOOGIEでは、意図してか、DEEP PURPLEの
「LAZY」のフレーズが飛び出したり。
FUTRE CHILDの最後は、「BALCONY」のイントロが
飛び出したり(たぶんだけど)

すばらしいライブを体験できました。

なんかね、アンコールの拍手が少なかったんですよ。
実際、前のおねぇさん達は拍手してなかったし…(苦笑)
でも、でも、もしかしたら、前の方の人達は
拍手もできない状況かも?と思ったんですね。
後で聞いたら、やっぱりそうでした。
手も下におろしたまま上げられない位の状況だった様です。



3/21に夢を見ました。
ジョニーとマーちゃんとCharが同じステージに
立って演奏する夢です。
場所はクロコダイルと言う普通のライブハウスでした。
マーちゃんに手が届きそうな位の場所で見ました。
マーちゃんのベースの音がブンブン唸ってました。
ジョニーが細い体で、例のちょっとルーズっぽいリズムを
刻んでいます。
ふと向うを見ると、Charがブルーのストラトを
弾きまくっています。
一切のMCもなく、黙々と演奏しつづけるCharがいました。
名曲の数々をたくさん聞くことができました。
ほとんど身動きがとれず、ちょっと辛かったけど、
すばらしい夢でした。

そんな、奇跡のような夢を俺に見させてくれた事に
関わってくれた全ての方に感謝します。

ほんとうにありがとうございました。

今更ながら、この文章を書きながらヒシヒシと
凄い事に立ち会えたと言う感動を感じています。
今になってジワジワと目頭が熱くなる思いです。

自分がaCharである事が本当にラッキーの思えて
仕方ないんです(苦笑)

なんとかバンド活動を通して恩返しできる様に
がんばりますね。

繰り返しになりますが、言葉にできな程感謝しております。
ありがとうございました。
[PR]
by smoky_achar | 2007-03-22 08:16 | Charな話題♪
<< 【 からくり 瑠璃ちゃんバンド... 【 ジョニー吉長 58th バ... >>